新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. リメンバー|「B級」にこそジャズが匂い立つ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第20巻より

    文/後藤雅洋「ジャズ耳養成マガジン」もすでに20号目、読者のみなさんの〝ジャズ耳〟もかなり進んだことと思い、ちょっと意表を突くことを申し上げましょう。「マイルスやコルトレーンのファンは〝ジャズ・ファン〟とは限らない」。どうで…

  2. スイート・ジョージア・ブラウン|楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第19巻より 

    文/後藤雅洋1日の仕事を終え、何かジャズでも聴こうかなというとき、私たちは無意識のう…

  3. 岡田美術館所蔵琳派名品展|三越ならではの琳派が楽しめる展覧会

    俵屋宗達らとともに「琳派」の創始者とされる本阿弥光悦が、徳川家康から京都洛北の鷹ヶ峯の土地を与えられ…

  4. ジャンゴ|エレクトリック・ギターの出現【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第18巻より

    文/後藤雅洋楽器の中でいちばん身近なものといえば、ギターではないでしょうか。比較的安…

  5. ブルース・マーチ|名演の陰に名ドラマーあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第17巻より

    文/後藤雅洋世間のみなさんにジャズならではの特徴を質問すると、多くの方々が「リズム」…

  6. ファイヤー・ワルツ|ジャズの魅力は〝ライヴ〟にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第16巻より 

  7. 館長がそっと教える「ウフィツィ美術館展」の見どころ

  8. 処女航海|アドリブ手法を転換させた「モード・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第15巻より

  9. ザ・サイドワインダー|新しい波を起こした「ファンキー・ジャズ」【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第14巻より 

  10. ストレート、ノー・チェイサー|ミュージカルや映画から名曲を借りたジャズ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第13巻より

  11. 死刑台のエレベーター|ジャズの〝新しい波〟【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第12巻より

  12. クール・ストラッティン|モダン・ジャズの完成形【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第11巻より

  13. 木の葉の子守唄|映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第10巻より

  14. グルーヴィン・ハイ|ジャズを変えたビ・バップ革命【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第9巻

  15. シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

  16. 奇妙な果実|ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第7巻

  17. イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

  18. センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

  19. チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

  20. 朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

  21. マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

  22. ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

PAGE TOP