新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街並み 第1回】

写真・文/石津祐介

千葉県の北東部に位置する佐原。江戸時代には水運で栄え、「お江戸見たけりゃ佐原へござれ 佐原本町 江戸優り」と謳われ、大いに賑わった。町中を流れる小野川沿いには多くの問屋や商家が並び、当時の繁栄ぶりがうかがえる。

水運で栄え「江戸優り」といわれた佐原の町並み

江戸幕府は水害対策の治水と新田開発や水上交通の整備という利水の目的で、それまで江戸湾(現在の東京湾)に流れ込んでいた利根川の流れを変える東遷事業を行った。これにより年貢米の輸送などで水運業が盛んになり、利根川の支流である小野川沿いには物資を荷揚げする「だし」が多く作られた。

また、佐原は陸上交通の要所であり、人と物が行き交い賑わいをみせたという。

荷揚げ用に作られた階段「だし」

そしてもう一つ、佐原といって忘れてならないのは、かの伊能忠敬。全国で測量を行い、正確な日本地図を完成させた測量家として知られている。上総国山辺郡小関村(現在の千葉県九十九里町)に生まれ、後に佐原の伊能家の婿養子となる。49歳で隠居し、単独で江戸へ出て測量を学び、55歳から全国でのべ10回の測量を行い17年の歳月をかけて日本地図を完成させた。

彼が江戸に出るまで住んでいた伊能忠敬旧宅は、国の指定史跡となっている。旧宅前に架かる樋橋は、かつて対岸の水田に水を送る大きな「とい」であり、そこから水が流れ落ちる音から別名「じゃあじゃあ橋」とも呼ばれており、日本の音風景100選にも選ばれている。

伊能忠敬が隠居するまで過ごした旧宅

小野川に架かる樋橋(とよはし)かつて水田に水を送っていた

小野川沿いに立てられた記念碑

佐原の町並みは重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、町の中心部を南北に流れる小野川と、そこを交差する香取街道沿いに県指定の文化財が軒をつらねている。

呉服屋や蕎麦屋、醤油や酒造など醸造業の商家、そして町家など江戸から明治にかけての重厚な蔵造りの建物が並ぶ。

中村屋商店。香取街道と小野川が交差する敷地に建ち、1874年(明治7年)頃より雑貨や畳表を商ってきた。

右から正文堂、小堀屋本店、福新呉服店、いずれも千葉県有形文化財で香取街道沿いに建つ。

福新呉服店の中庭は公開されており、佐原の商家の典型的な造りとなっている。

江戸時代より醤油の醸造をしていた老舗の正上醤油店。創業は1800年(寛政12年)。

重厚な造の土蔵は、明治初期の建築。

旧油惣商店は、1900年(明治33年)建築の旧店舗と、1798年(寛政10年)建築とされる土蔵がある。

現在では千葉の小江戸と称され、江戸の文化が色濃く残る水郷の町、佐原。ここで行われる関東三大山車祭りの一つで300年の歴史を持つ「佐原の大祭」(佐原の市街地で行われる7月の本宿祇園祭と10月の新宿秋祭りの総称)は、佐原の気負いが感じられる、まさに「江戸優り」の祭り。この祭りの時期に、江戸の賑わいを感じに佐原を訪れてみるのも一興だろう。

【香取市佐原の重要伝統的建造物群保存地区】
■住所:千葉県香取市佐原イ
■交通:電車 JR成田線 佐原駅より徒歩15分 車:東関東自動車道 佐原香取ICから10分

写真・文/石津祐介
ライター兼カメラマン。埼玉県飯能市で田舎暮らし中。航空機、野鳥、アウトドア、温泉などを中心に撮影、取材、執筆を行う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  2. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
  3. 市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住…
  4. 山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本…
  5. 築350年の茅葺き民家「鈴木家住宅」の“開かずの間”が開くとき【…
PAGE TOP