新着記事

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

小学生の時には誰しも行ったことのある、工場見学。大人になって訪れると、より深い視点から見るこ…

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

あなたはなぜ働いているのですか? そんな問いにあなたはどう答えるのだろうか? 多くの人は「報酬」…

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

いくつになってもスポーツに取り組むことが健康寿命延伸の秘訣とはよく言われることだ。今回、「100…

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

世界中の旅行者の34%*が「ミニマリズムは最も魅力的なインテリアデザインである」と回答し、世…

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

人生100年時代と言われる現代。定年退職後の生活に不安を感じている人も少なくないだろう。…

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司民俗学者の柳田國男(1875~1962年)は日本人…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    家康サイコー!大河ドラマ「真田丸」徳川家康の描き方にあえて物申す【時代劇、勝手に応援し隊 第一夜】

         

    文/堀口茉純(お江戸ル/歴史作家)私の人生を変えた時代劇が二本ある。大河ドラマ「秀吉」と三谷幸喜先生脚本のドラマ「龍馬におまかせ!」だ。どちらも96年制作。当時中学1年生だった私はあまりの面白さに衝撃を受け、自分も歴史を伝え…

  2.  

    夏目漱石、『ホトトギス』発行人の高浜虚子に苦言を呈する。【日めくり漱石/12月11日】

         

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)12月11日、熊本にいる32歳の漱石…

  3.  

    死せる夏目漱石、東大の病理解剖室へと運ばれる。【日めくり漱石/12月10日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)12月10日の深夜、午前1時20分、漱…

  4.  

    本場のオペラを映画館のスクリーンで!迫力の「METライブビューイング」名作続々上映中

         

    ニューヨークの芸術の殿堂、リンカーンセンターの真ん中に位置するのが『メトロポリタン歌劇場』(…

  5.  

    夏目漱石、家族や門弟たちに見送られて黄泉の国に旅立つ。【日めくり漱石/12月9日】

         

    東京・早稲田南町の自邸、通称「漱石山房」で病床についている漱石の様子を見て、主治医の真鍋嘉一…

  6.  

    夏目漱石、上野で見た中国古書画展に深い感銘を受ける。【日めくり漱石/12月8日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)12月8日、46歳の漱石は東京・早稲田…

  7.  

    柳家さん喬師匠がトリで『夢金』を口演! 「第70回人形町らくだ亭」は1月17日に開催

         

    江戸に大雪の降りしきる晩、 大川を下る舟の上での出来事『サライ』が主催する落語会「人形町らく…

  8.  

    死期迫る病床の夏目漱石に、妻・鏡子が見せた気丈な優しさ。【日めくり漱石/12月7日】

         

    今からちょうど100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)12月7日、東京・早稲田南町の…

  9.  

    1日に何度も入浴するのはNG!温泉療法専門医が解説する「温泉の正しい入り方」

         

    日本人は大のお風呂好き。しかし、正しい入浴法を誰かから教わる機会はなかなかありません。この連…

  10.  

    巨匠の作品を通して日本画の基本を学べる!「教えて巨匠!日本画ってなぁに?」展

         

    知っているようで知らない日本画の基本を教えてくれる展覧会が、島根県安来市の足立美術館で開催さ…

  11.  

    夏目漱石、診療所の顕微鏡で細菌を覗き見て感動する。【日めくり漱石/12月6日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月6日の東京は、晴れていたが、風…

  12.  

    秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回の記事「なぜ信長は鉄砲を導入で…

  13.  

    夏目漱石、旧友が戻ってくるとの噂を聞いてちょっと焦る。【日めくり漱石/12月5日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月5日、39歳の漱石は勤務先の第…

  14.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  15.  

    山寺駅(JR仙山線)紅葉映える芭蕉ゆかりの名駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第11回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)11月のよく晴れた朝、山寺駅を訪ねた。この駅は山…

  16.  

    夏目漱石、亡き娘の位牌のそばで皆といっしょに食事をとる。【日めくり漱石/12月4日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月4日の朝、44歳の漱石は東京・…

  17.  

    71台のフェラーリが秋の京都に集結!フェラーリ最高峰のドライビング・イベントが日本で初開催

         

    2016年11月10日、絶好の行楽シーズンを迎えていた京都。木々が紅く染まる姿を楽しみに京都…

  18.  

    筆が進まぬ夏目漱石、妻・鏡子と一緒に義太夫を聴きに出かける。【日めくり漱石/12月3日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月3日、45歳の漱石は妻の鏡子を連…

  19.  

    クリスマスのBGMに最適!聖夜を彩るジャズ・ヴォーカル・クリスマス【ジャズ・ヴォーカル・コレクション16】

         

    文/後藤雅洋■日本のクリスマス風俗クリスマスの想い出は、世代によって違うので…

  20.  

    夏目漱石、幼くして急逝した末娘の葬儀をとりおこなう。【日めくり漱石/12月2日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)12月2日、44歳の漱石は3日前に急…

  21.  

    特別ゲストが参加決定!ジャズ界最高峰バンド「フォープレイ」年末カウントダウン・ライブ【@ブルーノート東京】

         

    「フォープレイ」はその名の通り、4人の名ジャズプレイヤーが集結したドリームバンド。 1990…

  22.  

    「おんな城主 直虎」で話題!井伊家の名城・彦根城にまつわる5つのトリビア

         

    放映中の「真田丸」に続き、2017年1月8日から放送開始予定のNHK大河ドラマ「おんな城主 …

  23.  

    夏目漱石、門弟の窮状を見かねて友人に一筆したためる。【日めくり漱石/12月1日】

         

    今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)12月1日、46歳の漱石はまだ東京帝国…

  24.  

    解体新書の挿絵を描いたサムライ画家!「小田野直武と秋田蘭画」展

         

    歴史の教科書でもお馴染の『解体新書』の挿絵を描いた、小田野直武(おだのなおたけ)の展覧会がサ…

  25.  

    夏目漱石、とっておきの吉報をもって門下生の下宿を訪ねる。【日めくり漱石/11月30日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)11月30日、41歳の漱石は吉報を胸…

  26.  

    今年の新語大賞は「トランプ・ショック」に決定!『大辞泉』編集部が「新語大賞2016」を発表

         

    毎年たくさんの新しい言葉が生まれは消えていくが、その年の世相を象徴する“新語”は、年末の恒例…

  27.  

    日本人の魂を揺さぶる伝統芸能の文物が集結!「日本の伝統芸能展」

         

    日本の伝統芸能を一堂に会した華やかな展覧会が、東京中央区の三井記念美術館で開催されています。(~20…

  28.  

    夏目漱石と鏡子夫人、幼い娘の突然の死に呆然自失となる。【日めくり漱石/11月29日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)11月29日の東京は、快晴であった。…

  29.  

    なぜ信長は鉄砲を導入できた?築城史の転換期「長篠の戦い」舞台裏

         

    観光名所として欠かせない“城”。国内旅行をする際は各地の城をめぐるのが楽しみという方もいらっ…

  30.  

    人間業とは思えない!「神の手」を持つ日本人作家たちの展覧会「神の手●ニッポン展Ⅱ」

         

    東京・目黒にある目黒雅叙園では、園内にある有形文化財「百段階段」にて、「神の手●ニッポン展Ⅱ」が開催…

PAGE TOP