新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    「人を観よ。金時計を観るなかれ。洋服を観るなかれ」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば55】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】 「人を観よ。金時計を観るなかれ。洋服を観…

  2.  

    圧巻の城壁!沖縄のマイナーだけど魅力的なグスク4つ

         

    写真・文/佐竹敦沖縄で「グスク」といえば、かつての琉球王国時代の城塞のこと。現在、世…

  3.  

    井伊直虎だけじゃない!戦国時代の女性は思いのほかたくましかった【時代劇、勝手に応援し隊 第四夜】

         

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)じつは私は、NHKラジオ第一で『DJ日本史』という番組のパ…

  4.  

    華麗にして斬新!戦後日本画の旗手・加山又造の画業をたどる大回顧展

         

    戦後日本画の革新を担う旗手として活躍した加山又造(1927-2004)は、その功績で1997…

  5.  

    「(漱石は)誰とでも交際する人ではないが友情に厚い人だった」(横地石太郎)【漱石と明治人のことば54】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6.  

    「登ってみもしないで選定するのは、履歴書だけで採否を決定するようなもの」(深田久彌)【漱石と明治人のことば53】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  7.  

    句を覚えるにはコツがある!老若男女関係なく楽しめる「競技かるた」基本のき

         

    アニメやドラマの題材にも使われ、昨今人気が高まっている「競技かるた」は、読手(どくしゅ)の読…

  8.  

    ガーシュウィン・セレクション|ジャズマンが愛した「名曲王」【ジャズ・ヴォーカル・コレクション22】

         

    文/後藤雅洋■スタンダードは「結果」ジョージ・ガーシュウィンはアメリカが誇る…

  9.  

    ニーナ・シモンの再来!注目の女性歌手「ブイカ」の来日公演【@ブルーノート東京】

         

    誰にでも、心の中には音楽の抽斗(ひきだし)がある。たとえば、ふと立ち寄ったカフェで、店内に流…

  10.  

    「どんな人でも、人びとから切り離されて新しい道を行ける人はいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば52】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  11.  

    選りすぐりの名刀約30振がそろい踏み!「超・日本刀入門」展(静嘉堂文庫美術館)

         

    武士の魂“日本刀”は、千年におよぶ歴史のなかで、武器として武人を鼓舞するだけでなく、美術品と…

  12.  

    実家で発見した懐かしき宝物!亡き父が思い出させてくれた「レコードへの愛」

         

    文・写真/インディ藤田(サライ編集部)「いつまでもあると思うな親と金」。子供の頃によ…

  13.  

    「男は喋るな、泣くな、白い歯は一生のうちに三度も見せればいい」(笠智衆)【漱石と明治人のことば51】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  14.  

    滝宮駅(高松琴平電鉄 琴平線)開業時の姿を残す大正モダンな洋館駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第20回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)高松築港駅から高松琴平電鉄(通称ことでん)に乗っ…

  15.  

    18世紀の二大都市「江戸」と「北京」を徹底比較!「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」展

         

    江戸の人口が100万人を超え、都市として著しい発達を遂げた18世紀は、中国では北京が清朝の首…

  16.  

    「あなたが今まく種は、やがてあなたが収むべき未来となる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば50】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  17.  

    音と絵の時空を超えた邂逅!サライ編集長が思わず「ジャケ買い」した一枚のレコード

         

    文・写真/小坂真吾(サライ編集長)3月号の『サライ』では「猫」とともに「レコード」を…

  18.  

    日本初公開の展示品が目白押し!英国で生まれ世界中で愛される「ピーターラビット」の大展覧会

         

    英国女性ビアトリクス・ポターによって生み出され、今や世界中で愛されているピーターラビット。『ピーター…

  19.  

    「もしもたくさんのいのちの為に、どうしても一つのいのちが入用なときは」(宮沢賢治)【漱石と明治人のことば49】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  20.  

    【サライ氏の日常 01】わが自慢のワードローブ。

         

    漫画/なかむらるみイラストレーター。1980年東京都新宿区生まれ。武蔵野美術大学…

  21.  

    「翌(あす)からは禁酒の酒がこぼれる」(荻原井泉水)【漱石と明治人のことば48】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  22.  

    カントもディケンズも!散歩を愛した偉人たちに学ぶ「散歩の効能」【大人のための発想術 第2回】

         

    「愛の幸福な瞬間、そよ風の楽しさ、明るい朝に散歩して新鮮な空気の香りをかぐこと。こういったこ…

  23.  

    「今にその子供が大きくなって、御前から離れて行く時期が来る」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば47】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  24.  

    塔は「逓減」を見るべし!五重塔など「仏塔」観察のコツ

         

    文/佐竹敦日本には、江戸時代以前に建てられた仏塔が、関西を中心に実に128基(五重塔…

  25.  

    「いれものがない両手でうける」(尾崎放哉)【漱石と明治人のことば46】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  26.  

    猫を愛でつつカレーライスに舌鼓!京都・今出川通りの猫がいるカフェ「たまゆらん」

         

    文・写真/インディ藤田(サライ編集部)最近、いわゆる野良猫を見る機会が減ったように思…

  27.  

    「生きることこそ、人間のたったひとつの目的である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば45】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  28.  

    【江戸クイズ】江戸城で将軍が大奥へと行き来した廊下の名前は?お城の裏側クイズ4問

         

    江戸時代の政治の中心であり、将軍の住まいでもあった江戸城。今は石垣など城の面影を残すのみとな…

  29.  

    「自分は幸福者だと思い込んでいたからこそ、どんな窮地も乗り越えられた」(高橋是清)【漱石と明治人のことば44】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  30.  

    【江戸クイズ】「このご紋が目に入らぬか!」の印籠は何を入れるものだった?時代劇クイズ4問

         

    「この紋所が目に入らぬか!」のセリフでおなじみの水戸黄門から、銭形平次、大岡越前、まで、「江…

PAGE TOP