新着記事

江戸時代の有名事件に登場した犬の糞 江戸時代の犬にまつわるスキャンダル|有名事件に登場した犬の糞 つなん雪まつり【新潟県 新潟県 】 新潟県「つなん雪まつり」が1位を獲得!|行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10 口ゴム超ゆったりパイル靴下|ゆったりとした穿き心地で足元を温める 猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】

◎No.15:田山花袋の版木

田山花袋の版木(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

3センチほどの厚みの、がっしりとした平板。材はサクラだろうか。表面には、梯子段のような四角い枡目が彫り込まれている。その数、縦20、横20。合わせて 400。田山花袋(たやま・かたい)はこの版木を用いて、一枚一枚、自らの手で専用の原稿用紙を刷った。インク代わりは、梔子(くちなし)の実を砕いて煎じた煮汁。半紙の上に現れる黄赤色の落ち着きある色合いが、花袋の気に入ったらしい。

明治40年(1907)、30半ばの妻子ある身で自らの若き女弟子への恋情をあからさまに綴った『蒲団』でセンセーションを巻き起こし、その後の日本文壇に私小説の流れを築いたこの作家は、多くの紀行文を書いた旅好きでもあった。自然、旅先での執筆機会も多い。そういう時にも、予め5、60枚の原稿用紙をこの版木で刷り、風呂敷に包んで持参したという。

群馬県館林市の田山花袋記念文学館には、この版木の他にも種々の遺品や資料が保管されている。中で異彩を放つのは、愛用の小机であろう。創作に行き詰まった時、ナイフで切り刻んだため、あちこちに無惨な傷痕が残る。

その小机の上に版木を載せてみた。版木の枡目の整然と取り澄ましたような表情と、産みの苦しみをまともに受けた小机の苦渋に満ちた表情との対照。そしてその狭間に、無粋、愚直なほどに真っ正面から文学に取り組んだ花袋の、四角四面の顔が浮かんでくる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP