新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

現代のビジネスパーソンにとって、英語はもはや必要不可欠といってもいいだろう。だが、そうはいっ…

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

取材・文/池田充枝強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(…

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

今年6月、金融庁が公表した報告書で「夫婦の老後資金、公的年金以外に2000万円が必要」との試算が…

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

大雪の夜、大川に漕ぎ出した一艘の屋根船が舞台本誌が主催する「人形町らくだ亭」。今年最後の公演では…

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

取材・文/坂口鈴香船田郁也さん(仮名・55)の母弘子さん(94)は宮崎で37年間一人…

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

取材・文/坂口鈴香国立社会保障・人口問題研究所が今年4月に発表した「日本の世帯数…

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

文/砂原浩太朗(小説家)呉の将・周瑜(しゅうゆ。175~210)は、三国志のなかでも…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    転勤決まった夏目漱石、同僚と阿蘇へ送別旅行に出かける。【日めくり漱石/8月29日】

         

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)8月29日、熊本第五高等学校の英語教師である32歳の漱石は、夏休みを利用して、同僚の山川信次郎とともに、阿蘇方面へ4泊5日の旅行に出発した。山川信次郎は、9月頭に東京の第一高等学校…

  2.  

    アラスカを愛した写真家・星野道夫の魂の軌跡をたどる!没後20年「星野道夫の旅」展

         

    アラスカに魅せられ、かの地を棲家にして、壮大な自然の世界を描写した、たぐいまれな写真家、星野…

  3.  

    夏目漱石、挿画家として教え子から弟を推薦される(後の橋口五葉である)【日めくり漱石/8月28日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)8月28日、漱石は、熊本の第五高等学校時…

  4.  

    両陛下のお庭を彩る四季の草花をスケッチ!安野光雅「御所の花」展

         

    細やかで淡い色合いの絵で人々を魅了する画家・安野光雅さん(1926-)が、皇后陛下の御所の庭…

  5.  

    夏目漱石、門弟たちに押し切られ寄席に出かけたものの…。【日めくり漱石/8月27日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月27日、38歳の漱石は東京・千駄木の…

  6.  

    能を楽しむワークショップ「能の来た道、日本のゆく道」巻三【ご招待あり】

         

    廃墟の涸れた池に水が甦り、月光にあそぶ貴公子の幽鬼が舞う……。かの世阿弥作の謡曲『融』(とお…

  7.  

    ナット・キング・コール|楽曲表現と個性発揮の見事な両立【ジャズ・ヴォーカル・コレクション09】

         

    文/後藤雅洋■誰をも魅了する歌声いちばん好きな黒人男性ジャズ・ヴォーカリスト…

  8.  

    晩成の人・与謝蕪村の俳画の極致!「奥の細道図巻」が京博で特集陳列中

         

    生誕300年を記念して、画俳両道に才を発揮した与謝蕪村(1716-83)の絵画の変遷を辿る展…

  9.  

    これが今生の別れか…渡英する夏目漱石、正岡子規を庵に訪ねる。【日めくり漱石/8月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)8月26日、33歳の漱石は門弟の寺田寅彦…

  10.  

    夏らしい写真を撮る秘訣は「影」にあり!ニコンカレッジ講師が教える撮影のコツ

         

    心に残る風景を写真に収めておきたい。自慢のカメラやレンズを所有しているのなら尚更のこと。しかし「思っ…

  11.  

    【江戸クイズ02】江戸参府の際のオランダ商館長一行の定宿はどこ?(正解率わずか7%)

         

    いま、脳トレが大ブーム中。専門書がいくつも本屋に並んでいますが、昔ながらのクイズも脳を活性化…

  12.  

    危篤状態の夏目漱石、病床に横たわり生死の境をさまよう。【日めくり漱石/8月25日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月25日、漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館…

  13.  

    そして世界初のクオーツ腕時計は生まれた!伝統と革新を重ねるセイコーの腕時計づくり

         

    セイコーの技術者たちは、正確に時を刻む時計の追求に余念がありませんでした。昭和40年…

  14.  

    心の太鼓よ鳴りわたれ!情熱の洋画家「中川一政」の多彩な表現を集めた展覧会

         

    洋画家・中川一政(1893-1991)の展覧会が、神戸市東灘区の香雪美術館で開催されています…

  15.  

    修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

         

    今から106 年前の明治43年(1910)8月24日、43歳の漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館にいた…

  16.  

    ほとばしる強烈な個性!幕末明治を生きた鬼才絵師「河鍋暁斎」の展覧会

         

    幕末から明治という大きな時代の動きの中に生きた絵師、河鍋暁斎(かわなべ・きょうさい、1831…

  17.  

    夏目漱石、小説『心』の出版について岩波茂雄と相談する。【日めくり漱石/8月23日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月23日、47歳の漱石は門下の岩波茂雄を…

  18.  

    1964年の「東京オリンピック」は時計の歴史においても革命的なイベントだった

         

    17日間にわたって熱戦が繰り広げられた、「リオデジャネイロオリンピック」が幕を閉じました。4…

  19.  

    夏目漱石、業者を呼んで自宅の「井戸換え」をしてもらう。【日めくり漱石/8月22日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)8月22日、漱石は東京・千駄木の自宅で井…

  20.  

    カーク船長がMr.スポックがエンタープライズ号が!「スタートレック」銀貨が転送装置つきで登場

         

    アメリカNBCテレビで放送されたテレビドラマ『スタートレック』といえば、サライ世代にはすっか…

  21.  

    『明暗』執筆中の夏目漱石、芥川龍之介に手紙を書く。【日めくり漱石/8月21日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)8月21日、漱石は午前中、東京…

  22.  

    鑑賞眼が一気にアップ!日本美術の技法が実物から学べる「はじめての古美術鑑賞」展

         

    昨今は「日本美術ブーム」と言っても過言ではない状況ですが、その世界に深く足を踏み入れたいと思ったとき…

  23.  

    病床の夏目漱石、傍らでは鏡子夫人が医師に厳しく詰め寄る。【日めくり漱石/8月20日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月20日、43歳の漱石は伊豆・修善…

  24.  

    三千家に代々伝わる名品が日本橋三越本店に集結「茶の湯の継承 千家十職の軌跡」展

         

    茶の湯の大成者である千利休の茶をいまに伝えている表千家、裏千家、武者小路千家の三千家。この三千家の家…

  25.  

    夏目漱石、診察を受けて即入院「絶対安静」を言い渡される。【日めくり漱石/8月19日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)8月19日、大阪の空は朝から晴れ渡り…

  26.  

    世界一正確な鉄道ダイヤを支える、世界一正確な時計技術【特集メイド・イン・ニッポン】

         

    東京都墨田区、白鬚橋の近くに、時計ファン垂涎の博物館「セイコーミュージアム」があります。和時…

  27.  

    修善寺へ急行せよ!夏目漱石、療養先の旅館で倒れる。【日めくり漱石/8月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月18日、43歳の漱石は転地療養先…

  28.  

    まもなく移転!世界一の魚市場「築地市場」の姿を遺す映画が完成【山本益博の「私のお気に入り」133】

         

    今年の11月に約80年の歴史を閉じることになる「築地市場」。そのドキュメンタリー映画が完成し…

  29.  

    夏目漱石、ひとり上野発の夜行列車で那須へ向かう。【日めくり漱石/8月17日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月17日、45歳の漱石は、ひとり上野…

  30.  

    夏目漱石、妻を亡くした友人のため弔問に駆けつける。【日めくり漱石/8月16日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)8月16日、42歳の漱石は朝一番で小…

PAGE TOP