新着記事

【夕刊サライ/川合俊一】株式投資で失敗しないために、取引内容と購入理由を記録する(川合俊一の暮らし・家計コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『二十四の瞳』壺井栄が愛用していた小さな鏡台【文士の逸品No.09】

◎No.09:壺井栄の姫鏡台

壺井栄の姫鏡台(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

高さ70.5センチ。薄茶色の小さな姫鏡台。それが、小豆島・内海(うちのみ)町の壺井栄文学館内、奥にしつらえられた畳の間に、遠来の客を待つかのようにちょこなんと座っていた。

この島に生まれ育ち、やがて作品を通して郷里の名を全国津々浦々にまで知らしめる壺井栄。その栄が娘時代から使い、後年、東京の住まいにまで持ち込んだ鏡台である。

栄は淡泊かつ清楚。きらびやかな絹より木綿を好んだ。貧しい家計を支えていた郵便局員時代は、決まって母の手織りの着物と紺の袴姿。だが同時に、独得の髪型を考案して村娘の流行をリードするお洒落な一面もあった。新しい髪型を試す時、栄はきっとこの鏡台の前に座ったに違いない。

ある時、喉を傷めた栄が思案の末に白い包帯を頸に巻いた。それを見た娘たちは、最新のファッションと勘違いして真似をしたという。まるで中国・漢代の「折角」の故事に似た挿話だ。『二十四の瞳』の作中、颯爽と潮風切って自転車で岬の分教場に通う大石先生のモデルは、鏡の中に映った栄自身でもあったろうか。そう思うと、この鏡台に無性に海を見せたくなった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.…
  2. 無類の河童好き作家・火野葦平が愛でていた石像【文士の逸品No.3…
  3. 愛の遍歴を重ねた文士・永井荷風自作の偏奇な蚊遣り【文士の逸品No…
  4. クラシック音楽を愛し抜いた文士・野村胡堂が愛用した蓄音機【文士の…
  5. 作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.…
PAGE TOP