新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11】

◎No.11:正岡子規の学帽

正岡子規の学帽(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

たったの35年にも満たない一生。しかも、そのうち5分の1余りを、東京・根岸の借家の病床の上で送った。脊椎カリエスにより、寝返りさえもままならなかったのである。

そんな境涯にあって、だが、正岡子規は、写生の精神を打ち出し俳壇や歌壇に大きな影響を投げかけていった。とくに俳壇史の上で、巨人中の巨人であったと言っていい。

もともとは伊予松山の生まれ。初めて東京の土を踏んだのは、明治16年(1883)。数え17歳の折。太政大臣になる--そんな若く微笑ましい志を抱いての上京であった。その後、共立学校、大学予備門などを経て、明治23年(1890)、帝国大学文科大学哲学科に入学。翌年には国文科へ転入する。政治家から哲学者、そして文学志望へと、子規の思いは変遷していったのである。

帝国大学文科大学時代に子規がかぶった学帽は、愛媛県松山市の子規記念博物館に現存する。色調は黒の艶消し。革の鍔(つば)がついた布製。「大學」の徽章(きしょう)は、黄銅色の輝きを見せる。子規の若々しい心の昂(たかぶ)り、青年の意気を象徴するような凛々しい容(かたち)であった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP