はじめに-千姫とはどんな人物だったのか

千姫(せんひめ)は、徳川家康の3男・秀忠と江(ごう)の長女です。豊臣秀頼の元に嫁いだことで知られていますが、実際はどのような人物だったのでしょうか? 史実をベースにしながら、紐解いていきましょう。

2023年NHK大河ドラマ『どうする家康』では、家康が目に入れても痛くないほどの最愛の孫娘(演:原菜乃華)として描かれます。

目次
はじめに-千姫とはどんな人物だったのか
千姫が生きた時代
千姫の足跡と主な出来事
まとめ

千姫が生きた時代

千姫が生まれた慶長2年(1597)は、豊臣秀吉が朝鮮への再派兵を決定した年です。また、翌年には秀吉が死去します。その死を目前にして、秀吉の子・秀頼と家康の孫・千姫の婚約が結ばれました。

千姫は、慶長2年(1597)に生まれ、寛文6年(1666)に没しました。その生涯を出来事とともに紐解いていきましょう。

秀忠と江の長女として誕生

徳川家康の三男・秀忠と、浅井長政とお市の三女である江の長女として誕生した、千姫。慶長2年(1597)4月11日に伏見で生を受けました。翌慶長3年(1598)には病床にあった豊臣秀吉の子・秀頼と婚約が結ばれます。

豊臣秀頼と結婚

慶長3年(1598)に秀吉は死去しますが、秀頼と千姫の婚約は守られます。慶長8年(1603)7月28日、千姫は7歳で11歳の秀頼のもとに嫁ぎました。この際、伏見から大坂まで大久保忠隣(ただちか、大久保忠世の子)が千姫の乗輿に従ったといいます。このほか、黒田長政ら西国大名が警護し、浅野幸長(よしなが)が出迎えました。

大坂冬の陣、そして夏の陣での脱出。次ページに続きます

1 2 3

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店