新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

太宰治が颯爽と纏って歩いた黒マント【文士の逸品No.07】

◎No.07:太宰治のマント

太宰治のマント(太宰治記念館蔵、撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

三鷹時代の太宰治の写真のうち数葉に、マント姿のものがある。煙草を手に陸橋の上に立つ一葉。本屋の店先で書物に視線を落とす一葉。玉川上水のほとりで、大樹によりかかるようにして佇(たたず)む一葉……。

日本では二重廻し、別名トンビとも言うこのマント。もとはスコットランドの都市名からついたインバネスという呼称を持ち、明治初期、種々の洋装文化とともに日本に渡来。袖代わりにケープのついた独得の意匠が、和服着用時の防寒コートとしても重宝がられた。

「太宰さんは和服好み。背が高くてちょっと猫背でね、肌寒い季節には決まってこの二重廻しを着込んでたっけ。若い人たちを引き連れてやってきて、酒を飲みながら文学談義さ」

太宰が頻繁に出没した三鷹の鮨店の老隠居から、以前、そんな話を聞いた覚えがある。友人知己と交換した書簡を基に書いた『虚構の春』には、太宰が昭和10年(1935)師走、80円でマントを新調したらしい記述がある。いま斜陽館(青森・金木町)に残るマントは、これと同一か。

黒無地。裾には微かな擦り切れも見えるが、颯爽たる雰囲気。これを羽織れば、忽ちのうちにいっぱしの文士。と思いきや、太宰の叱声が天から降りてくる。

「ただの気障(きざ)だね」

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP