新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

文・写真/羽生のり子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)スペイン国境に近いピレ…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などで、太ももの裏におきる痛…

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

昔、縁側で父親が爪を切っていたときに聞こえてきた、パチパチという小気味よい音。ニッパー型の爪…

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインタ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/12月30日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)12月30日、漱石は東京・内幸町の長与胃腸病院の特別個室にいた。長い入院生活の中、体は漸次、回復してきている。ベッドから置き直って机に向かって原稿や手紙を書いたり、付き…

  2.  

    時代を感じさせない普遍的なデザインの秘密に迫る!マリメッコ展

         

    フィンランドのデザインハウス・マリメッコに関する展覧会が、東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージ…

  3.  

    夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日めくり漱石/12月29日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月29日、39歳の漱石は、朝から…

  4.  

    凄まじき画力と迫力!鬼才浮世絵師・月岡芳年の代表作を堪能できる大回顧展

         

    鬼と呼ばれた浮世絵師・月岡芳年の迫力満点の展覧会が、島根県益田市の島根県立石見美術館で開催さ…

  5.  

    松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石/12月28日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月28日、28歳の漱石は東京・虎…

  6.  

    昭和のジャズ・ヴォーカル|世界に飛び出した日本のジャズの歌姫たち【ジャズ・ヴォーカル・コレクション18 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.2】

         

    文/後藤雅洋■日本的ジャズという個性第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.…

  7.  

    遺物から感じる古代オリンピックの息吹!「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」展

         

    2020年東京五輪に向けて、オリンピック発祥の地、ギリシャが誇る古代美術の展覧会が、神戸市立博物館で…

  8.  

    夏目漱石、怪しげな訪問者からの面会依頼をきっぱり断る。【日めくり漱石/12月27日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月27日、42歳の漱石は妙な抗議…

  9.  

    日本各地の食の魅力を再発見!LEXUS × SUGALABOが贈る季節限定のひと皿

         

    「日本の各地をクルマで旅し、日本の魅力をもっと知ってもらいたい」との想いから、地域に眠る魅力…

  10.  

    ロンドンの夏目漱石、初のクリスマス体験を妻・鏡子に手紙で報せる。【日めくり漱石/12月26日】

         

    今から116 年前の今日、すなわち明治33年(1900)12月26日、33歳の漱石は英国ロン…

  11.  

    夏目漱石、腕の痛みをリューマチのせいではと思い込む。【日めくり漱石/12月25日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)12月25日、48歳の漱石は原稿を書こ…

  12.  

    登別駅(JR室蘭本線)北の名湯の玄関口【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第14回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)すっかり雪景色になった登別駅を訪ねた。ここは北海…

  13.  

    考古学の父シュリーマンが挑んだ巨人の城!謎の「ティリンス遺跡」発掘記録の全貌が初公開

         

    「考古学の父」シュリーマンの足跡を辿る展覧会が、名古屋市博物館で開催されています。(~2017年1月…

  14.  

    夏目漱石、ファンから猫のカレンダーをもらってご満悦。【日めくり漱石/12月24日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月24日、漱石は東京・千駄木の自…

  15.  

    年の瀬の夏目漱石、元日の新聞に掲載する随筆原稿を書く。【日めくり漱石/12月23日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)12月23日、漱石はひとりぽつんと机…

  16.  

    上州一ノ宮駅(上信電鉄)風格あふれる古き良き洋館駅舎【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第13回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)高崎から乗った上信電鉄の電車が世界遺産富岡製糸場…

  17.  

    神々しい名峰たちと懐かしき日本の原風景!「向井潤吉が描いた山と民家」展

         

    ひと昔前にはあった日本の懐かしい風景に会うことのできる展覧会が、東京都世田谷区の向井潤吉アトリエ館で…

  18.  

    夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)12月22日は日曜日で、夕方5時から、…

  19.  

    原稿執筆が一段落した夏目漱石、嬉々として上野の料理屋に向かう。【日めくり漱石/12月21日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)12月21日、38歳の漱石は夕方にな…

  20.  

    オペラに足を踏み入れるきっかけに!超有名作『カルメン』の新春公演@新国立劇場

         

    音楽、演劇、文学、美術、とあらゆる芸術が一体となったオペラ。だからオペラの劇場には、クラシッ…

  21.  

    夏目漱石、ロンドンでの体験をもとに短篇小説を書き上げる。【日めくり漱石/12月20日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月20日、漱石は東京帝国大学で受…

  22.  

    信長が誕生させた「幻の名城」安土城の全貌

         

    軍事施設としての城の楽しみ方をご紹介するこの連載。前回の記事「なんと赤や青の石垣も!…

  23.  

    樂家歴代の名茶碗を一挙公開!「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」展

         

    利休が求めた理想の茶碗、樂焼の歴代の名品が一堂にそろう展覧会が、京都国立近代美術館で開催され…

  24.  

    夏目漱石、初めて食べたあるものに「頗るうまい」と感嘆する。【日めくり漱石/12月19日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)12月19日、37歳の漱石は東京・下…

  25.  

    夏目漱石、自分の見合い話のことで実兄に腹を立てる。【日めくり漱石/12月18日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)12月18日、寒気つのる愛媛県松山の…

  26.  

    青磁の究極の名品が来日!「台北 國立故宮博物院―北宋汝窯青磁水仙盆」展

         

    北宋汝窯の最高傑作、青磁水仙盆が出品される展覧会が、大阪市立東洋陶磁美術館で開催されています…

  27.  

    次男が生まれた夏目漱石、赤子の顔を見て意中の名前を撤回する。【日めくり漱石/12月17日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)12月17日、漱石と鏡子の間に6番目…

  28.  

    握り寿司誕生の裏に「お酢の革命」あり!寿司酢に砂糖を入れるワケ【江戸庶民の食の知恵】

         

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、すし(鮨/鮓/寿司)といえば…

  29.  

    夏目漱石、締め切り間近の小説の執筆に追われる。【日めくり漱石/12月16日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)12月16日は日曜日で、学校教師でも…

  30.  

    月岡駅(富山地方鉄道上滝線)北アルプスの絶景を見晴らす小さな駅【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第12回】

         

    文・写真/杉﨑行恭(フォトライター)その昔、京都と大阪を結んでいた京阪電鉄の3000…

PAGE TOP