新着記事

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

奇想の建築家・伊東忠太の最高傑作「築地本願寺」観賞のキモは動物観察!

インド風の築地本願寺の外観。重要文化財に指定されている。築地市場はここから徒歩5分ほどだが、この写真だけを見たらとても日本の風景とは思えないだろう。

文・取材/山内貴範

東京メトロ築地駅の1番出口から地上に出ると、すぐ左手にインド風の不可思議な建築物が立っている。「築地本願寺」である。

設計を担当したのは、近代日本を代表する建築家、伊東忠太(いとう・ちゅうた、1867~1954)。昭和9年(1934)に、鉄骨鉄筋コンクリート造で再建されたこの築地本願寺本堂は、現代人の目にもきわめて斬新に映るだろう。インド風の意匠が用いられたのは確たる理由がある。「インドこそが仏教発祥の地である」という考えを、建築で表現しようとしたためなのだ。

ここ築地本願寺は、東京でも屈指の大寺院である。これほどまでに奇抜なデザインがよく許されたものだと驚いてしまうが、これはひとえに、当時の本願寺宗主・大谷光瑞の理解があったためだ。

光瑞は忠太と公私を通じて親しく交わり、その才能を高く評価していた。2人の出会いがなければ、築地のシンボルともいえるこの建物は誕生し得なかった。

忠太は建築家初の文化勲章を受章するなど、建築界に大きな足跡を残した人物だ。その一方で、幼い頃から絵を描くことが好きで、時間があればスケッチやイラストを描いていたという。晩年には毎日のように風刺画を描き、おびただしい数の動物や妖怪の絵を描いた。漫画家、イラストレーターとしての側面もあったのだ。

広間脇の階段には動物たちがいっぱい。写真は獅子と馬。変化に富む表情は、さすがは“漫画家”の忠太ならではといえる。

階段手すりに置かれた象。忠太の彫刻の特徴は、ムクムクと膨らんだ胴体の造形にある。

そんな忠太は、自らの建築作品に、様々な動物たちを生息させることで知られる。築地本願寺の堂内外にも、動物たちの彫刻が溢れている。正面の階段には翼が生えた獅子がいるし、広間脇の階段の手すりや壁には、鳥、牛、獅子、馬、猿、象がいる。いずれも写実的でありながら表情豊かで、胴体はムクムクと膨らんでいる。愛嬌たっぷりな造形は、忠太ならではのセンスといえる。

お寺の中で“動物観察”ができる、東京随一の奇想建築、築地本願寺。ぜひ一度、足を運んでその奇想っぷりを体感していただきたい。

文・取材/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

『サライ』2017年7月号は「奇想建築」の大特集です。伊東忠太の建築もたっぷり紹介しています。
 https://serai.jp/news/201347

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  2. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  3. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
  4. 市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住…
  5. 山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本…
PAGE TOP