新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

現代のビジネスパーソンにとって、英語はもはや必要不可欠といってもいいだろう。だが、そうはいっ…

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

取材・文/池田充枝強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(…

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

今年6月、金融庁が公表した報告書で「夫婦の老後資金、公的年金以外に2000万円が必要」との試算が…

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

大雪の夜、大川に漕ぎ出した一艘の屋根船が舞台本誌が主催する「人形町らくだ亭」。今年最後の公演では…

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

取材・文/坂口鈴香船田郁也さん(仮名・55)の母弘子さん(94)は宮崎で37年間一人…

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

取材・文/坂口鈴香国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表した「日本の世帯数…

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

文/砂原浩太朗(小説家)呉の将・周瑜(しゅうゆ。175~210)は、三国志のなかでも…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、松山での教師生活を終え熊本へ旅立つ【日めくり漱石/4月10日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2.  

    夏目漱石、松山の旅館『城戸屋』に宿泊し、心付けに大金を渡す【日めくり漱石/4月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3.  

    胃痛で間食をとめられている夏目漱石、こっそり煎餅を一枚食べる【日めくり漱石/4月8日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    破壊と略奪から命がけで守られたシルクロードの秘宝231件! 特別展「黄金のアフガニスタン」

         

    古くから「文明の十字路」として栄え、シルクロードの拠点として発展したアフガニスタン。その北部に点在す…

  5.  

    夏目漱石、早世した友を想い、その写真に鎮魂の一句添える【日めくり漱石/4月7日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6.  

    夏目漱石、大好きな花見にも出かけず『彼岸過迄』の執筆にかかりきりになる【日めくり漱石/4月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  7.  

    夏目漱石、ロンドンの下宿部屋にとじこもり、スティーブンソンの小説を読みふける【日めくり漱石/4月5日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  8.  

    夏目漱石の妻が心底うんざりした、夫のお洒落にまつわる事件とは【日めくり漱石/4月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  9.  

    夏目漱石、まだ無名だった島崎藤村の自費出版本を読み終え舌を巻く【日めくり漱石/4月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    夏目漱石、夫の見舞いで京都に来たはずの妻が観光に夢中でむくれる【日めくり漱石/4月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  11.  

    夏目漱石が毎晩、自分と妻の手首を結んで寝るきっかけになった事件とは?【日めくり漱石/4月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  12.  

    夏目漱石、奇病を患う生後3か月の次男・伸六を大学病院へ連れて行く【日めくり漱石/3月31日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    『坊ちゃん』誕生のヒントもなった松山中学の卒業生にメッセージを送る【日めくり漱石/3月30日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    夏目漱石、原稿の締め切りが迫る中、新聞連載小説『心』の構想に悩む【日めくり漱石/3月29日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  15.  

    夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で京都に向かう【日めくり漱石/3月28日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  16.  

    日本三大絵巻のひとつ国宝『信貴山縁起絵巻』が初の全三巻・全場面同時公開!

         

    奈良県の西北部、生駒郡平群町(いこまぐんへぐりちょう)にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は、今から…

  17.  

    夏目漱石、女性と心中未遂事件を起こした弟子を自宅にかくまう【日めくり漱石/3月27日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  18.  

    夏目漱石、原稿の締め切りを忘れて謡の会を満喫する【日めくり漱石/3月26日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  19.  

    夏目漱石、『道草』執筆を前に訪れた京都で病に倒れる【日めくり漱石/3月25日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  20.  

    木版画と洋画の融合! マッカーサーやダイアナ元妃も魅了した吉田博の大回顧展

         

    吉田博は生涯、世界における自らの位置を考え続けた画家でした。その思考の跡が、…

  21.  

    夏目漱石、ドイツ留学へと旅立つ門弟・寺田寅彦の送別会に出席する【日めくり漱石/3月24日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  22.  

    夏目漱石、教え子の遺稿集のために援助資金を送る【日めくり漱石/3月23日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  23.  

    綿密な時代考証を基に描いた近代歴史画の巨匠・安田靫彦の代表作100点が一堂に会す

         

    『飛鳥の春の額田王(ぬかだのおおきみ)』や『黄瀬川陣(きせがわのじん)』など、歴史上の人物や風景に題…

  24.  

    夏目漱石、音楽会の帰りに蛙の鳴き声の物まねをしながら上野の森を歩く【日めくり漱石/3月22日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    夏目漱石、大好きだった長兄・大助との永遠の別れを悲しむ【日めくり漱石/3月21日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  26.  

    夏目漱石、世界一周へ旅立つ同僚を新橋停車場で見送る【日めくり漱石/3月20日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  27.  

    国芳・国貞が描く”江戸のポップカルチャー”「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」

         

    ボストン美術館の日本美術コレクションのなかでも、圧倒的な数を誇る浮世絵作品は、明治初期に来日した日本…

  28.  

    夏目漱石、妻・鏡子の粋な計らいで京都旅行に出かける【日めくり漱石/3月19日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  29.  

    キャノンボール・アダレイ|明朗豪快なアルト・サックスでビ・バップを継承しファンキーを牽引【ジャズの巨人】第25巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズの巨人」シリーズでは、たびたび冒頭にジャズ・ファンの抱く一般的ミ…

  30.  

    松山赴任が決まった夏目漱石、友人に身支度の借金を申し込む【日めくり漱石/3月18日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP