新着記事

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫…

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

文/鈴木拓也今までの常識が覆されることもある、日進月歩のがん治療。世間に流布するがん関連…

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、逗留中の宿にて妻との電話がトンチンカン。【日めくり漱石/8月12日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月12日、伊豆・修善寺の菊屋旅館に逗留中の43歳の漱石は、夢の如く生死の中ほどで日を送っている気分だった。胆汁と酸液を1升ほど吐いて、ようやく人心地つくといった状況だった。…

  2.  

    岩佐又兵衛の「旧金谷屏風」10図が福井で奇跡の再会!「岩佐又兵衛展」展

         

    謎に包まれた天才絵師、岩佐又兵衛(いわさ・またべえ/1578~1650)の展覧会が、39歳から60歳…

  3.  

    とんかつの醍醐味ここに極まれり!荻窪『たつみ亭』の「上かつ」【山本益博の「私のお気に入り」132】

         

    私はフェイスブックで「東京とんかつ会議」を毎月隔週でアップしています。3人の仲間と東京のとん…

  4.  

    夏目漱石、東海道線に乗って関西講演ツアーに出発する。【日めくり漱石/8月11日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月11日、44歳の漱石は午前8時3…

  5.  

    夏目漱石、妻子を旅行に送り出してから机に向かう。【日めくり漱石/8月10日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)8月10日の早朝、48歳の漱石は玄関で…

  6.  

    ビリー・ホリデイ|強烈な人生体験から生まれた歌のリアリティ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション08】

         

    文/後藤雅洋■鬼気迫る声の存在感本シリーズ創刊号にも登場した伝説的ヴォーカリ…

  7.  

    夏目漱石、新聞連載小説のバトンを徳田秋声に託す。【日めくり漱石/8月9日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)8月9日の昼下がり、48歳の漱石は東京…

  8.  

    キャンプ+麻雀=マージャンピング!意外な組み合わせでキャンプの新たな楽しみ方を発見

         

    奥深いルールで老若男女誰もが楽しめ、4人で囲むことから思わぬ交流も生まれる遊び――麻雀。大切…

  9.  

    夏目漱石、橋口五葉と『吾輩は猫である』の装幀について打ち合わせる。【日めくり漱石/8月8日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月8日の夜、38歳の漱石は、東京・…

  10.  

    国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

         

    去る7月17日、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の構成資産のひと…

  11.  

    若き夏目漱石、船の上で女性にいいとこ見せようとして大失敗。【日めくり漱石/8月7日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)8月7日、漱石は隅田川の河口から汽船…

  12.  

    爽快!夏の信州に大集合した北斎ブルーの富士山たち「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」展

         

    江戸期を代表する絵師・葛飾北斎(1760-1849)の描いた「富士山」ばかりを集めた企画展が…

  13.  

    夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月6日、43歳の漱石は、転地療養の…

  14.  

    又兵衛から抱一まで江戸絵画の全貌を俯瞰!「江戸絵画への視線-岩佐又兵衛から江戸琳派へ-」

         

    東京・山種美術館で、江戸絵画を中心とした展覧会が開かれています。近代・現代の日本画コレクショ…

  15.  

    こりゃニャンダフル!国芳や国貞などの猫の浮世絵が大集合「浮世絵ねこの世界展」

         

    浮世絵に描かれた「猫」をテーマにした企画展が、石川県七尾美術館で始まりました(〜9月25日ま…

  16.  

    夏目漱石、『猫』が講談に使われているのを知って面食らう。【日めくり漱石/8月5日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)8月5日、40歳の漱石は朝日新聞に連…

  17.  

    本場のオペラを気軽に堪能「METライブビューイング」アンコール上映会【ご招待あり】

         

    本場メトロポリタン歌劇場(通称:MET、メト)で上演された極上のオペラが、日本にいながら映画…

  18.  

    38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

         

    今から111 年前、つまり明治38年(1905)の夏、38歳の漱石は目の回るような忙しさを感…

  19.  

    夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月3日、ロンドン留学中の34歳の漱…

  20.  

    並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【山本益博の「私のお気に入り」131】

         

    深川にあるてんぷら『みかわ是山居』は、作家物の食器でてんぷらを食べさせてくれ、酒を飲むのでも、自分の…

  21.  

    夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月2日、45歳の漱石は、妻の鏡子とと…

  22.  

    夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月1日、47歳の漱石は折からのうだる…

  23.  

    夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)7月31日、熊本から夏期休暇で東京に…

  24.  

    ド迫力の大作「面構」(つらがまえ)シリーズが一挙公開!日本画家・片岡球子の回顧展

         

    力強い筆致と鮮烈な色彩で強烈な個性を放ち、戦後の日本画を刷新した日本画家・片岡球子(1905…

  25.  

    夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)7月30日、漱石は深い感慨をもってひ…

  26.  

    夏の夜を彩るジャズの祭典「Blue Note JAZZ FETIVAL」@横浜で開催【ご招待あり】

         

    夏の夜を彩るジャズファン待望のジャズ・フェスティバル「Blue Note JAZZ FEST…

  27.  

    漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

         

    本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石1…

  28.  

    夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月29日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  29.  

    60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は?

         

    いよいよ夏本番、今年も海が恋しい季節になってきました。とくに、からっと晴れた夏らしい日には、…

  30.  

    夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

         

    今から125 年前の今日、すなわち明治24年(1891)7月28日、24歳の漱石は悲しみに沈…

PAGE TOP