新着記事

オイルポット・ストーブ|見ているだけで心温まる鋳鉄製のアロマポット

ゆったりと平穏な日々を過ごすためには、自分なりのストレス解消法を持つのが一番だ。1日の疲れを…

【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~ 【家族のかたち】父親と同じように離婚、そして子供と離れて暮らすように。当時の父親の気持ちが痛いほどわかるようになった~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~ 【家族のかたち】両親の不仲、別居、そして離婚。離れて暮らす父親は会いたいといつも言ってくれていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】

自由に気ままに生きる動物――そう思われてきた猫。ところが最新の研究では、どうもいろいろと様子…

造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

大和の靴づくりの技術と日本の伝統皮革・鹿革が出会って完成した、メイド・イン・ナラのディアスキ…

Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました

来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック東京大会。この大会は、今年日本で開催されるラグビーW…

角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR]

セミナー シニアの暮らしを考える『現在進行形で生きる』角野栄子さん講演会2018…

親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉

取材・文/坂口鈴香先日、有料老人ホームを運営していた「未来設計」が経営破たんした。介…

腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

文/川口陽海腰の反りが強いと、腰痛の原因になります。今回はいつでもどこでも簡…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 処女航海|アドリブ手法を転換させた「モード・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第15巻より

    文/後藤雅洋ジャズ史の6回目は〝モード・ジャズ〟と〝フリー・ジャズ〟です。このふたつのジャズ・スタイルは前回紹介した、〝ファンキー・ジャズ〟や〝ジャズ・ロック〟と違い、ダイレクトに現代ジャズに直結しています。〝ファンキー・ジ…

  2. サライ2014年11月号|特集は「くらべる仏像」です。

    仏像の本来の目的は、仏の教えを立体的に表現し、経典を読めない庶民にまで伝えること。つまり仏像は「…

  3. ザ・サイドワインダー|新しい波を起こした「ファンキー・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第14巻より 

    文/後藤雅洋「ハード・バップ」に続くジャズ史の5回目は、「ファンキー・ジャズ」と「ジ…

  4. 「ただいま」と言いたくなる国~タイ 前編(バンコク)

    昨年の大規模なデモの影響で、いまだピリピリしているのではないかと心配しつつ訪れたタイ。街を歩けば、す…

  5. ストレート、ノー・チェイサー|ミュージカルや映画から名曲を借りたジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第13巻より

    文/後藤雅洋ジャズに親しみだすと、最初に気になるのが「専門用語」です。なるべく難しい…

  6. 死刑台のエレベーター|ジャズの〝新しい波〟【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第12巻より

  7. クール・ストラッティン|モダン・ジャズの完成形【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第11巻より

  8. 伊豆にある運慶初期の傑作~『サライ』9月号より

  9. サライ2014年9月号|特集は「国宝への旅」です。

  10. 木の葉の子守唄|映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第10巻より

  11. グルーヴィン・ハイ|ジャズを変えたビ・バップ革命【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第9巻

  12. シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

  13. 奇妙な果実|ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第7巻

  14. イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

  15. センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

  16. チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

  17. 朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

  18. マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

  19. ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

  20. 蕎麦切り寺の「絶対秘仏」はこうして撮影した

  21. 蕎麦切り寺の「絶対秘仏」を撮ることになった

PAGE TOP