新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる…

本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝…

一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR]

「人生100年時代」と言われている今、「長生きするなら仕事もしないと」「一度しかない人生、好きなこと…

「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ

招き猫、タイトルに猫がつくゲームから、猫脚の家具まで幅広いアイテムが登場本物そっくり、ハンド…

高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. いざ駅弁味の陣!熾烈な決戦を制してきた4つの歴代「駅弁大将軍」を一挙披露

    思い出に残る旅行に欠かせないものといえば、手軽な価格でご当地の味を楽しめる「駅弁」。津々浦々の個性ある駅弁を車窓とともに味わうのも、鉄道旅行の大きな楽しみだ。JR東日本では、地域の特色を活かした駅弁を紹介しつつナンバーワンを選ぶ企画…

  2. 夏目漱石、能書家の友人に戒名を書いてほしいと依頼する。【日めくり漱石/10月23日】

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)10月23日、44歳の漱石は、鎌倉に…

  3. 夏目漱石、パリでエッフェル塔に昇り度肝を抜かれる。【日めくり漱石/10月22日】

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)10月22日、33歳の漱石は一緒に渡…

  4. 思わず息を呑む四季折々の富士の絶景!富塚晴夫写真展「富士山水紀行」展

    山中湖畔にスタジオを構え、富士山を撮り続けている写真家がいる。富塚晴夫さん、69歳。四季折々…

  5. 夏目漱石、秘密の手紙を隠し持ったまま長い散策に出る。【日めくり漱石/10月21日】

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)10月21日、39歳の漱石は門弟で俳…

  6. 猫の写真がもっと可愛く撮れる!覚えておきたい「猫撮り」撮影5つのポイント

  7. 80歳、最初の挑戦!「左手のピアニスト」舘野泉の傘寿記念コンサート

  8. 夏目漱石、病院のベッドの上で原稿を書きはじめる。【日めくり漱石/10月20日】

  9. 江戸城に「天守」がないのは何故?再建に「待った」がかかった驚きの理由とは

  10. お江戸のド真ん中で秋の美術館巡りを楽しむ!「EDO TOKYO NIPPON アートフェス 2016」

  11. 夏目漱石、長い航海を経ていよいよヨーロッパの土を踏む。【日めくり漱石/10月19日】

  12. チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

  13. 坂本龍馬の貴重な直筆書簡が沢山あるぜよ!「没後150年 坂本龍馬」展

  14. 夏目漱石、「こんなんじゃ落第だぞ」と学生たちに喝を入れる。【日めくり漱石/10月18日】

  15. 出雲横田駅(JR木次線)神社と見まがう和風駅舎の傑作【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第7回】

  16. 夏目漱石、主治医のためにとっておきの贈り物を注文する。【日めくり漱石/10月17日】

  17. 真田丸で激突した「もうひとつの赤備え」井伊直孝が戦いで得た生涯の教訓とは

  18. 時を超えて魅せる妖艶な美!史上最大規模の大回顧展「クラーナハ―500年後の誘惑」展

  19. 人生の悩みを抱えた夏目漱石、答えを求めて寺に引っ越す。【日めくり漱石/10月16日】

  20. 病み上がりの夏目漱石、フラフラして手紙も書けない。【日めくり漱石/10月15日】

  21. 宗派を問わず本格的に仏教を学べる!初心者OKの通信制の仏教塾「東京国際仏教塾」

  22. 夏目漱石、下関と広島をたった一日で見物してまわる。【日めくり漱石/10月14日】

  23. 洋から和まで何でもござれ!東京駅の名建築家・辰野金吾のマルチすぎる世界

  24. 超絶技巧の漆芸美が目白押し!静嘉堂文庫の漆芸名品展―うるしで伝える美の世界―

  25. 夏目漱石、上野の展覧会で「芸術の本質」について悟る。【日めくり漱石/10月13日】

  26. ポスターから教則本まで!珍しい展示品もまじえミュシャの全貌に迫る「ミュシャ展」

  27. 夏目漱石、東京へ帰る友・正岡子規に送別の句を贈る。【日めくり漱石/10月12日】

  28. 地下世界から現れたおびただしい兵士たち!始皇帝陵「兵馬俑」の等身大像の謎

  29. ゴッホとゴーギャン二人の関係性に迫る日本初の試み!「ゴッホとゴーギャン展」

  30. 夏目漱石、客の急増に閉口して週一回の「面会日」を定める。【日めくり漱石/10月11日】

PAGE TOP