文士の逸品

文士の逸品に関する記事39

文士の逸品 作家・川端康成が愛蔵していた縄文時代の土偶【文士の逸品No.…

◎No.19:川端康成の土偶 文/矢島裕紀彦 「深夜の中空に一つ冴えている、鬼気をおびた寒月の光」 川端康成をそうたとえ…

2018/5/10
文士の逸品 文壇屈指の将棋愛好家だった菊池寛の将棋駒【文士の逸品No.1…

◎No.18:菊池寛の将棋駒 文/矢島裕紀彦 菊池寛は文壇屈指の将棋愛好家だった。1日数回、盤の前に座す。対する相手のな…

2018/5/3
文士の逸品 酒豪作家・梅崎春生が愛用した二眼ヤシカフレックス【文士の逸品…

◎No.17:梅崎春生のカメラ 文/矢島裕紀彦 文壇酒徒番付で、故人ながら殊勲賞に推挙されるという異例の事態の当事者とな…

2018/4/26
文士の逸品 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物 文/矢島裕紀彦 神経症と言っていいくらいの、独自の気の遣い方であった。極度に黴菌(ばいき…

2018/4/19
文士の逸品 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15…

◎No.15:田山花袋の版木 文/矢島裕紀彦 3センチほどの厚みの、がっしりとした平板。材はサクラだろうか。表面には、梯…

2018/4/12
文士の逸品 豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.1…

◎No.14:海音寺潮五郎の日本刀 文/矢島裕紀彦 昭和16年(1941)11月、作家・海音寺潮五郎(かいおんじ・ちょう…

2018/4/5
文士の逸品 岡本かの子が自らの美貌を愛でていたロケット【文士の逸品No.…

◎No.13:岡本かの子のロケット 文/矢島裕紀彦 天真爛漫のナルシスト。自分の美貌を確信し、こんな台詞を吐く。パリにい…

2018/3/28
文士の逸品 中原中也が愛用した空気銃の銃弾ケース【文士の逸品No.12】

◎No.12:中原中也の空気銃弾ケース 文/矢島裕紀彦 犬でも虫でもせぬ就職なんぞは、したいとも思わない。そういう中原中…

2018/3/22
文士の逸品 正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11…

◎No.11:正岡子規の学帽 文/矢島裕紀彦 たったの35年にも満たない一生。しかも、そのうち5分の1余りを、東京・根岸…

2018/3/15
文士の逸品 久生十蘭が愛用した蠱惑的なる麻雀牌【文士の逸品No.10】

◎No.10:久生十蘭の麻雀牌 文/矢島裕紀彦 本名の阿部正雄は平凡過ぎる。ペンネームの久生十蘭こそ、フランスの大物演出…

2018/3/8
文士の逸品 『二十四の瞳』壺井栄が愛用していた小さな鏡台【文士の逸品No…

◎No.09:壺井栄の姫鏡台 文/矢島裕紀彦 高さ70.5センチ。薄茶色の小さな姫鏡台。それが、小豆島・内海(うちのみ)…

2018/3/1
文士の逸品 高村光太郎が雪深い山暮らしで愛用した長靴【文士の逸品No.0…

◎No.08:高村光太郎の長靴 文/矢島裕紀彦 胸に消ゆることなき妻・智恵子の俤(おもかげ)を抱いて、高村光太郎は岩手県…

2018/2/27
文士の逸品 太宰治が颯爽と纏って歩いた黒マント【文士の逸品No.07】

◎No.07:太宰治のマント 文/矢島裕紀彦 三鷹時代の太宰治の写真のうち数葉に、マント姿のものがある。煙草を手に陸橋の…

2018/2/22
文士の逸品 ギターの名手だった萩原朔太郎の愛用ギター【文士の逸品No.0…

◎No.06:萩原朔太郎のギター 文/矢島裕紀彦 大正5年(1916)1月、29歳の萩原朔太郎は友への手紙にこう記した。…

2018/2/20
文士の逸品 寺山修司が愛蔵していた妖しすぎる人形【文士の逸品No.05】

◎No.05:寺山修司の人形 文/矢島裕紀彦 走っている汽車の中で生まれたという出生譚に始まって、年譜は意図的な虚構性に…

2018/2/15
文士の逸品 石川啄木が子供らと遊んだ手書きのカルタ【文士の逸品No.04…

◎No.04:石川啄木の歌留多 文/矢島裕紀彦 天才歌人・石川啄木に、日本一の代用教員を自負していた時期がある。明治39…

2018/2/13
文士の逸品 向田邦子が原稿執筆時に着ていた勝負服【文士の逸品No.03】

◎No.03:向田邦子のシャツジャケット 文/矢島裕紀彦 書きはじめると、恐ろしいほどの集中力で原稿を仕上げていくタイプ…

2018/2/8
文士の逸品 江戸川乱歩が愛用した古い映写機【文士の逸品No.02】

◎No.02:江戸川乱歩の映写機 文/矢島裕紀彦 うつし世はゆめ 夜の夢こそまこと--そんな妖しく危うげな言の葉を、江戸…

2018/2/6
文士の逸品 瀕死の文豪・夏目漱石を見守った小さな硯【文士の逸品No.01…

◎No.01:夏目漱石の硯 文/矢島裕紀彦 年来の胃腸病に悩まされていた夏目漱石が、伊豆修善寺温泉を訪れたのは明治43年…

2018/2/2
1 2

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品