新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、単身赴任先の松山でホームシックにかかる。【日めくり漱石/1月16日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 夏目漱石、わずかな留学費用をやりくりしてシェイクスピアを教わる。【日めくり漱石/1月15日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3. ウェス・モンゴメリー|革新的テクニックと魅力溢れる個性でジャズの中心に立ったギタリスト【ジャズの巨人】第20巻より

    文/後藤雅洋およそ半世紀も昔、私がジャズを聴き始めたころ最初に好きになったアルバムの…

  4. 夏目漱石、余命短き親友・正岡子規の「決意」に衝撃を受ける。【日めくり漱石/1月14日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 夏目漱石、29歳で再婚した門弟・寺田寅彦の新妻に祝いを贈る。【日めくり漱石/1月13日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6. 夏目漱石、返したはずの本を未返却といわれ立腹する。【日めくり漱石/1月12日】

  7. 夏目漱石、小泉八雲との思わぬ不思議な縁に驚く。【日めくり漱石/1月11日】

  8. 夏目漱石、ロンドンでパントマイムを見てステテコ踊りを思い出す。【日めくり漱石/1月10日】

  9. 夏目漱石、妻・鏡子のさりげない気遣いにホンワカする。【日めくり漱石/1月9日】

  10. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第2回】人生で初めて購入した念願の一台であり、生涯の伴侶に出会わせてくれた“愛車”

  11. 夏目漱石、受話器ごしの門弟の失敬な態度に苛立ちを募らせる。【日めくり漱石/1月8日】

  12. 夏目漱石、鎌倉・円覚寺での参禅生活を終えるが……。【日めくり漱石/1月7日】

  13. 夏目漱石、浅草の大火であわや命を落としかける。【日めくり漱石/1月6日】

  14. 夏目漱石、東京・新宿に生まれ「金之助」と名づけられる。【日めくり漱石/1月5日】

  15. 自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ スズキ エスクードで快走の記」

  16. 夏目漱石、愛弟子の寺田寅彦と本郷界隈を散歩し鳥料理を味わう。【日めくり漱石/1月4日】

  17. 夏目漱石、親友・正岡子規の自宅で森鴎外と初めて出会う。【日めくり漱石/1月3日】

  18. 留学中の夏目漱石、ビスケットをかじって食費を節約する。【日めくり漱石/1月2日】

  19. 夏目漱石、生前最後の正月を家族とこんなふうに過ごす。【日めくり漱石/1月1日】

  20. エリック・ドルフィー|伝統的なジャズの文脈に連なりながら前衛的個性を表現【ジャズの巨人】第19巻より

  21. リー・モーガン|やんちゃなストリート感覚で“ファンキー・ジャズ”を牽引したヒーロー【ジャズの巨人】第18巻より

  22. 「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第1回】大人が夢中になれるモノづくりの原点とは?

  23. ホレス・シルヴァー|“黒さ”とラテンが融合した独特の“ファンキー・ジャズ”【ジャズの巨人】第17巻より

  24. スタン・ゲッツ|常に輝き続けた天才インプロヴァイザー【ジャズの巨人】第16巻より

  25. 焼き物で有名な茨城県笠間市で100年以上続く菊の祭典「笠間の菊まつり」が開催中です

  26. ハービー・ハンコック|「時代の感受性」と並走しジャズを拡大した変容するピアニスト【ジャズの巨人】第15巻より

  27. セロニアス・モンク|「ジャズは個性の音楽」を体現した唯一無二のスタイルと存在感【ジャズの巨人】第14巻より

  28. 三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

  29. クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才【ジャズの巨人】第13巻より

  30. ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者【ジャズの巨人】第12巻より

PAGE TOP