新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと 今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編) サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編) 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

築350年の茅葺き民家「鈴木家住宅」の“開かずの間”が開くとき【知られざる秋田・羽後町へ5】

鈴木家住宅の外観。東北地方を中心に日本海側に多くみられる中門造りの代表的な佇まいだ。

文・取材/山内貴範

秋田県羽後町の飯沢地区にある、築350年の歴史を持つ茅葺き民家「鈴木家住宅」。江戸時代初期に完成した主屋は、東北地方でも有数の歴史を持つ民家とされ、主屋と土蔵、さらには土地までもが重要文化財に指定されている。

現在も鈴木家の当主一家が居住する“現役”の民家として貴重な存在だが、この民家には現在も“開かずの間”があるという。第46代当主・鈴木杢之助重廣さんはこう話す。

「その部屋は“バケモノザシキ”といいます。我が家はたびたび増築を重ねているのですが、もっとも古いとされる、主屋の奥にある空間です」

鈴木さんの先祖は、源義経に家来として仕えた鈴木三郎重家とされる。バケモノザシキの起源は、どうやら、祖先に由来する伝説のようだ。

「落ち武者たちをかくまった部屋と言い伝えられています。そもそも、鈴木三郎重家自身が、奥州平泉で義経が敗れたあとに落ち武者となって、羽後町までたどり着いたとされます。そうした縁もあって、たびたび当家を頼って訪れた者が多かったのでしょう」

鈴木さんは決して霊感が強くないそうだが、これまで見学に訪れた人のなかで、“何かいる”と感じた人も少なくないのだとか。

第46代当主・鈴木杢之助重廣さん。囲炉裏を囲みながら、鈴木さんの解説を聞くのも楽しい。

普段は固く閉ざされているバケモノザシキだが、8月13日~15日のお盆の時期に限り、盆供養の一環として特別公開される。内部には神棚が祀られているそうだが、取材陣が訪れたのはお盆以外の時期ということもあって、残念ながら内部を確認できなかった。

バケモノザシキは、障子と襖で仕切られた空間。お盆以外に開けることは当主といえども厳禁だ。

鈴木さん自身、子ども時代に、親から襖をあけてはいけないと言い聞かせられて育ったそうだ。そのため、お盆以外は、当主といえども決して襖をあけることはないという。歴史ある民家ならではのミステリアスな空間といえるだろう。

「鈴木家住宅」主屋は天井がなく、梁がむき出しになっている。天井も高い。

現在の主屋は江戸時代初期の建築だが、修理の際の発掘調査で、江戸以前にこの地に人が居住していたことを物語る陶片などの遺物が発見された。鈴木家の歴史の古さを物語る史料である。

今年も1年に1度の公開日が近づいてきた。いったいどんな部屋なのか。怖いもの見たさで、夏の秋田・羽後町を訪れてみてはいかがだろうか。

※なおこの「鈴木家住宅」では「西馬音内(にしもない)盆踊り」が開催される8月16日~18日に限り、1人5,000円~宿泊が可能。宿泊可能な日はバケモノザシキの公開は行なっていないが、重要文化財の民家は一見の価値があるので、滞在してその空間を堪能したい。詳細については下記へ問合せされたし。

【鈴木家住宅】
所在地:秋田県雄勝郡羽後町飯沢先達沢52
電話:0183-68-2913
営業:9時~17時(居住しているため来場の際は電話予約が望ましい)
休み:不定休
入館料:500円
アクセス:JR湯沢駅からタクシー約40分。公共交通手段はありません。
http://www.suzukike46daime.jp/

文・取材/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大…
  2. 東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟
  3. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  4. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  5. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
PAGE TOP