新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11】

◎No.11:正岡子規の学帽

正岡子規の学帽(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

たったの35年にも満たない一生。しかも、そのうち5分の1余りを、東京・根岸の借家の病床の上で送った。脊椎カリエスにより、寝返りさえもままならなかったのである。

そんな境涯にあって、だが、正岡子規は、写生の精神を打ち出し俳壇や歌壇に大きな影響を投げかけていった。とくに俳壇史の上で、巨人中の巨人であったと言っていい。

もともとは伊予松山の生まれ。初めて東京の土を踏んだのは、明治16年(1883)。数え17歳の折。太政大臣になる--そんな若く微笑ましい志を抱いての上京であった。その後、共立学校、大学予備門などを経て、明治23年(1890)、帝国大学文科大学哲学科に入学。翌年には国文科へ転入する。政治家から哲学者、そして文学志望へと、子規の思いは変遷していったのである。

帝国大学文科大学時代に子規がかぶった学帽は、愛媛県松山市の子規記念博物館に現存する。色調は黒の艶消し。革の鍔(つば)がついた布製。「大學」の徽章(きしょう)は、黄銅色の輝きを見せる。子規の若々しい心の昂(たかぶ)り、青年の意気を象徴するような凛々しい容(かたち)であった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 競輪マニアだった坂口安吾の愛用のストップウォッチ【文士の逸品No…
  2. 作家・三浦綾子が病床で愛用していた手鏡【文士の逸品No.27】
  3. 夏目漱石が英国留学中に使っていた旅行ガイドブック【文士の逸品No…
  4. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  5. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
PAGE TOP