新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、とっておきの吉報をもって門下生の下宿を訪ねる。【日めくり漱石/11月30日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)11月30日、41歳の漱石は吉報を胸に、東京・牛込横寺町の正定院を訪問した。辺りは、夕闇に包まれはじめていた。漱石の傍らに、東京朝日新聞社員で門弟の坂本雪鳥が付き従っていた。…

  2.  

    今年の新語大賞は「トランプ・ショック」に決定!『大辞泉』編集部が「新語大賞2016」を発表

         

    毎年たくさんの新しい言葉が生まれは消えていくが、その年の世相を象徴する“新語”は、年末の恒例…

  3.  

    日本人の魂を揺さぶる伝統芸能の文物が集結!「日本の伝統芸能展」

         

    日本の伝統芸能を一堂に会した華やかな展覧会が、東京中央区の三井記念美術館で開催されています。(~20…

  4.  

    夏目漱石と鏡子夫人、幼い娘の突然の死に呆然自失となる。【日めくり漱石/11月29日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月29日の東京は、快晴であった。…

  5.  

    なぜ信長は鉄砲を導入できた?築城史の転換期「長篠の戦い」舞台裏

         

    観光名所として欠かせない“城”。国内旅行をする際は各地の城をめぐるのが楽しみという方もいらっ…

  6.  

    人間業とは思えない!「神の手」を持つ日本人作家たちの展覧会「神の手●ニッポン展Ⅱ」

         

    東京・目黒にある目黒雅叙園では、園内にある有形文化財「百段階段」にて、「神の手●ニッポン展Ⅱ」が開催…

  7.  

    夏目漱石、帝国劇場にイプセン『人形の家』を観に出かける。【日めくり漱石/11月28日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月28日、44歳の漱石は東京の空…

  8.  

    浮世絵と日本画をつないだ男!明治の浮世絵師・水野年方(みずのとしかた)展

         

    明治時代の浮世絵師、水野年方(みずの・としかた)の画業を振り返る、初の展覧会が太田記念美術館で開かれ…

  9.  

    夏目漱石、亡き友・正岡子規の半身像に在りし日の姿を偲ぶ。【日めくり漱石/11月27日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)11月27日、洋行帰りの38歳の漱石…

  10.  

    伊那八幡駅(JR飯田線)洋館停車場のスタイルを残す懐かしい駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第10回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)駅舎の改築が進むJR飯田線、そのなかで開業時の姿…

  11.  

    絶食明けの夏目漱石、病院で野菜を食べて生き返る心地を味わう。【日めくり漱石/11月26日】

         

    絶食状態にまで陥った病人が、回復途上で、少しずつものを口に入れられるようになり、次第に普通食…

  12.  

    ネコを撮るならカメラ目線で!写真家が教える「ネコの上手な撮り方」3つのコツ

         

    デジカメやスマホで気軽に高画質の写真が撮れるようになり、撮影を楽しむ人が増加している。それを…

  13.  

    夏目漱石、自ら主宰する「朝日文芸欄」が創設され大いに張り切る。【日めくり漱石/11月25日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)11月25日、東京朝日新聞に「文芸欄…

  14.  

    江戸で一番モテた男!天下のイケメン八代目・市川團十郎の人気ぶりがスゴイ

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)お江戸には、キラ星のごとき…

  15.  

    夏目漱石、カレンダーを睨みつつ執筆スケジュールを思案する。【日めくり漱石/11月24日】

         

    明治38年(1905)秋の漱石は、東京帝国大学と第一高等学校と明治大学と、3つの学校の講師を…

  16.  

    暴れん坊将軍は花がお好き!? 江戸に「お花見ブーム」仕掛けた徳川吉宗のスゴイ狙い

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)春のレジャーといえばお花見…

  17.  

    戦国ファン必見の展覧会!第一級の美術品や資料が全国から大集合「戦国時代」展

         

    日本の戦国時代とは、どんな時代であったのか。貴重な歴史資料を通して戦国という時代を検証する展覧会が、…

  18.  

    死期迫る夏目漱石、激しい胃痛と嘔吐をくりかえし重態に陥る。【日めくり漱石/11月23日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)11月23日、漱石の妻の鏡子は朝一番で…

  19.  

    軽快でスピード感溢れるロッシーニの傑作オペラ!喜歌劇「セビリアの理髪師」

         

    「オペラ・ブッファ」というオペラ専門用語がある。18世紀にイタリアで栄えた喜劇的なオペラのこ…

  20.  

    仏はここにおるのじゃ!京都・萬福寺に伝わる羅漢像の奇っ怪な姿(特別展「禅―心をかたちに―」より)

         

    文/田中昭三いま東京国立博物館で特別展「禅―心をかたちに―」が開催されている。日本の…

  21.  

    再発見された北斎肉筆の幻の絵巻!すみだ北斎美術館オープン記念「北斎の帰還」展

         

    浮世絵師、葛飾北斎は、1760(宝暦10)年に、本所割下水(わりげすい/現・墨田区亀沢)で生…

  22.  

    ロンドンの夏目漱石、師となるクレイグ博士を初めて訪問する。【日めくり漱石/11月22日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)11月22日、ロンドン留学中の33歳…

  23.  

    インフラの整備されっぷりがスゴイ!江戸は世界に冠たる「清潔都市」だった

         

    文/堀口茉純(PHP新書『江戸はスゴイ』より転載・再構成)江戸は、じつはインフラがと…

  24.  

    「測りきれない大きな人」――さだまさし、永六輔との最後の対談について語る

         

    談/さだ まさし(小学館『笑って、泣いて、考えて。――永六輔の尽きない話』より転載・再構成)…

  25.  

    夏目漱石、原稿用紙の右肩に不吉な3ケタの数字を記す。【日めくり漱石/11月21日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)11月21日、漱石は東京・早稲田南町の…

  26.  

    1日3食は江戸時代から!その意外な2つの理由とは【江戸庶民の食の知恵】

         

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、基本的に1日3食が当たり前ですが、これが…

  27.  

    偉大な版画家・棟方志功の全貌を見る!「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」展

         

    版画家として世界的に評価の高い棟方志功の展覧会が、大阪・あべのハルカス美術館で開催されていま…

  28.  

    夏目漱石、元同僚の英文学者・上田敏と自宅で語り合う。【日めくり漱石/11月20日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)11月20日、小春日和の穏やかな天気…

  29.  

    ひょうたんでナマズが押さえられるか?謎めいた禅画「瓢鮎図」に隠されたメッセージ

         

    文/田中昭三いま東京国立博物館では、特別展「禅―心をかたちに―」が開催されている。日…

  30.  

    見事な職人技が光る名品が勢揃い!「きせる・たばこ盆・たばこ入れに見る職人の技」展

         

    金工・漆芸の職人技が光る喫煙具の名品を集めた展覧会が、東京・墨田区のたばこと塩の博物館で開催…

PAGE TOP