新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美1日に2万回以上行っている呼吸。ドライブ中は運転への緊張やストレスで呼吸が浅くな…

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する…

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    本場のオペラを気軽に堪能「METライブビューイング」アンコール上映会【ご招待あり】

         

    本場メトロポリタン歌劇場(通称:MET、メト)で上演された極上のオペラが、日本にいながら映画館の大スクリーンで楽しめる「METライブビューイング」。毎年恒例となっている「夏の東劇アンコール上映」会が、8月6日から東京・築地の東劇で開…

  2.  

    38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

         

    今から111 年前、つまり明治38年(1905)の夏、38歳の漱石は目の回るような忙しさを感…

  3.  

    夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月3日、ロンドン留学中の34歳の漱…

  4.  

    並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【山本益博の「私のお気に入り」131】

         

    深川にあるてんぷら『みかわ是山居』は、作家物の食器でてんぷらを食べさせてくれ、酒を飲むのでも、自分の…

  5.  

    夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月2日、45歳の漱石は、妻の鏡子とと…

  6.  

    夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月1日、47歳の漱石は折からのうだる…

  7.  

    夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)7月31日、熊本から夏期休暇で東京に…

  8.  

    ド迫力の大作「面構」(つらがまえ)シリーズが一挙公開!日本画家・片岡球子の回顧展

         

    力強い筆致と鮮烈な色彩で強烈な個性を放ち、戦後の日本画を刷新した日本画家・片岡球子(1905…

  9.  

    夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)7月30日、漱石は深い感慨をもってひ…

  10.  

    夏の夜を彩るジャズの祭典「Blue Note JAZZ FETIVAL」@横浜で開催【ご招待あり】

         

    夏の夜を彩るジャズファン待望のジャズ・フェスティバル「Blue Note JAZZ FEST…

  11.  

    漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

         

    本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石1…

  12.  

    夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月29日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  13.  

    60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は?

         

    いよいよ夏本番、今年も海が恋しい季節になってきました。とくに、からっと晴れた夏らしい日には、…

  14.  

    夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

         

    今から125 年前の今日、すなわち明治24年(1891)7月28日、24歳の漱石は悲しみに沈…

  15.  

    夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月27日、39歳の漱石は、東京・千…

  16.  

    ボサ・ノヴァ・ヴォーカル|ブラジル・リオで生まれ世界を癒した音楽の新しい波【ジャズ・ヴォーカル・コレクション07】

         

    文/後藤雅洋■ジャズと映画で広く伝播ボサ・ノヴァは1950年代の末、ブラジル…

  17.  

    ルーヴルが認めた9番目の芸術ジャンルは「漫画」!ルーヴル美術館特別展「LOUVRE No.9~漫画、9番目の芸術~」

         

    パリのルーヴル美術館による「漫画」をテーマにした画期的な展示が、東京・六本木の森アーツセンタ…

  18.  

    夏目漱石、深夜に凄まじい暴風雨の音で目をさます。【日めくり漱石/7月26日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)7月26日、44歳の漱石は日付が変わ…

  19.  

    若き夏目漱石、青春の病をかかえ伊香保温泉へひとり旅。【日めくり漱石/7月25日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)7月25日、27歳の漱石は、上野停車…

  20.  

    【夏の妖怪展その2】土偶、国芳から妖怪ウォッチまで!空前絶後の「大妖怪展」

         

    両国の江戸東京博物館では、妖怪に関する大規模な展覧会が開かれています。江戸時代に盛んに描かれた妖…

  21.  

    もっと大胆に生きていいんだ!夏目漱石、悩める教え子を激励する。【日めくり漱石/7月24日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月24日、39歳の漱石は教え子に宛…

  22.  

    【夏の妖怪展その1】ゲゲゲッ!個性豊かな妖怪の世界を体感「水木しげるの大妖界」展

         

    日本漫画界の巨匠にして妖怪研究家の故・水木しげるさんが生み出した、独自の妖怪ワールドを紹介す…

  23.  

    夏目漱石、喀血した兄と転地療養へ出かけるも思わぬ事態に遭遇する。【日めくり漱石/7月23日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)7月23日、一高在学中の22歳の漱石…

  24.  

    アール・ヌーヴォーは陶磁器が面白い!知られざる「アール・ヌーヴォーの陶磁器」の展覧会

         

    アール・ヌーヴォーと聞いて何を思い浮かべますか? エミール・ガレやドーム兄弟による妖しくも美しいガラ…

  25.  

    夏目漱石、ホタルの籠を軒端にかけて夏の夜に涼を求める。【日めくり漱石/7月22日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)7月22日、42歳の漱石は東京・早稲…

  26.  

    お江戸に関する四択クイズ!あなたは答えられますか?第11回「江戸文化歴史検定」があなたの挑戦を待っています

         

    いきなりですが、クイズです。【1】天和2年(1682)12月の火事で避難先の寺小姓と恋仲にな…

  27.  

    油絵にハマった夏目漱石、絵道具一式を買いに神田へ出かける。【日めくり漱石/7月21日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)7月21日、46歳の漱石は門弟の寺田寅…

  28.  

    ロンドンの夏目漱石、引っ越しで本を運んで汗まみれになる。【日めくり漱石/7月20日】

         

    「汗牛充棟」という言葉がある。牛が汗をかくほどの重量、棟につかえるほどの分量。それだけ沢山の…

  29.  

    夏目漱石、遠来の客にとっておきの「書籍購入法」を披瀝する。【日めくり漱石/7月19日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち大正4年(1915)7月19日、48歳の漱石は日暮れ時から…

  30.  

    心洗われる清冽な風景画!戦後日本画の巨匠・東山魁夷の展覧会「東山魁夷 自然と人、そして町」

         

    戦後の日本画を代表する作家のひとり、東山魁夷(ひがしやま・かいい、1908-1999)の展覧…

PAGE TOP