新着記事

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

文/砂原浩太朗(小説家)

楠木正成像

楠木正成像

楠木正成(くすのき・まさしげ。?~1336)のイメージは、劇的な移りかわりを経ている。戦前は「忠君愛国」の権化とみなされ、「大楠公(だいなんこう)」とたたえられた。が、その後はむしろライバルだった足利尊氏(1305~58)の陰にかくれたような印象がある。また、近年は歴史学でいう「悪党」(後述)と称せられることも増えてきた。はたして、彼の素顔はいかなるものだったのだろうか。

楠木家は関東出身の御家人?

歴史上、正成について分かっていることは多くない。その素性も、河内国赤坂(大阪府千早赤阪村)に住まう武士という以上のことは明らかになっていないのだ。地侍(土着の武士)のようなイメージが一般的だと思うが、筆者はむしろ御家人(鎌倉幕府の将軍と主従関係をむすんだ武士)説のほうに信憑性を感じている。以下、根拠をあげてみよう。

武士の姓は出身地をあらわす場合が多いが、楠木という地名は河内周辺になく、駿河(静岡県)に見いだせる。また、のちに鎌倉幕府の初代将軍となる源頼朝が上洛したとき、供のなかに楠木四郎という者がいた(名前以外の詳細は不明)。最後に、正成の活躍から40年ほどまえ、楠木河内入道という人物が記録に名をとどめている。

いずれも傍証でしかないが、すくなくとも、最後の「楠木河内入道」は、地理的なつながりからいって正成の親族と考えていい。世代的には祖父といったところだろうか。

また、正成自身、天皇方となるまえは、幕府の命をうけ、畿内を中心とする各地へ兵を出している。これらを合わせると、関東出身の御家人か得宗被官(執権・北条氏の家臣)で、何代か前に河内へ所領をあたえられ移り住んだという可能性が考えられるだろう。この見解があまり主張されてこなかったのは、天皇の忠臣・正成がもと幕府方だったとするのをためらう気もちが戦前の学会などにあったからかもしれない。

ちなみに、かつては「楠正成」と書かれることも多かったが、現在は「楠木」が正しいという説でほぼ定着している。

後醍醐天皇のもとで

後醍醐天皇(1288~1339)はみずから政治の権をにぎらんという思いがつよく、即位(1318)の直後から鎌倉幕府打倒をめざしていた。一度目(1324)は計画がもれて失敗におわったが、あきらめることなく二度目の討幕をくわだてる。が、元弘元(1331)年8月、これも幕府の知るところとなり、天皇は都を脱出、笠置山(京都府笠置町)へ立て籠った。正成が歴史の表舞台へ登場したのは、このときである。天皇に味方し、反幕府の兵を挙げたのだ。

どのような経緯で、彼が天皇方となったのかは不明である。軍記物語である「太平記」の作者もその点に苦慮したとみえ、後醍醐が霊夢を見て正成の存在を知り、使いを送ったというくだりを創作している。おそらく、笠置山に籠った後醍醐が各地の武士に決起をうながし、応じた者のなかに正成がいたということだろう。少なくとも、河内で暮らすようになって何代かを経ていたろうから、東国の幕府よりも京にいる天皇のほうを身近に感じていたのかもしれない。

正成は「悪党」だったか?

正成の挙兵は後醍醐が笠置山へ籠った翌月である。じつは、これに先だち、彼は現在の大阪府堺市にあった寺領を襲い、年貢を収奪している。この行為が、のちに正成を「悪党」とする根拠となった。

ご存じの読者も多いだろうが、歴史用語としての「悪党」は、単にわるいやつらという意味ではない。おもに荘園(貴族・寺社の私有地)など既存の権威を犯す者に冠せられた呼称で、近年、楠木正成をその一人とする見方が広まっているのだ。これはこれで魅力的な響きを帯びた説だから、支持したくなる気もちもよく分かる。

が、正成がおかした悪党的行為はこの一例のみであり、しかも、後醍醐の意をうけ討幕の軍資にするためという見方が根強い。正成を「悪党」と断ずるには、やや根拠が薄いというのが公平なところだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
  5. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
PAGE TOP