新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

酒豪作家・梅崎春生が愛用した二眼ヤシカフレックス【文士の逸品No.17】

◎No.17:梅崎春生のカメラ

梅崎春生のカメラ(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

文壇酒徒番付で、故人ながら殊勲賞に推挙されるという異例の事態の当事者となったことから知れるように、梅崎春生(うめざき・はるお)はなかなかの酒豪。熊本五高在学中の10代終わりころから酒を覚え、戦中、戦後は怪しげなカストリ酒の「有刺鉄線」のような酔いに身を任せた。

50代での逝去も、死因は肝硬変。医師に止められていた酒を、家族の目を盗んで隠し飲み、酒と心中したような最期だった。

そんな梅崎春生は、眼鏡の奥、右の瞼に深い傷跡があった。敗戦間際、海軍に召集されていた鹿児島・坊津で、水割りにした燃料用アルコールをしたたかに飲み、酔って崖から滑落したのである。その瞼に傷のある目で、作家は人間世界を凝視した。現実の人間を見据え、観念論に流れず、作品に定着させていった。

鹿児島のかごしま近代文学館に現存する春生愛用のカメラは、ヤシカフレックス二眼レフ。現実を厳しく見つめるリアリズムを主唱した写真家・土門拳に選んでもらったもの、と伝えられる。黒色のボディから、にょきり生え出たような二つのレンズは、作家の重厚な眼光を感じさせる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 野球好きだった詩人サトウハチロー愛用のキャッチャーマスク【文士の…
  2. 作家・川端康成が愛蔵していた縄文時代の土偶【文士の逸品No.19…
  3. 文壇屈指の将棋愛好家だった菊池寛の将棋駒【文士の逸品No.18】…
  4. 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】
  5. 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】
PAGE TOP