新着記事

男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】 好きな犬種ランキング2018 好きな犬ランキング2018、3年連続1位はあの犬種 第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由 ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

岡本かの子が自らの美貌を愛でていたロケット【文士の逸品No.13】

◎No.13:岡本かの子のロケット

岡本かの子のロケット(撮影/高橋昌嗣)

文/矢島裕紀彦

天真爛漫のナルシスト。自分の美貌を確信し、こんな台詞を吐く。パリにいたころ、フランス人は私を牡丹と呼びましたのよ--。それが岡本かの子だった。

だが、この自己陶酔あったればこそ、夫・一平の放蕩三昧や、夫公認の若い恋人・堀切重雄と夫との同居生活という、奇妙な魔窟のような時間をくぐり抜け得た。さらには、『母子叙情』『老妓抄』『家霊』といった豊満で妖しい唯美的作品の誕生にも、このナルシシズムは一役買っただろう。

東京・目黒区の日本近代文学館に残るかの子遺愛の品物の中に、直径2センチほどの小さなロケットがあった。金の縁取りの中央部、ガラスの向こうに収められているのは自らの肖像写真。かの子は何度となく、このロケットの中の自分に、いとおしむような言葉を投げかけたに違いない。

死に至る病の床についてのち、かの子は一度も鏡を見ることがなかった。自らが確信的に愛した「美貌」の中に、多少ともやつれや醜さを見いだすのを拒否して、かの子は完全なるナルシストを貫いたのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。『サライ.jp』で「日めくり漱石」「漱石と明治人のことば」を連載した。

写真/高橋昌嗣
1967年桑沢デザイン研究所 グラフィックデザイン科卒業後、フリーカメラマンとなる。雑誌のグラビア、書籍の表紙などエディトリアルを中心に従事する。

※この記事は、雑誌『文藝春秋』の1997年7月号から2001年9月号に連載され、2001年9月に単行本化された『文士の逸品』を基に、出版元の文藝春秋の了解・協力を得て再掲載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】
  2. 中勘助が幼少期に使っていた銀の匙【文士の逸品No.38】
  3. 林芙美子が出版記念品として配った灰皿【文士の逸品No.37】
  4. 音楽好きの宮澤賢治が奏でたチェロ【文士の逸品No.36】
  5. 文士・尾崎士郎が履いていた奇妙な下駄【文士の逸品No.35】
PAGE TOP