新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    空前のスケールで展開する壮大な鉄斎ワールド「生誕180年記念 富岡鉄斎―近代への架け橋―展」

         

    近代文人画家の巨匠、富岡鉄斎は、天保7年(1836)に京都の商家で生まれ、幼少より国学や漢学などを広く修めるかたわら、19歳頃から絵を学び始めました。幕末の動乱期には勤皇学者として奔走し、維新後は神官の公職を得て大正13年(1924)に89…

  2.  

    神奈川近代文学館で開催される特別展「100 年目に出会う 夏目漱石」の鑑賞券を25組50名様にプレゼントします

         

    ※本キャンペーンは終了しました。文豪・夏目漱石の没後100 年を記念して、3月26日(土)か…

  3.  

    夏目漱石、1000枚の奥付に検印を押して出版社に渡す【日めくり漱石/3月10日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    夏目漱石、留学先のロンドンから妻に「返事が欲しい」と催促の手紙を送る【日めくり漱石/3月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5.  

    夏目漱石、横浜大火の新聞記事を読み、友人の安否を気遣う【日めくり漱石/3月8日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6.  

    夏目漱石、門弟の小宮豊隆にドイツ語の個人授業を依頼する【日めくり漱石/3月7日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  7.  

    夏目漱石、ストレス解消のためにテムズ川南の住宅街を散歩する【日めくり漱石/3月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  8.  

    肉食恐竜は四足歩行だった!? 新仮説で復元されたスピノやティラノの全身骨格が初来日「恐竜博2016年」

         

    いつの時代も子どもから大人まで惹きつけてやまない、夢と驚きに満ちた恐竜の世界。3月8日(火)から東京…

  9.  

    夏目漱石、同級の中村是公との友情を原稿に仕立てる【日めくり漱石/3月5日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    夏目漱石、雪舟の墨絵の魅力を門弟たちに語る【日めくり漱石/3月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  11.  

    今注目の画家・今井龍満の『Lion』初公開! 国内外の名画に描かれた「動物」展~メナード美術館

         

    本展の見どころを、メナード美術館広報担当の橋本文子さんにうかがいました。「本展では、メナード美術館の…

  12.  

    夏目漱石、森鴎外がかつて暮らしていた家に転居する【日めくり漱石/3月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    夏目漱石、鹿児島赴任中の門弟が送ってくれたザボンの皮の砂糖漬けを味わう【日めくり漱石/3月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    女性の美しさと麗しさを描いた名作・傑作が並ぶ「東京藝術大学コレクション」展

         

    明治維新後、日本社会の近代化が急速に進められる中で、岡倉天心を中心として明治20年(1887)に東京…

  15.  

    夏目漱石、松山の俳句仲間と神秘的な趣の俳句を創作する【日めくり漱石/3月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  16.  

    夏目漱石、宙に浮いてしまった新聞連載について再依頼の手紙を書く【日めくり漱石/2月29日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  17.  

    超絶技巧の美しさに思わずため息がでる! 陶芸家・宮川香山の作品展

         

    京都・眞葛ヶ原(まくずがはら)の陶工の家に生まれた初代・宮川香山(みやがわ・こうざん  1842-1…

  18.  

    夏目漱石、畏友との永遠の別れに後悔の念が湧きおこる【日めくり漱石/2月28日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  19.  

    ジャッキー・マクリーン|ビ・バップにもフリーにも溢れ出る個性!生々しい“肉声”アルト・サックス【ジャズの巨人】第23巻より

         

    文/後藤雅洋長年ジャズを聴いてきましたが、最近になってようやく気がついたことがありま…

  20.  

    長期入院の夏目漱石、退院して久しぶりに謡曲を思う存分うたう【日めくり漱石/2月27日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  21.  

    北澤楽天、竹久夢二、武井武雄…子どもたちに夢を託した画家の情感あふれる作品150点を公開! 『子供之友』原画展

         

    モダニズムの新たな文化が花開いた大正期。婦人之友社創始者の羽仁もと子、吉一両氏によって大正3年(19…

  22.  

    夏目漱石、贅沢だからと電灯を引くのを拒んでいたが……【日めくり漱石/2月26日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  23.  

    江戸中期の浮世絵師・勝川春章の精緻で優雅な筆遣いを間近で鑑賞できる「美人画」展

         

    江戸時代中期に活躍した浮世絵師・勝川春章(かつかわ・しゅんしょう 1726-92)。今年は春章の生誕…

  24.  

    夏目漱石、高浜虚子や寺田寅彦らと牛鍋を味わう【日めくり漱石/2月25日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    夏目漱石、突然ある若者から朝日新聞入社の勧誘を受ける【日めくり漱石/2月24日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  26.  

    夏目漱石、超満員の教室で『リア王』について講義する【日めくり漱石/2月23日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  27.  

    夏目漱石、文部省が送ってきた文学博士の証書を突き返す【日めくり漱石/2月22日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  28.  

    夏目漱石、連載開始が目前に迫った長編小説のタイトル決めを弟子に任せる【日めくり漱石/2月21日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  29.  

    夏目漱石、寂しさつのる厳寒のロンドンで「娘の日記」にほっこりする【日めくり漱石/2月20日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  30.  

    夏目漱石、無名の文学青年・芥川龍之介の短編小説に仰天する【日めくり漱石/2月19日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP