新着記事

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと

文/鈴木拓也日本人の平均寿命の伸びがしばしば話題となるが、飼い猫の寿命も伸びている。…

【夕刊サライ/パラダイス山元】ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No.28】

◎No.28:坂口安吾のストップウォッチ文/矢島裕紀彦「一生涯(略)走りつづ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

中原中也が愛用した空気銃の銃弾ケース【文士の逸品No.12】

◎No.12:中原中也の空気銃弾ケース

中原中也の空気銃弾ケース(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

犬でも虫でもせぬ就職なんぞは、したいとも思わない。そういう中原中也の手元には、山口の実家から毎月仕送りの金が届いた。

他にも入用あれば、その度ごとに母に無心の手紙を書く。昭和12年(1937)4月15日、古道具屋で仕入れた空気銃の代価2円50銭も、一発1円の高価な外国製の弾丸の購入も、結局、お金の出所は同じだった。

直径10センチ、高さ1・5センチほどの赤錆びた丸い缶が、山口県山口市の中原中也記念館に今も保存されている。表面に「AIRRIFLE……」の文字と、向かい合う鳩の絵柄。これがまさしく中也の遺品の弾丸ケース。500 発中20発ほどの弾が残っていると伝えられ、振ると耳に響く軽い金属音がそれを裏付ける。没後80年余。錆びついた上に一度中原家を襲った火事で焼けただれ、蓋は開かない。

生前の中也は、このケースから取り出した弾を鎌倉の洞窟や林の中で撃った。弾が空気を裂き、木の葉を貫く音を、研ぎ澄ました神経に響かせていた。

優れた音感を独自の崩した言葉遣いの中に注入した詩人ならではの、これも奇行のひとつであったのか。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  2. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】
  3. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  4. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  5. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
PAGE TOP