新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

文/砂原浩太朗(小説家)

「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574~622)のランクインはまず間違いない。ある年代以上の人には、高額紙幣の顔としても馴染みぶかいはずだ。一方、その実像には不明な点が多く、関連書籍のタイトルには、しばしば「謎」「真相」、はては「いなかった」などという文言まで付されている。われわれが漠然とイメージしている聖徳太子像は、はたしてどこまでが本当なのか。

「聖徳太子」は後代の呼び名

聖徳太子の実名は厩戸皇子。第31代・用明天皇(?~587)の子である。名は、「うまやど」でなく、「うまやと」と読むのが正しい。また、しばしば誤解されるが、「聖徳太子」は没後100年以上たって確立した呼称であり、生前そう呼ばれたことはない。父母ともに有力豪族たる蘇我稲目(いなめ。馬子の父)の孫にあたるから、厩戸も生まれながらにして蘇我氏とゆかりの深い存在だった。

父・用明が没したときは、まだ数えで14歳。この時代には兄弟間の相続も一般的であり、叔父が即位して崇峻(すしゅん)天皇となった。が、実力者・蘇我馬子(?~626)との関係が悪化、5年後に暗殺されてしまう。このとき、厩戸が反蘇我氏の姿勢を示した形跡はない。江戸時代には、その点へ批判の目を向ける儒学者もいたが、前述のように彼は蘇我氏ときわめて密な関係を持っている。反蘇我氏という発想は、もともとなかったと考えたほうがいいだろう。むしろ生涯、蘇我氏との協調姿勢をくずさなかったところに、政治家としてのバランス感覚を見るべきではなかろうか。

捏造だった「十七条憲法」?

厩戸の生涯を振りかえるとき、正史である「日本書紀」を避けて通ることはできない。とはいえ、同書の成立は西暦720年であるから、没後ほぼ100年が経過している。当時すでに厩戸皇子の神格化は始まっており、彼に関する記述には信憑性を疑われるものが多い。

たとえば、崇峻の死後、推古女帝(554~628)が即位し、甥にあたる厩戸を「皇太子」に定めたというくだり。当時、皇太子という制度は存在せず、これをもって「書紀」の記述を否定する意見が根強い。ほかにも、「和を以て貴しとす」で名高い「十七条憲法」は、厩戸が官人の心得を示したものとされるが、このころ成立していなかった「国司」(地方で行政などをつかさどる官)という語が文中に出てくるなど不自然な点が多々あり、後世の捏造とする見方のほうが合理的とさえいえる。

が、こうした問題は、筆者のように歴史を素材とした文章を書く身には思い当たることが多い。本稿でも用明天皇や推古女帝などと記しているが、天皇という呼称が正式に定められたのは7世紀末、「用明」「推古」のような中国風の諡(おくりな。死後の呼称)が考案されたのは8世紀後半。どちらも厩戸が生きた時代よりはるか後だが、それを承知で便宜上、用いているのである(推古の和名は「豊御食炊屋姫=とよみけかしきやひめ」)。つまり、「後世でいうところの皇太子」待遇という可能性までは否定できず、「十七条憲法」にしても、加筆ないし捏造された部分がふくまれていることは間違いなかろうが、それを以てすべてが創作だとすることにはためらいを覚える。「書紀」には、「一度に十人の訴えを聞くことができた」という、よく知られた話も記されているが、これも単なる伝説と切り捨てるのではなく、きわめて聡明だったことがこうした形で伝わっているとも捉えられるだろう。

ただ、これまで流布してきた「聖徳太子伝説」が鵜呑みにできないのは、たしかである。付け加えておけば、旧1万円札などでおなじみの肖像画も没後100年以上経ってから描かれた絵をもとにしており、彼の風貌を正確に写したものではありえない。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  2. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
  3. 八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる 水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将と…
  4. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町) キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆ…
  5. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽ…
PAGE TOP