新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.14】

◎No.14:海音寺潮五郎の日本刀

海音寺潮五郎の日本刀(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

昭和16年(1941)11月、作家・海音寺潮五郎(かいおんじ・ちょうごろう)は徴用を受けて大阪の西部二十二部隊に入った。井伏鱒二、小栗虫太郎らの作家仲間も一緒。赴く先はマレーであった。

大阪の宿舎に到着した翌夜、部隊を統率する中佐が何の弾みか「俺の言うことを聞かんやつは、ブッタ斬る」とおめいた。硬骨漢の潮五郎は黙っていない。即座に「何を言う! ブッタ斬るとは何だ!」と、怒鳴り返した。

創作欲に溢れる同輩たち。たちまち話に尾鰭(おひれ)をつける。台詞回しは「無礼者! おめおめとは斬られんぞ!」と大時代なものに変貌。さらには持参の刀に着目。台詞と同時に長さ4尺の朱鞘(しゅざや)の剛刀のコジリをどんと床に突き立てた、との凄味ある演出も付いた。

戦後も日本刀は好んで身近に置いていた。娘の末冨明子さんの案内で、そのうち二振りと、東京・世田谷の海音寺潮五郎旧邸で対面した。孫六兼元(まごろくかねもと)と肥前忠吉(ひぜんただよし)。これらの刀を眺めつ、潮五郎は『二本の銀杏』『天と地と』などの骨太の作品構想に思いを巡らしたのか。没後の専門家鑑定で所有の愛刀に存外値打ちものが少なかったというのも、いまや作家の豪放なる骨柄の証明に過ぎないのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP