新着記事

昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 第82回人形町らくだ亭[1月29日開催]志ん生に捧ぐ孫弟子競演会! ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物

泉鏡花の兎の置物(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

神経症と言っていいくらいの、独自の気の遣い方であった。極度に黴菌(ばいきん)を恐れ、酒はぐらぐらと煮立てた熱燗ならぬ煮え燗。もちろん、刺し身など見るのも嫌。豆腐の「腐」の字さえ忌避して「豆府」と書いた。

いざ執筆の前には、御神酒徳利の水差しで、原稿用紙にお清めの水をふりまく。言葉に宿る霊魂を信じ、書き損じの抹消部分は、言霊(ことだま)の蘇ってくることのないよう黒々と塗りつぶした。

『高野聖』『歌行燈』などに見られる絢爛たる美文、幽玄の作品世界も、こんな鋭敏に過ぎる神経を持つ泉鏡花ならでは、紡ぎ出せたものであったろう。

そして、兎の置物のコレクション。鏡花の生まれ故郷・金沢には、自分の干支から7番目に当たる動物を集めると出世するという言い伝えがあった。それ故に、憑かれたように集めた兎の数は膨大。多くの遺品や生原稿が文学資料として寄贈される中、手放しがたく神奈川逗子市の泉名月さん(鏡子の姪)のもとに残されたものだけで、なお50体を超えるという。

形や大きさはさまざま。読みつがれ、演じつがれる鏡花文学の行く末を、見守るが如き目線を持つ兎たち……。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP