新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    日本各地の食の魅力を再発見!LEXUS × SUGALABOが贈る季節限定のひと皿

         

    「日本の各地をクルマで旅し、日本の魅力をもっと知ってもらいたい」との想いから、地域に眠る魅力を発掘する活動に取り組んできた高級車ブランドのLEXUS(レクサス)。既成概念にとらわれることのないアプローチが特色だが、いままた、かつてな…

  2.  

    ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)12月26日、33歳の漱石は英国ロン…

  3.  

    夏目漱石、腕の痛みをリューマチのせいではと思い込む。【日めくり漱石/12月25日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)12月25日、48歳の漱石は原稿を書こ…

  4.  

    登別駅(JR室蘭本線)北の名湯の玄関口【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第14回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)すっかり雪景色になった登別駅を訪ねた。ここは北海…

  5.  

    考古学の父シュリーマンが挑んだ巨人の城!謎の「ティリンス遺跡」発掘記録の全貌が初公開

         

    「考古学の父」シュリーマンの足跡を辿る展覧会が、名古屋市博物館で開催されています。(~2017年1月…

  6.  

    夏目漱石、ファンから猫のカレンダーをもらってご満悦。【日めくり漱石/12月24日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月24日、漱石は東京・千駄木の自…

  7.  

    年の瀬の夏目漱石、元日の新聞に掲載する随筆原稿を書く。【日めくり漱石/12月23日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月23日、漱石はひとりぽつんと机…

  8.  

    上州一ノ宮駅(上信電鉄)風格あふれる古き良き洋館駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第13回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)高崎から乗った上信電鉄の電車が世界遺産富岡製糸場…

  9.  

    神々しい名峰たちと懐かしき日本の原風景!「向井潤吉が描いた山と民家」展

         

    ひと昔前にはあった日本の懐かしい風景に会うことのできる展覧会が、東京都世田谷区の向井潤吉アトリエ館で…

  10.  

    夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月22日は日曜日で、夕方5時から、…

  11.  

    原稿執筆が一段落した夏目漱石、嬉々として上野の料理屋に向かう。【日めくり漱石/12月21日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月21日、38歳の漱石は夕方にな…

  12.  

    オペラに足を踏み入れるきっかけに!超有名作『カルメン』の新春公演@新国立劇場

         

    音楽、演劇、文学、美術、とあらゆる芸術が一体となったオペラ。だからオペラの劇場には、クラシッ…

  13.  

    夏目漱石、ロンドンでの体験をもとに短篇小説を書き上げる。【日めくり漱石/12月20日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月20日、漱石は東京帝国大学で受…

  14.  

    信長が誕生させた「幻の名城」安土城の全貌

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回の記事「なんと赤や青の石垣も!…

  15.  

    樂家歴代の名茶碗を一挙公開!「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」展

         

    利休が求めた理想の茶碗、樂焼の歴代の名品が一堂にそろう展覧会が、京都国立近代美術館で開催され…

  16.  

    夏目漱石、初めて食べたあるものに「頗るうまい」と感嘆する。【日めくり漱石/12月19日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月19日、37歳の漱石は東京・下…

  17.  

    夏目漱石、自分の見合い話のことで実兄に腹を立てる。【日めくり漱石/12月18日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月18日、寒気つのる愛媛県松山の…

  18.  

    青磁の究極の名品が来日!「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」展

         

    北宋汝窯の最高傑作、青磁水仙盆が出品される展覧会が、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されています…

  19.  

    次男が生まれた夏目漱石、赤子の顔を見て意中の名前を撤回する。【日めくり漱石/12月17日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)12月17日、漱石と鏡子の間に6番目…

  20.  

    握り寿司誕生の裏に「お酢の革命」あり!寿司酢に砂糖を入れるワケ【江戸庶民の食の知恵】

         

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、すし(鮨/鮓/寿司)といえば…

  21.  

    夏目漱石、締め切り間近の小説の執筆に追われる。【日めくり漱石/12月16日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月16日は日曜日で、学校教師でも…

  22.  

    月岡駅(富山地方鉄道上滝線)北アルプスの絶景を見晴らす小さな駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第12回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)その昔、京都と大阪を結んでいた京阪電鉄の3000…

  23.  

    留学中の夏目漱石、ネタを探してロンドンの町を歩き回る。【日めくり漱石/12月15日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)12月15日は日曜日だった。…

  24.  

    雨の日こそシャッターチャンス!「水滴」を利用して芸術的な写真を撮るコツ

         

    カメラを通して風景や人物の写真を撮っていると、やがて「より芸術的な一枚を撮ってみたい」との欲求が湧い…

  25.  

    夏目漱石、子規からの手紙で意外な事実を知らされ驚く。【日めくり漱石/12月14日】

         

    今から124 年前の今日、すなわち明治25年(1892)12月14日、25歳の漱石は、高校時…

  26.  

    今年で881年目!奈良・若宮神社の古の祭礼「おん祭」と春日信仰の美術展

         

    880年の歴史をもつ「おん祭」と、奈良ならではの春日信仰の歴史を伝える展覧会が、奈良国立博物…

  27.  

    ヘレン・メリル|深い情感をたたえるハスキー・ヴォイス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション17】

         

    文/後藤雅洋■“大人のジャズ”の声ジャズを聴き始めて最初に好きになったジ…

  28.  

    夏目漱石、瓦斯ストーブをつけて子供たちと唱歌をうたう。【日めくり漱石/12月13日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月13日の朝、漱石は謡の先生であ…

  29.  

    なんと赤や青の石垣も!地域によってここまで違う「城の石垣と瓦」

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回の記事「秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続…

  30.  

    夏目漱石、知人から虎猫のミーを引き取って飼い始める。【日めくり漱石/12月12日】

         

    今から114 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月12日、45歳の漱石は風変わりな…

PAGE TOP