新着記事

カビ専門家に聞く「梅雨時期のカビ対策」3つのポイント

朝倉館跡空撮。

「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

「倭王」とされた厩戸皇子

厩戸は蘇我馬子とともに女帝を支え、遣隋使(複数回あるが、有名な小野妹子の派遣は607年)、冠位十二階の制定(603)といった、われわれもよく知る政策を次々と実現してゆく。後者は豪族などの位を冠の色であらわしたものだが、氏族でなく個人を評価して与えられるという点で、古代としては画期的な制度である。が、ここでも蘇我氏は別格とされ、十二の位には属さず冠を授与する側だった。厩戸の内心は知るべくもないが、蘇我氏を排斥するのではなく、その力をかりて政治を推し進めようとしたのではないだろうか。

彼が推古朝で重きをなしていたあかしとして、中国の史書「隋書」倭国伝の記事が挙げられる。隋からの使節が面会した倭王は男子だと思えるくだりがあるのだ。女帝にかわって倭王と認知されうるのは、甥である厩戸以外にない。中国では原則として女帝が認められていないため、推古でなく厩戸が対面したのかもしれない。

また、厩戸といえば仏教への帰依が知られている。彼みずから執筆したとされる経典の注釈書には、やはり信憑性をめぐって議論が絶えないが、法隆寺を建立(605年ごろ)したことは事実とみていい。このとき仏教は、伝来して50~70年程度しか経っていない、いわば新興宗教だから、青年・厩戸の心をとらえるエネルギーに満ちていたのだろう。仏教にそそいだ彼の情熱が、法隆寺を拠点にして神格化へつながったとも考えられる。じっさい、「日本書紀」以外で彼の生涯を辿りうる史料は、その多くが法隆寺に由来するものである。

厩戸皇子はさまざまな足跡を歴史上に残し、西暦622年、49歳で没した。蘇我馬子に先だつこと4年、推古女帝からは6年である。その後、蘇我氏の専横はしだいに増し、643年には厩戸の子・山背大兄(やましろのおおえ)王が馬子の孫・入鹿に襲撃されて自害。これもまた、厩戸と一族の存在感が無視できないものであった証左だろう。中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌子(藤原鎌足)らが蘇我氏を討滅したのは、そのわずか2年後であった。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

  1. 越前の雄・朝倉義景とその一族【にっぽん歴史夜話27】

  2. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

    明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

  3. 石清水八幡宮

    「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史夜話25】

  4. 織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴史夜話24】

  5. 江戸城・松の大廊下跡

    「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】

  6. 足利尊氏像

    「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄弟、骨肉の争い【にっぽん歴史夜話22】

  7. 楠木正成像

    楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

  8. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】

    「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】

  9. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

    松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

  10. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

    「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

  11. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

  12. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

    「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

  13. 高知城内 山内一豊の妻 銅像

    「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】

  14. 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

    元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

  15. 本多忠勝像

    「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

  16. 関ケ原

    立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 勝龍寺城は光秀の娘・玉(ガラシャ夫人)が藤孝の子・忠興のもとに嫁いだ城でもある 『麒麟がくる』光秀、波乱の人生最期の城までの軌跡|三英傑に仕え「…
  2. 光秀が仕えた斎藤道三の稲葉山城跡地に信長が岐阜城を築いた ミステリアスな『麒麟がくる』主人公・光秀の足跡を追う|三英傑に仕…
  3. 越前の雄・朝倉義景とその一族【にっぽん歴史夜話27】
  4. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園 明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】
  5. 石清水八幡宮 「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史…
PAGE TOP