新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

鎌鼬美術館|舞踏家・土方巽の足跡を残す古民家美術館【知られざる秋田・羽後町へ4】

文・取材/山内貴範

秋田県出身で、戦後を代表する舞踏家の一人、土方巽(ひじかた・たつみ)。昭和40年、写真家の細江英公とともに秋田県南部に位置する羽後町の山村・田代を訪れた土方は、2日間滞在し、住民と触れあい、時には驚かしたりしながら、村を舞台に撮影を行った。

その後、この田代村での記録がのちに傑作写真集「鎌鼬(かまいたち)」として結実した。鎌鼬とは、旋風に乗って現れ、瞬時に去っていく妖怪の名。土方たちは、突然村を訪れた自分たちを鎌鼬に例えたのだろう。

そんな傑作の舞台となった地・秋田県羽後町田代に、土方の没後30周年に当たる平成28年10月、「鎌鼬美術館」が開館した。館内には土方の写真パネル約10点や「鎌鼬」の初版本など、貴重な品物が並ぶ。

「昭和40年、土方は『田代村に行く』と書き残して、東京から電車に乗り、湯沢駅から田代までタクシーでやってきたそうです」と話すのは、NPO法人「鎌鼬の会」の副理事長で、地元で酒屋を経営する菅原弘助さん(66)。美術館を設立しようと有志が集まって立ち上げたNPO法人のメンバーだ。

「土方と出会い、写真の被写体になった人たちには、健在の方もいます。当時のことを鮮明に覚えておられる方も多く、”奇妙な人たちが来た”と、一様にびっくりされたそうです」(菅原さん)

美術館がおかれているのは、参議院議員も務めた村一番の名士・長谷山行毅氏の自宅だった豪壮な歴史的建造物「旧長谷山邸」だ。「旧長谷山邸」は明治15年に完成した主屋と、明治35年に完成した三重楼で構成される。こちらの建物も、実に見ごたえがある。

「『鎌鼬』には長谷山邸の中で撮影された写真もありますし、土方たちがタクシーで上ってきたときに使った七曲峠は、麓から長谷山邸まで通じる道として整備されたものです」と、菅原さん。

「鎌鼬美術館」がある三重楼は、城の天守閣のような造りで、四階建てに見える奇妙な意匠の建物。まさに雛には稀なる奇想建築といえよう。

ここ田代周辺には、茅葺き民家をはじめ、日本の原風景がそのまま残る。それは、土方と細江が見たであろう、約52年前の光景そのものである。もし土方巽の縁を訪ねて行かれるなら、地元の民宿に滞在し、田園風景の中を散策してみてはいかがだろう。

【鎌鼬美術館】
所在地:秋田県雄勝郡羽後町田代梺67-3
電話:0183-62-4623(鎌鼬の会事務局)
営業:10時~16時30分(土・日曜、祝日のみ開館)
休み:月~金曜(祝日は開館)、11月後半~4月まで冬季休業あり。
アクセス:JR湯沢駅からタクシーで約30分。

美術館の前にある民宿「格山」では、築120年の茅葺き民家を一棟貸ししている。一泊して、土方と細江が歩いた風景を堪能するのも一興。

【かやぶき山荘 格山】
所在地:秋田県雄勝郡羽後町田代字梺61
電話:0183-62-5009
営業:チェックイン15時、チェックアウト11時
料金:1棟貸しで、1泊素泊まり13,000円~。夕食は2,300円、朝食は800円で別途追加可能。
アクセス:JR湯沢駅からタクシーで約30分。
http://kakuzan.ugotown.com/

文・取材/山内貴範
昭和60年(1985)、秋田県羽後町出身のライター。「サライ」では旅行、建築、鉄道、仏像などの取材を担当。切手、古銭、機械式腕時計などの収集家でもある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大…
  2. 東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟
  3. 藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住…
  4. 佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街…
  5. 旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大…
PAGE TOP