新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

中原中也が愛用した空気銃の銃弾ケース【文士の逸品No.12】

◎No.12:中原中也の空気銃弾ケース

中原中也の空気銃弾ケース(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

犬でも虫でもせぬ就職なんぞは、したいとも思わない。そういう中原中也の手元には、山口の実家から毎月仕送りの金が届いた。

他にも入用あれば、その度ごとに母に無心の手紙を書く。昭和12年(1937)4月15日、古道具屋で仕入れた空気銃の代価2円50銭も、一発1円の高価な外国製の弾丸の購入も、結局、お金の出所は同じだった。

直径10センチ、高さ1・5センチほどの赤錆びた丸い缶が、山口県山口市の中原中也記念館に今も保存されている。表面に「AIRRIFLE……」の文字と、向かい合う鳩の絵柄。これがまさしく中也の遺品の弾丸ケース。500 発中20発ほどの弾が残っていると伝えられ、振ると耳に響く軽い金属音がそれを裏付ける。没後80年余。錆びついた上に一度中原家を襲った火事で焼けただれ、蓋は開かない。

生前の中也は、このケースから取り出した弾を鎌倉の洞窟や林の中で撃った。弾が空気を裂き、木の葉を貫く音を、研ぎ澄ました神経に響かせていた。

優れた音感を独自の崩した言葉遣いの中に注入した詩人ならではの、これも奇行のひとつであったのか。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】
  2. 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】
  3. 豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.14】…
  4. 岡本かの子が自らの美貌を愛でていたロケット【文士の逸品No.13…
  5. 正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11】
PAGE TOP