新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕

1923年、名古屋市中区長者町にて創業した「北村商店」を前身とする「まくらのキタムラ」。「眠…

『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』

文/鈴木拓也庶民的な中華料理の代表格である「チャーハン」。家庭でも手軽に作れるが、米…

お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司第九代平戸藩主の松浦清(まつらきよし、号は静山)は…

「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題

仕事の現場で働き方改革が叫ばれている昨今。取り組んでいる職場も多いことだろう。だが、真の意味…

木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン

長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小…

お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』

文/印南敦史好むと好まざるとにかかわらず、人はいつか必ずお葬式にまつわる問題と向き合…

行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選

ホテルのラウンジでちょっと優雅にスイーツや軽食が楽しめると、今、ホテルのアフタヌーンティーの…

インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

文/藤原邦康整顎がサッカーの足さばきに有効だということは、足技が重要とされるキックボクシング…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才【ジャズの巨人】第13巻より

    文/後藤雅洋ジャズ・トランペッターの中で誰が一番トランペットが巧いのかと聞かれたらなら、私はまずクリフォード・ブラウンの名前を挙げます。この意見にはあまり異論は出ないのではないでしょうか。しかし若干の疑問はあろうかと…

  2. ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者【ジャズの巨人】第12巻より

    文/後藤雅洋ジャズマンを大きくふたつに分けると、デビュー時からほとんどスタイルが変わ…

  3. 90時間聴いても飽きない落語CDブック『人形町末広 圓生独演会』

    サライ9月号で「9月30日発売」とアナウンスしながら、諸般の都合で「10月9日発売」に繰り延べになっ…

  4. モダン・ジャズ・カルテット|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟【ジャズの巨人】第11巻より

    文/後藤雅洋「モダン・ジャズ・カルテット」略称MJQは、ジャズ界でも珍しい長寿グルー…

  5. ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

    文/後藤雅洋1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほ…

  6. オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト【ジャズの巨人】第9巻より

  7. チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主【ジャズの巨人】第8巻より

  8. なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

  9. バド・パウエル|内なる炎が燃えるピアノ・トリオの開祖【ジャズの巨人】第7巻より

  10. アート・ブレイキー |燃えるドラムで世界を熱狂させたジャズの“親分”【ジャズの巨人】第6巻より

  11. マイルス・デイヴィス|常に次代のジャズを奏で続けた革命家【ジャズの巨人】第5巻より

  12. ソニー・ロリンズ|豪放磊落なアドリブ・ジャイアント【ジャズの巨人】第4巻より

  13. ジョン・コルトレーン|ジャズの究極を追い続けた求道者【ジャズの巨人】第3巻より

  14. ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者【ジャズの巨人】第2巻より

  15. サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

  16. マイルス・デイヴィス|ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」【ジャズの巨人】第1巻より

  17. この素晴らしき世界|男性ヴォーカルがわかれば「ジャズ耳」は完成【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第26巻より 

  18. ヌアージュ|ジャズが芸術音楽になるとき【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第25巻より

  19. ア・デイ・イン・ザ・ライフ|ミュージシャンとプロデューサーの役割分担【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第24巻 

  20. ジャンピン・アット・ウッドサイド|サウンドのビッグ・バンドと即興のコンボ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第23巻より 

  21. フル・ハウス|ジャズとブルースは兄弟として育った【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第22巻より

  22. 三越と琳派。その出会いの物語 〜「光琳遺品展覧会」で幕を開けた百貨店の文化事業

  23. サライ2015年2月号|特集は「日本酒いま呑むべき30本」です。

  24. ラウンド・ミッドナイト|個性のぶつかり合いから生まれるジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第21巻より

  25. あのマッサンが食べた雑煮に入っていた、あるモノとは?~『サライ』1月号から

  26. リメンバー|「B級」にこそジャズが匂い立つ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第20巻より

  27. サライ2015年1月号|特集は「『神社』大図解」です。

  28. スイート・ジョージア・ブラウン|楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第19巻より 

  29. 岡田美術館所蔵琳派名品展|三越ならではの琳派が楽しめる展覧会

  30. ジャンゴ|エレクトリック・ギターの出現【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第18巻より

PAGE TOP