新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 若き夏目漱石、兄に連れられ歌舞伎座へ観劇に出かける。【日めくり漱石/6月30日】

    まだ大学生の漱石が、兄の直矩(なおかた)に誘われて東京・銀座の歌舞伎座に出かけたのは、大学が休みに入ってまもない明治24年(1891)6月30日、つまり今から125 年前の今日のことだった。漱石には4人の兄がいた。このうち4…

  2. 夏目漱石、大好きな古都・鎌倉へ夏の小旅行に出かける。【日めくり漱石/6月29日】

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)6月29日は土曜日だった。4…

  3. 遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

    昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的…

  4. ルイ・アームストロング|ジャズの父、そしてジャズ・ヴォーカルの父【ジャズ・ヴォーカル・コレクション05】

    文/後藤雅洋■サッチモの偉さはどこに名前は知っていても、その実像の凄さがいま…

  5. 入院中の夏目漱石に「こんにゃく湿布」の荒療治が迫り来る。【日めくり漱石/6月28日】

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月28日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  6. 夏目漱石、輸入ものの運動器具を購入する。【日めくり漱石/6月27日】

  7. 傑作「桟敷席にて」が日本初公開!「母子像の画家」メアリー・カサット展

  8. 夏目漱石、寄席に出かけて3代目小さんの落語に聞き惚れる。【日めくり漱石/6月26日】

  9. 巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

  10. 【休日達人♯01】「一人茶会」で自分をもてなす/山口浩さん(駒澤大学教授)

  11. 夏目漱石が中学の英語教師として受け取った月給の額は?【日めくり漱石/6月25日】

  12. 新入り子猫がやってきた!44匹の子猫を救った「わさびちゃん母さん」の現在

  13. 名橋「日本橋」に刻まれた歴史と謎|ミステリアスな彫刻には意味がある!

  14. 夏目漱石、門弟に西洋料理を御馳走になってお腹をこわす。【日めくり漱石/6月24日】

  15. こんな家は御免だ!夏目漱石が「夏目家の家督」を継がなかった事情【日めくり漱石/6月23日】

  16. 夏目漱石、寺田寅彦から欧州土産をもらって大いに喜ぶ。【日めくり漱石/6月22日】

  17. 夏目漱石、窮乏にあえぐ門下生のために金を用立てる。【日めくり漱石/6月21日】

  18. 若き夏目漱石、東京で「明治期最大の地震」の直撃を受ける。【日めくり漱石/6月20日】

  19. 関東の一大勢力だった北条氏が一瞬にして滅びた理由

  20. 夏目漱石、連載小説『それから』の最初の原稿を新聞社に送る。【日めくり漱石/6月19日】

  21. 東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

  22. 夏目漱石、胃潰瘍の治療で「人生初の入院生活」を体験する。【日めくり漱石/6月18日】

  23. 汽車旅に出た夏目漱石!当時の「駅弁」には何が入ってた?【日めくり漱石/6月17日】

  24. 夏目漱石、熊本で「三陸大津波」の大惨事を知り驚愕する。【日めくり漱石/6月16日】

  25. 日韓の国宝仏が初のご対面!「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」展

  26. 夏目漱石が試験監督!東京帝国大学の英文学のテスト内容とは【日めくり漱石/6月15日】

  27. フランク・シナトラ|歌をリアルに伝える圧倒的な表現力と技術【ジャズ・ヴォーカル・コレクション04】

  28. 夏目漱石、子供のピアノ教師から難癖をつけられ困惑する。【日めくり漱石/6月14日】

  29. 夏目漱石、新たな連載『虞美人草』執筆のため自らカンヅメになる。【日めくり漱石/6月13日】

  30. 夏目漱石、朝日新聞に連載小説『それから』の予告文を書いて送る。【日めくり漱石/6月12日】

PAGE TOP