新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ギターの名手だった萩原朔太郎の愛用ギター【文士の逸品No.06】

◎No.06:萩原朔太郎のギター

萩原朔太郎のギター(前橋文学館蔵、撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

大正5年(1916)1月、29歳の萩原朔太郎は友への手紙にこう記した。

「八日に我々の洋楽会の第一回の演奏会があります。袖口からあの
金のカフスボタンを光らせてギターを弾くところを御想像下さい」

この前年、朔太郎はマンドリンとギターの合奏を目的とするゴンドラ洋楽会を組織。本格的な音楽活動に没頭していた。マンドリンは斯界の先駆者たる比留間(ひるま)賢八らに習い、ギターは音楽学校で。素人離れの腕前だった。

研ぎ澄まされた音感は、詩作品にも反映。犬の遠吠えを「のをあある とをあある やわあ」と綴るなど、独得の擬音を案出。リズム感や押韻でも、抜群の冴えを見せた。

明治末期に求めたという愛用のギター(群馬県前橋市・前橋文学館蔵)は、イタリア製の最高級品。通称「つばめ印」。胴体部分につばめを模した洒落た貝殻細工が施されている。練習用に使い込んだものと違い、ネック部分に擦り減った形跡はない。思うに、晴れの舞台で使用したものか。

晩年好んだ古賀メロディを奏でるには、エキゾチックに過ぎる外観。若き日の詩人のダンディズムが匂い立つ。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  2. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
  3. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23…
  4. 画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.…
  5. 谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】…
PAGE TOP