はじめに-お市とはどんな人物だったのか

お市(おいち)は、織田信長の妹にあたる戦国時代の女性です。浅井長政との政略結婚を始め、兄・信長を取り巻く戦いに巻き込まれていきました。夫と共に自害したという最期も印象的なお市は、運命に翻弄された悲劇のヒロインとして描かれることが多いです。その波乱万丈で興味深い生涯に加えて、彼女は非常に容姿が優れていたとされており、「戦国時代きっての美人」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

では、実際のお市はどのような人物だったのでしょうか? 史実をベースにしながら、紐解いていきましょう。

NHK大河ドラマ『どうする家康』では、織田と徳川の盟約をきっかけに、家康と数奇な運命を共にすることになる、信長の妹(演:北川景子)として描かれます。

浅井長政夫人像(高野山持明院蔵)
娘・淀君の命によって描かれたとされる

目次
はじめに-お市とはどんな人物だったのか
お市が生きた時代
お市の足跡と主な出来事
まとめ

お市が生きた時代

お市は、兄・信長の13歳年下の妹として織田家に生まれました。群雄割拠の武将らがひしめき、ぶつかり合う時代です。女性であるお市もまた、一族のために親交のあった家に嫁ぐこととなります。天下を取らんとする信長は、妹であるお市の生涯にも強い影響力を持っていたのでした。

お市の足跡と主な出来事

お市は、天文16年(1547) に生まれ、天正11年(1583)に没しています。その生涯を出来事とともに紐解いていきましょう。

信長の妹として生まれ、政略結婚を結ぶ

お市は天文16年(1547)に、織田信秀(のぶひで)の娘として生まれた、信長の妹です。永禄10年(1567)末か翌年の初めごろ、北近江(=現在の滋賀県)の戦国大名・浅井長政(ながまさ)のもとに嫁ぎました。長政の居城・小谷城(おたにじょう)にいたため、お市は「小谷の方」の名で呼ばれたとされます。

お市の結婚は兄・信長の命とされます。それは信長が上洛のための布石として、長政と同盟を結ぶための政略結婚でした。こうして始まった長政との結婚生活で、お市は3人の娘・茶々(ちゃちゃ)、初(はつ)、江(ごう)と2男をもうけます。

夫・浅井長政の最期

お市が嫁いだ浅井氏は、結婚の後、信長と同盟を結びます。しかし元亀元年(1570)、信長の越前侵入が始まると、長政は長らく同盟関係にあった朝倉義景(よしかげ)を支援。信長に離反し、抗争するに至ります。

浅井・朝倉連合軍は、姉川にて信長・家康軍と戦うも、大敗。以後、本願寺、武田信玄、比叡山などと結び挽回を図りました。しかしついに天正元年(1573)8月、小谷城は信長の猛攻を受け、落城。長政は、父・久政(ひさまさ)とともに自殺したのでした。

浅井長政像(高野山持明院蔵)

浅井家が滅び、織田家に戻る

夫・長政が信長に滅ぼされると、お市は娘らと城を脱出し、織田氏のもとへ帰ります。信長の事蹟を編年的に叙述した戦記『総見記(そうけんき)』によれば、信長は妹という理由でお市をしばらく弟・信包(のぶかね)に預けました。清洲城へ移ったお市は、その三人の娘とともに養育されたといわれます。

銅像「お市の方」(福井県福井市 柴田神社)

信長の死後、柴田勝家と再婚

浅井家を出た9年後の天正10年(1582)、明智光秀による「本能寺の変」で、兄・信長が自刃。お市は、織田氏の宿老・柴田勝家(かついえ)に嫁すことになります。この再婚は信長の命令であったともいわれていますが、勝家と秀吉と申合せのあったことが推測されます。こうしてお市は、娘らとともに勝家の居城・越前北ノ庄(きたのしょう)に赴きました。

秀吉に攻められ、夫・柴田勝家とともに自害。次ページに続きます

1 2

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店