新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】

◎No.15:田山花袋の版木

田山花袋の版木(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

3センチほどの厚みの、がっしりとした平板。材はサクラだろうか。表面には、梯子段のような四角い枡目が彫り込まれている。その数、縦20、横20。合わせて 400。田山花袋(たやま・かたい)はこの版木を用いて、一枚一枚、自らの手で専用の原稿用紙を刷った。インク代わりは、梔子(くちなし)の実を砕いて煎じた煮汁。半紙の上に現れる黄赤色の落ち着きある色合いが、花袋の気に入ったらしい。

明治40年(1907)、30半ばの妻子ある身で自らの若き女弟子への恋情をあからさまに綴った『蒲団』でセンセーションを巻き起こし、その後の日本文壇に私小説の流れを築いたこの作家は、多くの紀行文を書いた旅好きでもあった。自然、旅先での執筆機会も多い。そういう時にも、予め5、60枚の原稿用紙をこの版木で刷り、風呂敷に包んで持参したという。

群馬県館林市の田山花袋記念文学館には、この版木の他にも種々の遺品や資料が保管されている。中で異彩を放つのは、愛用の小机であろう。創作に行き詰まった時、ナイフで切り刻んだため、あちこちに無惨な傷痕が残る。

その小机の上に版木を載せてみた。版木の枡目の整然と取り澄ましたような表情と、産みの苦しみをまともに受けた小机の苦渋に満ちた表情との対照。そしてその狭間に、無粋、愚直なほどに真っ正面から文学に取り組んだ花袋の、四角四面の顔が浮かんでくる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.2…
  2. 文豪・夏目漱石が書き残した2冊の日記帳【文士の逸品No.24】
  3. 文豪・夏目漱石が愛用していた英国製の万年筆【文士の逸品No.23…
  4. 画才もあった文学者・佐藤春夫が愛用した絵の具箱【文士の逸品No.…
  5. 谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】…
PAGE TOP