新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

向田邦子が原稿執筆時に着ていた勝負服【文士の逸品No.03】

◎No.03:向田邦子のシャツジャケット

向田邦子のシャツジャケット(鹿児島近代文学館蔵、撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

書きはじめると、恐ろしいほどの集中力で原稿を仕上げていくタイプ。走らせる鉛筆の動きが言葉の迸(ほとばし)りについてこないのがもどかしく、書き飛ばす。一、二、三の次に「四」と記すべきところを、勢いのまま、4本の横棒を引いたこともあった。

そうした一気呵成の原稿執筆の折、向田邦子が身にまとうは「勝負服」。競馬の騎手が、いざ本番の騎乗に際し着用するユニフォームにちなんでの命名である。

鹿児島市のかごしま近代文学館所蔵の邦子の勝負服。小さく立った衿。先っぽだけキュッと絞り込んだ袖口。肩から裾にかけてのラインにはややゆとりを持たせ、左右の腰前に大きなポケットがつく。こんな独得のデザインのシャツジャケットを、邦子は、軽くて肌ざわりのよい落ち着いた色柄の生地で、何枚も仕立てて愛用していた。

ダービーに臨むジョッキーさながら、勝負服に身を包み一心不乱に原稿用紙に向かう己の姿を、邦子はこう綴る。
「普段はだらだら遊んでいる癖に締め切りが迫ると一時間四百字詰め原稿用紙十枚でかき飛ばす悪癖があるのでどうしてもこういうことになってしまうのである。乏しい才にムチをくれ、〆切りのゴールめざして直線コースを突っ走っているのである」(『勝負服』)

文中、「乏しい才」は過ぎたる謙遜。この人は、山口瞳が「私よりうまい」と評した、とびきりの才媛であった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.…
  2. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  3. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】
  4. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  5. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
PAGE TOP