新着記事

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)

前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、戦国随一の傾奇者(かぶきもの)として知られる武士。豊臣秀吉から「生涯傾奇ご免」(しょうがいかぶきごめん)のゆるしを得たとか、叔父・利家を水風呂に入れようと悪戯をたくらんだとか、自由奔放な性格をうかがわせるエピソードには事欠かない。

が、その実像はかぎりなく不明である。名のみ知られたこの男、果たしてどのような生涯を送ったのか。

歌川芳幾筆『太平記拾遺』より前田慶次郎利丈像

実父すら確定できず

最初に述べておきたいのは、慶次について確かな史実がほとんどないということである。通称は慶次郎、宗兵衛とも伝えられ、諱(いみな。正式な名)も利太、利卓、利益、利治、利貞と一定しない。諸説あり、というわけだが、晩年には出家して、穀蔵院ひょっと斎などというユーモラスな名を用いた人物である。気分によって改名を繰りかえした可能性もあるように思われる。

生没年も不詳。ときどき天文2(1533)年生と書かれた本を見かけるが、これは「考拠摘録」という史料に「慶長十年(1605)……享年七十三にて卒したまへり」とあるところから逆算したもの。事実なら、叔父の利家より四、五歳上ということになるが、この記録自体、かなり後の承応元(1652)年に書かれたものだし、終焉の地を大和(奈良県)とするなど、他の書で裏づけられない記述が多すぎる。やはり、生没年は不明とするしかないのである。

つぎに実父だが、滝川儀太夫益氏という説が有力。この人物は織田信長配下の武将・滝川一益の甥だとされる。一益本人が慶次の父という説も根強いが、良質な史料はたいてい儀太夫説をとっているし、もし本当に一益が父なら異説の出る余地は少ないだろう。おなじ滝川の出なら、著名な一益が父であったほうが面白い、という小説家風の判断を感じるのは、筆者だけであろうか。

家督騒動の裏側

前田家の家督は、はじめ利家の長兄・利久が継いでいたが、男子に恵まれなかった。利久の妻が儀太夫益氏の妹(これも儀太夫実父説の傍証となる)という縁で、甥の慶次を養子に迎え、前田の家督を継がせようとする。永禄12(1569)年のことである。

これに異を唱えたのが、主君・織田信長だった。利久の願いをしりぞけ、みずからの側近である利家に前田の家督を譲るよう命じたのだ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  5. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
PAGE TOP