新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、無名の文学青年・芥川龍之介の短編小説に仰天する【日めくり漱石/2月19日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2.  

    夏目漱石、金沢の友人に門下生の転任先について相談する【日めくり漱石/2月18日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3.  

    夏目漱石、大学からの筋の通らない要請を頑として断る【日めくり漱石/2月17日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    夏目漱石、リウマチ治療で湯河原からの帰途、鎌倉に病の禅僧を見舞う【日めくり漱石/2月16日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5.  

    夏目漱石、ユーモア混じりの講演で喝采を浴びる。【日めくり漱石/2月15日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6.  

    夏目漱石、随筆『硝子戸の中』を書き上げ突飛なことを思い立つ。【日めくり漱石/2月14日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  7.  

    服飾史研究の第一人者・石山彰が蒐集した貴重なファッション雑誌や版画、絵画、イラストなど約280点を公開

         

    ファッション・デザインの教育者として服飾の歴史の重要性と魅力に強く惹かれ、服飾史研究の第一人者として…

  8.  

    夏目漱石、門下生を集めて鴨鍋をご馳走し「福引」に興じる。【日めくり漱石/2月13日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  9.  

    夏目漱石、原稿に追われ横山大観が同席する酒宴をやむなく断る。【日めくり漱石/2月12日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    夏目漱石、門下生の文鳥に魅了され「飼ってみようか」と切に願う。【日めくり漱石/2月11日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  11.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第3回】夫婦ふたりの特別な車から“家族の一員”へ。将来は長男に受け継がれるかけがえのない愛車

         

    【PR】 時代を超えて受け継がれ、語り継がれる名車の物語オープンカーに憧れて購入した初代ロードスタ…

  12.  

    大量吐血で入院中の夏目漱石、担当医にこわごわ回復具合を尋ねる。【日めくり漱石/2月10日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    夏目漱石、絶賛したある小説家の訃報に己の余命を意識する。【日めくり漱石/2月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    百花繚乱のガラス工芸と超絶の装飾技法に心酔「デュッセルドルフ美術館所蔵 アール・ヌーヴォーのガラス展」

         

    2月11日(木・祝)から福岡市博物館で、ドイツのデュッセルドルフ美術館が所蔵するアール・ヌーヴォーの…

  15.  

    夏目漱石、妻の目を盗んで大好物の団子をつまみ食いする。【日めくり漱石/2月8日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  16.  

    夏目漱石、30歳を超えて何事も成していない己の情けなさを吐露する。【日めくり漱石/2月7日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  17.  

    東京展で20万人を動員した江戸浮世絵の粋「春画展」が京都で開催中!

         

    江戸時代に笑い絵とも呼ばれた春画は、性的な事柄と笑いが同居したユーモラスで芸術性の高い肉筆画や浮世絵…

  18.  

    夏目漱石、病魔と闘う親友・正岡子規に大きな金柑を送る。【日めくり漱石/2月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  19.  

    観音の聖地、奈良・長谷寺の本尊両脇侍が日本で初めて一般公開!「長谷寺の名宝と十一面観音の信仰」

         

    長谷寺(奈良・桜井市)は、朱鳥元年(686)、道明上人が天武天皇のために千体釈迦像(銅板法華説法図、…

  20.  

    夏目漱石、便箋2枚の原稿に一度も目を落とさず英語でスピーチする。【日めくり漱石/2月5日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  21.  

    ソニー・クラーク|どんな曲もこなす万能型ジャズピアニスト【ジャズの巨人】第22巻より

         

    文/後藤雅洋以前、アート・ペッパーの記事で「日本人好み」という話をしましたが、本来の…

  22.  

    752年から一度も絶えたことのない奈良・東大寺の仏教行事、その貴重な文化財が揃う「特別陳列 お水取り」

         

    3月1日(火)から14日間にわたって奈良・東大寺二月堂で行なわれる仏教行事「お水取り」(正式名称は修…

  23.  

    夏目漱石、やっと実現した門下生の新聞連載に心を悩ます。【日めくり漱石/2月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  24.  

    夏目漱石、講演会で再会した旧友の反応が不可思議でならない。【日めくり漱石/2月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    夏目漱石、ロンドンでヴィクトリア女王の葬儀を見物する。【日めくり漱石/2月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  26.  

    華麗にして典雅! 徳川3世代の数百点に及ぶ圧巻の雛飾り「特別展 尾張徳川家の雛まつり」

         

    名古屋市にある徳川美術館では、お雛様の季節に合わせて2月11日(木・祝)から、同館が所蔵する尾張徳川…

  27.  

    夏目漱石、朝日新聞の紙面改革を画策する。【日めくり漱石/2月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  28.  

    夏目漱石、正岡子規を通じて知り合った俳人と生死について語り合う。【日めくり漱石/1月31日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  29.  

    夏目漱石、押しかけてきた貧しい文学青年を受け入れ創作指導する。【日めくり漱石/1月30日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  30.  

    夏目漱石、帝大で講演するも、親友・正岡子規の姿がないことに気づく。【日めくり漱石/1月29日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP