新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい

山本亭(東京・柴又)|優雅な庭園のある和洋折衷の家【古き佳き日本の住まい 第2回】

東京都選定歴史的建造物の山本亭。2016(平成28)年12月に改修工事が終了し、再オープン。

写真・文/石津祐介

「男はつらいよ」のロケ地で有名な東京・葛飾区柴又にある『山本亭』。大正末期から昭和初期に建てられた木造の和洋折衷の建物で、当時の建築様式が垣間見れる歴史的な建造物です。

元々は地元のカメラ部品製造工場の創業者、山本栄之助氏の自宅で以降4代にわたり使われていましたが、1988(昭和63)年3月14日に葛飾区の所有となり、1991(平成3)年4月から一般公開され、現在は区が登録有形文化財に指定しています。

1926(大正15)年から1930(昭和5)年までに増改築が重ねられ、当時流行した洋風建築を取り入れる意匠が随所に見られます。

来客をもてなす応接室として建てられた洋室「鳳凰の間」。寄木細工の床、ステンドグラスなど工夫を凝らした内装が素晴らしい。

瓦葺きの伝統的な長屋門に、洋風の意匠が見られる和洋折中の門。

門番が常駐していた長屋門の袖部屋にあるステンドグラス。

山本亭で一番古い建築物は2階建ての土蔵で、土を厚く塗り外観からは柱の見えない大壁造りが特徴。基礎は凝灰岩、下端部石張り、上端部は白漆喰塗りで仕上げてあります。

正確な建築年数は分からないそうですが、山本亭で一番古い建築物の土蔵。

建物内部に和室は6部屋あり、角部屋の2部屋は欄間に床の間や違い棚など、和風建築の伝統的な書院造の特徴が見られます。

廊下の天井は数奇屋風で、大きなガラス戸は採光が良く明るい空間を演出しています。全ての部屋は廊下を挟んで庭に面しており、ほとんど壁がない開放感あふれる造りになっています。

また居宅は、中央の廊下を境とした二世帯住宅の様式となっています。

手前から星の間(6畳)、月の間(8畳)、花の間(10畳)。ガラス戸やガラス欄間を多用することで開放感のある空間になっています。

採光の良い大きなガラス戸の廊下。部屋は廊下を挟んで庭に面しています。

床の間や違い棚など、伝統的な書院造りの特徴が見られる居室。

主庭は緑先の近くに池泉、背後に築山を設けて滝を落としている典型的な書院庭園で、面積890㎡の庭園にはマツやツツジなど400本以上の木々が植えられています。

この庭園は、アメリカで出版されている日本庭園の雑誌「Sukiya Living(数寄屋リビング)」で4年連続で全国第3位に選ばれ、毎年上位にランクインしており、アメリカをはじめ海外でも評価の高い日本庭園です。

山本亭では喫茶もあり、抹茶やぜんざい、コーヒーなどを庭を眺めながら楽しめます。

山本亭の最大のみどころ書院造の日本庭園。海外での高い評価を受けています。

喫茶メニューがあり、ゆっくりと庭を眺めながら楽しめます。

下町に建てられた和洋折衷の木造建築、山本亭。大正から昭和初期にかけての近代建築様式に腰を落ち着けて、日本庭園を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【山本亭(やまもとてい)】
■所在地:東京都葛飾区柴又7丁目19-32
■電話:03-3657-8577
■入館料:100円
■開館時間:9時〜17時
■休館日:第3火曜日
■アクセス:京成柴又駅下車、徒歩8分。金町駅前発小岩駅行バスにて「柴又帝釈天」バス停下車、徒歩約7分。

写真・文/石津祐介
ライター兼カメラマン。埼玉県飯能市で田舎暮らし中。航空機、野鳥、アウトドア、温泉などを中心に撮影、取材、執筆を行う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  2. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  3. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
  4. 市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住…
  5. 土佐派中興の祖・土佐光起の画業と「近世やまと絵」の魅力
PAGE TOP