新着記事

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

さんまの梅しそ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その2~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! 夫を変えた妻のアイデア~その1~

【夫婦の距離】定年後の趣味がご近所トラブルに! トラブルメーカーの夫を変えた妻の提案~その1~

なるほど! 腰痛・坐骨神経痛 なかなか治らない原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

なかなか治らない腰痛・坐骨神経痛|痛みの原因は深部の筋肉【川口陽海の腰痛改善教室 第18回】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終了した三菱の『ギャランVR-4』を「あがりの一台」と誓う(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

『マツダスポーツカークラブ』に加入し、より深くラリー競技にのめり込む遠藤彰さん(62歳)。それまでドライバー主体に活動してきたものの、トップラリードライバーのナビゲーター(コドライバー)を務めるうちに、心の変化が訪れます。

【前編】はこちらに

91年『全日本ラリー選手権』シリーズのCクラスに、遠藤彰さんは『アドバン・ラリーチーム(55号車)』のナビゲーターとして出場。山内伸弥氏のドライビングのもと、見事に年間チャンピオンを獲得します!

91年『全日本ラリー選手権』シリーズのCクラスに、遠藤彰さんは『アドバン・ラリーチーム(55号車)』のナビゲーターとして出場。山内伸弥氏のドライビングのもと、見事に年間チャンピオンを獲得します!

自分は名ドライバーにはなれない……。限界を知り、ドライバーからナビゲーター(コドライバー)へと転向

34歳を迎えた彰さん。お子さん(ご長男)を授かったのを機に、ラリー仕様であったマツダの6代目『ファミリア』を手放し、三菱の6代目『ギャラン』を購入します。

『AMG』は、現『メルセデスAMG』がチューニングを手がけた特別なグレード。彰さんのギャランは見た目こそノーマルですが、特別なエンジンが搭載されていました。

『AMG』は、現『メルセデスAMG』がチューニングを手がけた特別なグレード。彰さんのギャランは見た目こそノーマルですが、特別なエンジンが搭載されていました。

「子供を乗せるために、普通の乗用車が欲しくて買い換えました。本当はフルタイム四駆(4輪駆動)を持つトップグレードの『VR-4』が欲しかったのですが、経済面から1800ccでFF(前輪駆動)のグレードを選びました。今の車と比べればコンパクトですが、当時としては車格は大きい方で、とても乗りやすいクルマでした。けれど乗っているうちにパワー不足を感じ、VR-4への未練が出てしまって……。そんな時、友人が競技中のアクシデントで『AMG』というグレードのギャランを廃車にすると聞いたので、3万円で買い取りました」

車体を引き取った後、彰さんは自身のギャランにAMGのエンジンを搭載。40馬力ほど出力が向上し、気持ちよく吹き上がるようになったギャランは、大のお気に入りとなりました。

この頃、ラリー競技は主に『アドバン・ラリーチーム』の一員として出場。師匠筋にあたる名ナビゲーター小田切順之氏(故人)の指示の元、名だたるドライバーのナビゲーターを務めます。 そして自身がドライバーとしてラリー競技に出場した際、これまで感じたことのない苛立ちと失意に襲われます……。

「世界で戦うトップドライバーのナビゲーターをしていると、否が応にも運転技術の高さを見せつけられます。そしていざ自分がドライバーとして運転すると、頭ではトップドライバーと同じように操作しようとするのですが、感覚と腕前がまるで追いつかない。どんなに練習を重ねてもトップドライバーのようにはいかず、運転すればするほどストレスが溜まる……。悔しいですけど自分はドライバーとしてやっていけないことを、認めないわけにはいきませんでした」

トップドライバーの高い技量と、自身のドライバーとしての限界をまざまざと見せつけられた彰さんは、断腸の思いでドライバーを引退。以降はナビゲーターに専念することを心に決めます。

この後、アドバン・ラリーチームや『ラリーアート』といった大手ラリーチームから、ナビゲーターとして全日本ラリー選手権に幾度も出場。2004年からは出走する側ではなく、競技を主催、運営する側に身を置くようになります。また現在では要請があれば、プライベートチームの若手ドライバーや新人ドライバーのナビゲーターを引き受けるなど、精力的にラリー競技におけるノウハウの継続や後進の育成に務めています。

今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。

今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。

 

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。 【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。…
  2. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー…
  3. 愛犬と快適ドライブ術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 愛犬とドライブを楽しむ方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやか…
  4. 免許の自主返納は困難だ なぜ免許の自主返納は困難なのか?【彩りカーライフ~自分の人生をか…
  5. 5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。 日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川…
PAGE TOP