新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.14】

◎No.14:海音寺潮五郎の日本刀

海音寺潮五郎の日本刀(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

昭和16年(1941)11月、作家・海音寺潮五郎(かいおんじ・ちょうごろう)は徴用を受けて大阪の西部二十二部隊に入った。井伏鱒二、小栗虫太郎らの作家仲間も一緒。赴く先はマレーであった。

大阪の宿舎に到着した翌夜、部隊を統率する中佐が何の弾みか「俺の言うことを聞かんやつは、ブッタ斬る」とおめいた。硬骨漢の潮五郎は黙っていない。即座に「何を言う! ブッタ斬るとは何だ!」と、怒鳴り返した。

創作欲に溢れる同輩たち。たちまち話に尾鰭(おひれ)をつける。台詞回しは「無礼者! おめおめとは斬られんぞ!」と大時代なものに変貌。さらには持参の刀に着目。台詞と同時に長さ4尺の朱鞘(しゅざや)の剛刀のコジリをどんと床に突き立てた、との凄味ある演出も付いた。

戦後も日本刀は好んで身近に置いていた。娘の末冨明子さんの案内で、そのうち二振りと、東京・世田谷の海音寺潮五郎旧邸で対面した。孫六兼元(まごろくかねもと)と肥前忠吉(ひぜんただよし)。これらの刀を眺めつ、潮五郎は『二本の銀杏』『天と地と』などの骨太の作品構想に思いを巡らしたのか。没後の専門家鑑定で所有の愛刀に存外値打ちものが少なかったというのも、いまや作家の豪放なる骨柄の証明に過ぎないのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP