サライ.jp

1年ほどセリカに乗ったところで車検を迎えたため、これを機に友人に売却。その数か月後、走行中にエンジンから出火し、廃車になったことを知らされます。

セリカと入れ替えで購入したのは、トヨタの3代目『カローラレビン(TE71型)』でした。

ハードトップかセダンのモデルを探していたものの、たまたま中古車店で目にした個体に惚れ込み、その場で購入します

ハードトップかセダンのモデルを探していたものの、たまたま中古車店で目にした個体に惚れ込み、その場で購入します

「『セリカ2000GT』と悩んだのですが、後々の維持費を考えてレビンを選びました。購入時の距離計は1万5千キロだったのですが、中古車店の店長から『距離計なんかアテにならないよ』と言われたので、実際はもっと走っていたのかもしれません。アクセルを踏めば気持ちよく加速し、排気音もいい。本当にいいクルマでした」

哲浩さんは『カローラレビン』を気に入り、時間があればツーリングに出かけていたそうです。足回り、シート、ハンドルと、コツコツと手を加えて好みの仕様に仕上げます。

『カローラレビン』には3年ほど乗り、車検を機に売却。「もっとパワーのある車に乗ってみたい」と、トヨタの3代目『チェイサー(GX71型)』を新車で購入します。

車検の際に持ち込んだディーラーのスタッフですら、GTツインターボSの存在を知らなかったとか

車検の際に持ち込んだディーラーのスタッフですら、GTツインターボSの存在を知らなかったとか

チェイサーと聞くと、誰しもが「マークⅡの姉妹車で、豪華な装備を持ったクルマ」というイメージを思い浮かべます。しかし哲浩さんの購入した『GTツインターボS』は、豪華装備はおろかエアコンやパワーウィンドゥすら省いたスパルタンなグレードで、購入した人がほとんどいなかった、今となってはとてもレアな一台でした。

「期待していた通りにパワーはあったのですが、『とても乗りづらい』というのが最初の印象でした。ボディの剛性が足りないことと、足回りの弱さが原因だとすぐに分かったので、それぞれをアフターパーツで補強することで、そこそこ走ってくれるクルマになりました。それでもすぐにアライメントが狂ってしまうため、定期的に調整をしていましたね」

20代後半に入り、チェイサーでクルマ趣味を楽しみつつ、独立開業を目指して仕事に精を出す哲浩さん。しかしバブル崩壊により景気が急速に後退。独立開業の予定にも黄色信号が灯ります……。

【後編】へ続きます!

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
3月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品