新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

文/砂原浩太朗(小説家)

「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人として、ひろく知られている。有名な「あかねさす……」という歌とともに、天智・天武の両天皇に愛された女性としてご記憶の方も多いだろう。ところが、これほど著名な存在でありながら、歴史上、その人生について明らかとなっていることは、ほとんどない。それでいて、何冊もの小説や伝記が書き継がれている稀有な人物なのである。額田王とは、いったい何者なのか。

たしかな史実は、「日本書紀」の一文のみ

額田王について信のおける史実は、「日本書紀」にある次の一文しかない。「(天武)天皇、初め鏡王の女額田姫王を娶りて、十市皇女を生む」(天皇は初め鏡王の娘額田姫王を娶って、十市皇女を生んだ。以下、読み下しと訳は、小学館『新編日本古典文学全集』による)。じつは額田王の痕跡をたどる手がかりは、この一文と万葉集に収録された十二首の長歌・短歌のみである。もちろん生没年も不明であり、父・鏡王(かがみのおおきみ)がどういう人物なのかも、まったく分かっていない。ただ、「王」という以上、天皇家の血を引く身であることは間違いないだろう。また、額田の生年だが、西暦630年を中心とする前後10年くらいの間と考えられている。これは、孫にあたる葛野(かどの)王の年齢から逆算したものだが、額田もその娘・十市皇女(とおちのひめみこ)も20歳前後で出産したという推定だから、むろん正確とはほど遠い。が、的はずれと言うわけでもないだろう。本稿では、大化の改新(645)時点で数え15歳となる631年生説(直木孝次郎氏)のイメージでお読みいただければと思う。

女帝の側近として

天皇家の血を引くとはいえ、父も「皇子」(天皇の子)と記されてはいないから、額田の身分はそれほど高くなかったと思われる。おそらく10代の早い時期に女官として宮中に出仕したのだろう。そこで大海人(おおあま)皇子と呼ばれていた後の天武天皇と出会い、結ばれる。大海人の生年は不明だが、通説では本稿の額田より1歳上(630年生)となる。額田の代表歌である「熟田津(にきたつ)に船乗りせむと月待てば 潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」(熟田津で船出しようとして月の出を待っていると 潮も幸い満ちて来た さあ漕ぎ出そうよ。熟田津は現・愛媛県の港)は、斉明天皇(594~661。天智・天武の母)の代作として詠んだものとされている。女帝の側にあって、おおいにその詩才を愛でられていたのだろう。母の寵愛を受ける女官と息子のひとりが結ばれるのは、ありそうなことである。さきに引用した「(天武)天皇、初め……」という一文からしても、額田は大海人にとって最初の妻だったと考えていい。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園 明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】
  2. 石清水八幡宮 「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史…
  3. 織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴…
  4. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  5. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
PAGE TOP