新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

テレビを見ていて、音がちゃんと聞き取れず、“聞き逃し”をしてストレスを感じた経験はありません…

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉…

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

写真・文/矢崎海里外国産も多く出回っているにんにくですが、5月~7月に旬を迎える野菜です。…

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

野外から日用まで使える、モンベル製の折りたたみ傘をご紹介。遮熱性能が高く、紫外線カット率99…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「旅はどんなに私に生々としたもの、自由なも…

  2.  

    「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  3.  

    ふわふわもプチプチ潰しも肉球ぷにぷにも!「触覚の快楽」が創造性を導く【大人のための発想術 第5回】

         

    「触ってごらん、ウールだよ」という名キャッチコピーを覚えているだろうか。思わず触りたくなる羊…

  4.  

    来宮駅(JR伊東線)熱海の温泉街にたたずむ南国洋館風モダン駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第23回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)熱海駅から伊東線の電車に乗った。電車は東海道線で…

  5.  

    「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6.  

    世界が認めたおそるべき画力!世界屈指の「河鍋暁斎コレクション」が英国から東京・渋谷に里帰り中

         

    幕末から明治時代にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべきょうさい/1831~89)は、日本…

  7.  

    「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  8.  

    【江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

         

    歌舞伎や浮世絵など様々な文化が生まれ、医学や工業の技術も発達した江戸時代。後期には欧米人がや…

  9.  

    超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

         

    文/堀口茉純(お江戸ル、歴史作家)宝塚歌劇団で4月から『幕末太陽傳』の舞台が始まるが、原作は…

  10.  

    初摺(しょずり)ならではの濃密な色彩に感動!至高の浮世絵を堪能できる「広重ビビッド」展 

         

    浮世絵は、絵師が描いた下絵をもとに、彫師が版木に図柄を彫り、摺師が版木をもとに色付けして完成する分業…

  11.  

    「もっとも謹慎すべきは全盛期である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば74】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  12.  

    これが幕末男たちの面構え!日本写真史の夜明けを貴重な写真でひもとく展覧会

         

    1839年、フランス人のダゲールが銀板を用いた初の写真法を発表。そのわずか4年後には、オラン…

  13.  

    【江戸クイズ】幕府公認のたった3つの芝居小屋とは? 江戸時代の芝居雑学クイズ4問

         

    江戸の人々の娯楽のなかでも、芝居見物は最大の楽しみだったそうです。現在も歌舞伎など伝統芸能の…

  14.  

    当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

         

    当サイト『サライ.jp』に「ひと皿の歳時記」を連載していた山本益博さんプロデュースによる落語イベント…

  15.  

    少年時代を思い出して涙する!今こそ聞きたい「こころに響く日本の歌」3選

         

    「子供の頃に聞いていた歌を口ずさむと、何十年も前の思い出がよみがえり、優しく慕わしい気持ちに…

  16.  

    「私は大河の水の一滴に過ぎない」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば73】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  17.  

    兵庫県を代表する二大名窯の名品が集結!「丹波焼と三田焼の粋を集めて」展

         

    平安末期(12世紀後半)に丹波国(現・篠山市今田)で創製された丹波焼。当初は壺・甕(かめ)・…

  18.  

    至高のペア!? 国宝の塔とお堂が並び建っている寺7つ

         

    文・写真/佐竹敦共に国宝に指定されている塔とお堂を一望することができるという、最高級の贅沢を…

  19.  

    「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  20.  

    「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  21.  

    【江戸クイズ】日光・奥州道中の最初の宿場町は?江戸時代の旅事情クイズ5問

         

    いつもと違う景色や食事を楽しめる旅行は楽しいですよね。それは現代人に限らず、江戸時代の人々も…

  22.  

    感受性を高める簡単な方法!名曲に勝手にタイトルを付けてみる【大人のための発想術 第4回】

         

    音楽鑑賞が趣味、という人は多い。が、予備知識や蘊蓄を仕込むことに追われ、純粋に音楽を楽しめて…

  23.  

    時代を超越したグラフィックデザインの先駆者!「杉浦非水~開花するモダンデザイン~」展

         

    文/藤田麻希明治から大正時代にかけて、百貨店は今とは比べものにならないほど、ハイカラで最先端…

  24.  

    「何らかの目的をもって生まれてくる人間などいない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば70】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  25.  

    【サライ氏の日常 03】わが精神修養の方法。

         

    漫画/なかむらるみイラストレーター。1980年東京都新宿区生まれ。武蔵野美術大学…

  26.  

    「自分は周囲が言っているほどの奇人ではない」(南方熊楠)【漱石と明治人のことば69】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  27.  

    古今亭志ん輔師匠がトリで『愛宕山』を口演! 「第71回人形町らくだ亭」4月17日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。2017年4月の公演では古今亭志ん輔が主任(トリ)を勤…

  28.  

    アウトサイダーアートの巨匠による壮大な異世界の叙事詩!「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」展

         

    美術の制度の外側にある人たち、すなわち独学者や子どもたちによって生み出された美術表現を「アウトサイダ…

  29.  

    「電車に乗るよりも、人の背に負われて浅瀬を越した方が情が深い」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば68】

         

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  30.  

    イタリア・オペラの最高峰『オテロ』@新国立劇場【ご招待あり】

         

    名作オペラには文豪の作品を原作にしたものが数多くあるが、オペラ化された作品が多い文豪といえば…

PAGE TOP