新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、生涯最後の木曜会で「則天去私」について深く語る。【日めくり漱石/11月16日】

         

    《御安着結構です。(略)芥川君は売ツ子になりました。久米君もすぐ名が出るでしょう。二人とも始終来ます。(略)「明暗」は長くなる許(ばかり)で困ります。まだ書いています。来年迄つづくでしょう》漱石が東京・早稲田南町の自宅書斎でそんな手…

  2.  

    グループ・ジャズ・ヴォーカル|官能的な極上のハーモニー!【ジャズ・ヴォーカル・コレクション15】

         

    文/後藤雅洋■“チームの音楽”の面白さ今回は「ヴォーカル・グループ」の特集で…

  3.  

    夏目漱石、読売新聞からコラム執筆依頼を受けて大いに悩む。【日めくり漱石/11月15日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)11月15日、読売新聞の竹越与三郎が…

  4.  

    お稲荷さんは何故生まれた?神様の使いがオオカミからキツネに取って代わった理由

         

    8万社ともいわれる日本の神社のなかで、もっとも多いのは八幡様を祀(まつ)る神社であるが、その…

  5.  

    300件を超す至宝の数々が勢揃い!大阪市立美術館「壺中之展―美術館的小宇宙」

         

    いま大阪市立美術館では、同館の所蔵コレクションから選りすぐった名品ばかりを紹介する展覧会が開催されて…

  6.  

    夏目漱石、池辺三山から朝日新聞社の内情を聞いて当惑する。【日めくり漱石/11月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月14日、44歳の漱石は友人であ…

  7.  

    円山応挙の超絶テクニックを堪能できる!「円山応挙-「写生」を超えて-」展

         

    江戸期の画家、円山応挙(まるやま・おうきょ、1733~95)の作品を一挙に堪能できる展覧会が、東京・…

  8.  

    夏目漱石、才色兼備のとある美女の死を知って仰天する。【日めくり漱石/11月13日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月13日、43歳の漱石は、入院中…

  9.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、下宿を引っ越して出費を抑える。【日めくり漱石/11月12日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)11月12日、ロンドン留学中の33歳…

  10.  

    日本人が好きなオペラの筆頭!プッチーニ作『ラ・ボエーム』が新国立劇場でまもなく上演

         

    温かなコートの下に少しだけお洒落をして、演奏会にでも出かけたくなる晩秋のこの時期。日本初のオ…

  11.  

    20世紀の写真史に輝く知られざる巨匠!「アルバレス・ブラボ」の写真展

         

    激動期のメキシコを静かな目で捉えた写真家、アルバレス・ブラボの写真展が、名古屋市美術館で開催されてい…

  12.  

    入院中の夏目漱石、病室で独自の「語学勉強法」を実践する。【日めくり漱石/11月11日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月11日、43歳の漱石は入院中の…

  13.  

    ブラジルの大地と家族を捉えた移民写真家「大原治雄」の愛ある眼差し

         

    文/高橋義隆山梨県にある清里フォトアートミュージアムにて「大原治雄 ブラジルの光、家…

  14.  

    【趣味をもう一度!料理編】インターネットを手引き書に料理の腕をふるってみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  15.  

    【趣味をもう一度!音楽編】しまいこんでいた楽器を久しぶりに奏でてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  16.  

    【趣味をもう一度!写真編】撮影した会心の一枚を「作品」に仕上げてみる【PR】

         

    サライ世代の暮らしに、もはやパソコンは欠かせないものになってきている。メールやネット検索が生活の「必…

  17.  

    夏目漱石、高浜虚子の小説集のための序文を書く。【日めくり漱石/11月10日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)11月10日、40歳の漱石は、東京・…

  18.  

    夏目漱石、妻・鏡子と外出時間をめぐって夫婦喧嘩する。【日めくり漱石/11月9日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち大正3年(1914)11月9日、47歳の漱石は昼過ぎに妻の…

  19.  

    英語教師・夏目漱石、佐賀の中学校で英語授業を視察する。【日めくり漱石/11月8日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)11月8日、熊本の第五高等学校の英語…

  20.  

    2人の大画家のうるわしき師弟愛!「拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え」展

         

    東京・丸の内の三菱一号館美術館では『拝啓 ルノワール先生 ―梅原龍三郎に息づく師の教え』と題する展覧…

  21.  

    夏目漱石、届いた柿を子供にすっかり食べられて残念至極。【日めくり漱石/11月7日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)11月7日の夏目家(東京・早稲田南町)…

  22.  

    クロマニョン人が残した洞窟壁画を最新技術で精密復元!「世界遺産 ラスコー展」

         

    世界遺産に指定されているフランスの「ラスコー壁画」を最新テクノロジーを駆使して復元・展示する展覧会が…

  23.  

    ロンドン留学中の夏目漱石、よからぬ噂から帰国を促される。【日めくり漱石/11月6日】

         

    今から114 年前の今日、すなわち明治35年(1902)11月6日、ロンドン留学中の35歳の…

  24.  

    夏目漱石、見舞いにもらった掛け軸に大いなる安らぎを感じる。【日めくり漱石/11月5日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)11月5日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  25.  

    春風亭一朝師匠がトリで『二番煎じ』を演る! 「第69回人形町らくだ亭」が12月5日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。12月の公演では春風亭一朝が主任(トリ)を勤め、『二番…

  26.  

    夏目漱石、3年住んだ千駄木の旧宅が火事で焼けたと知って驚く。【日めくり漱石/11月4日】

         

    漱石は東京・千駄木の家に、明治36年(1903)3月から3年半余りにわたって住んだ。…

  27.  

    夏目漱石、ロンドンの下宿で友人たちと俳句を楽しむ。【日めくり漱石/11月3日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)11月3日の夜、ロンドン留学中の34…

  28.  

    夏目漱石、芥川龍之介に『中央公論』への執筆を打診する。【日めくり漱石/11月2日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)11月2日、小雨の降る中、東京・早稲田…

  29.  

    カーメン・マクレエ|豊かな情感と構築力で歌の魅力を表現【ジャズ・ヴォーカル・コレクション14】

         

    文/後藤雅洋■遅いデビューの実力派ジャズ・ヴォーカルの世界では、昔から「エラ…

  30.  

    下吉田駅(富士急行大月線)富士山麓の風吹き抜ける瀟洒な駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第8回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)富士急行は、JR中央本線の大月駅から河口湖までを結ぶ…

PAGE TOP