新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

写真・文/矢崎海里今年ももうすぐ梅雨の季節がやってきますね。梅雨の時期は、気温差…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面…

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

文/川口陽海なかなか治らない腰痛や坐骨神経痛、本当につらいですよね。整形外科…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    若き美空ひばりJAZZを歌う!今なお輝き続ける「昭和ジャズ歌」の個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション06】

         

    文/後藤雅洋■歌の魅力は世界共通「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1」は、戦後昭和20年代(1945~)から30年代にかけて活躍した大歌手たちが、「ジャズも歌っていた」という、今ではあまり知られていない事実、そしてそ…

  2.  

    若き夏目漱石、就職活動のため大学の先輩を訪ねたものの…。【日めくり漱石/7月12日】

         

    今から123 年前の今日、すなわち明治26年(1893)7月12日、26歳の漱石は、就職活動…

  3.  

    知られざる異能の銅版画家メッケネムの全貌に迫る初めての展覧会

         

    銅版画は15世紀半ばに登場した印刷技術で、適度な粘りがある銅は、きめ細かく精密な細工に適して…

  4.  

    夏目漱石、生田長江からニーチェの翻訳について相談される。【日めくり漱石/7月11日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)7月11日の漱石は、少し寝坊してしま…

  5.  

    東洋と西洋を結婚させた陶芸家!バーナード・リーチ生誕130年を記念する展覧会

         

    日本の民藝運動にも深い関わりをもったイギリスの陶芸家、バーナード・リーチの生誕130年を記念…

  6.  

    夏目漱石、自宅に無名の新人・志賀直哉の訪問を受ける。【日めくり漱石/7月10日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)7月10日、47歳の漱石は自宅書斎で志…

  7.  

    夏目漱石、朝刊の連載小説に誤植を見つけ思わず渋い顔になる。【日めくり漱石/7月9日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)7月9日の東京朝日新聞には、漱石の連載…

  8.  

    若き夏目漱石、いよいよ旧制高校の卒業式を迎える。【日めくり漱石/7月8日】

         

    今から126 年前の今日、すなわち明治23年(1890)7月8日、漱石は第一高等中学本科の卒…

  9.  

    若き夏目漱石、初めての京都旅行で名旅館「柊家」に泊まる。【日めくり漱石/7月7日】

         

    今から124 年前の今日、すなわち明治25年(1892)7月7日、帝大生の漱石と正岡子規は、…

  10.  

    夏目漱石、恐ろしい「コンニャク湿布」の荒療治を我慢できるようになる。【日めくり漱石/7月6日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月6日は、晴れと曇りが交錯するはっ…

  11.  

    夏目漱石、入院中の病院で石川啄木と面会する。【日めくり漱石/7月5日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月5日、漱石は朝5時に病院で目覚め…

  12.  

    夏目漱石、書画骨董の入札会で見た一休の書に憮然とする。【日めくり漱石/7月4日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)7月4日の午後、漱石は伊達家の…

  13.  

    写真を芸術に高めた女性!ジュリア・マーガレット・キャメロンの回顧展

         

    19世紀初めに記録媒体として発明された写真が、現在のように芸術の一分野に挙げられるようになる…

  14.  

    夏目漱石、上野の精養軒で高校の教え子たちと昔を懐かしむ。【日めくり漱石/7月3日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)7月3日は、相変わらずの雨だった。梅…

  15.  

    夏目漱石、『吾輩は猫である』の原稿料で念願のパナマ帽を買う。【日めくり漱石/7月2日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)7月2日、38歳の漱石は東京・本郷で…

  16.  

    シュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリ、約10年ぶりの大型回顧展!

         

    シュルレアリスムの巨匠、サルバドール・ダリの大規模な展覧会が、京都市美術館で開催されています…

  17.  

    夏目漱石、連作『夢十夜』の最初の原稿を大阪朝日新聞へ送る。【日めくり漱石/7月1日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)7月1日、41歳の漱石は『夢十夜』の…

  18.  

    究極の高みに至ったガラス工芸の粋を堪能!「生誕170周年 エミール・ガレ」展

         

    アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレの展覧会が、東京のサントリー美術館で…

  19.  

    若き夏目漱石、兄に連れられ歌舞伎座へ観劇に出かける。【日めくり漱石/6月30日】

         

    まだ大学生の漱石が、兄の直矩(なおかた)に誘われて東京・銀座の歌舞伎座に出かけたのは、大学が…

  20.  

    夏目漱石、大好きな古都・鎌倉へ夏の小旅行に出かける。【日めくり漱石/6月29日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)6月29日は土曜日だった。4…

  21.  

    遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

         

    昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的…

  22.  

    ルイ・アームストロング|ジャズの父、そしてジャズ・ヴォーカルの父【ジャズ・ヴォーカル・コレクション05】

         

    文/後藤雅洋■サッチモの偉さはどこに名前は知っていても、その実像の凄さがいま…

  23.  

    入院中の夏目漱石に「こんにゃく湿布」の荒療治が迫り来る。【日めくり漱石/6月28日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月28日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  24.  

    夏目漱石、輸入ものの運動器具を購入する。【日めくり漱石/6月27日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月27日は、雨の日曜日だった。漱石…

  25.  

    傑作「桟敷席にて」が日本初公開!「母子像の画家」メアリー・カサット展

         

    印象派を代表する女性画家、メアリー・カサット(1844-1926)の回顧展が35年ぶりに日本…

  26.  

    夏目漱石、寄席に出かけて3代目小さんの落語に聞き惚れる。【日めくり漱石/6月26日】

         

    今から108 年前の今日、つまり、明治41年(1908)6月26日の漱石邸には、前夜から3人…

  27.  

    巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

         

    イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)の建築作品に…

  28.  

    【休日達人♯01】「一人茶会」で自分をもてなす/山口浩さん(駒澤大学教授)

         

    独自の趣味で人生を楽しんでいる方を紹介する【休日達人】。第1回は「一人茶会」を趣味にする駒澤大学教授…

  29.  

    夏目漱石が中学の英語教師として受け取った月給の額は?【日めくり漱石/6月25日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)6月25日は、愛媛尋常中学(松山中学…

  30.  

    新入り子猫がやってきた!44匹の子猫を救った「わさびちゃん母さん」の現在

         

    「空前の猫ブーム」といわれる今だからこそ、外で過酷な生活を送る野良猫たちの「猫生」にも思いを…

PAGE TOP