新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)

前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、戦国随一の傾奇者(かぶきもの)として知られる武士。豊臣秀吉から「生涯傾奇ご免」(しょうがいかぶきごめん)のゆるしを得たとか、叔父・利家を水風呂に入れようと悪戯をたくらんだとか、自由奔放な性格をうかがわせるエピソードには事欠かない。

が、その実像はかぎりなく不明である。名のみ知られたこの男、果たしてどのような生涯を送ったのか。

歌川芳幾筆『太平記拾遺』より前田慶次郎利丈像

実父すら確定できず

最初に述べておきたいのは、慶次について確かな史実がほとんどないということである。通称は慶次郎、宗兵衛とも伝えられ、諱(いみな。正式な名)も利太、利卓、利益、利治、利貞と一定しない。諸説あり、というわけだが、晩年には出家して、穀蔵院ひょっと斎などというユーモラスな名を用いた人物である。気分によって改名を繰りかえした可能性もあるように思われる。

生没年も不詳。ときどき天文2(1533)年生と書かれた本を見かけるが、これは「考拠摘録」という史料に「慶長十年(1605)……享年七十三にて卒したまへり」とあるところから逆算したもの。事実なら、叔父の利家より四、五歳上ということになるが、この記録自体、かなり後の承応元(1652)年に書かれたものだし、終焉の地を大和(奈良県)とするなど、他の書で裏づけられない記述が多すぎる。やはり、生没年は不明とするしかないのである。

つぎに実父だが、滝川儀太夫益氏という説が有力。この人物は織田信長配下の武将・滝川一益の甥だとされる。一益本人が慶次の父という説も根強いが、良質な史料はたいてい儀太夫説をとっているし、もし本当に一益が父なら異説の出る余地は少ないだろう。おなじ滝川の出なら、著名な一益が父であったほうが面白い、という小説家風の判断を感じるのは、筆者だけであろうか。

家督騒動の裏側

前田家の家督は、はじめ利家の長兄・利久が継いでいたが、男子に恵まれなかった。利久の妻が儀太夫益氏の妹(これも儀太夫実父説の傍証となる)という縁で、甥の慶次を養子に迎え、前田の家督を継がせようとする。永禄12(1569)年のことである。

これに異を唱えたのが、主君・織田信長だった。利久の願いをしりぞけ、みずからの側近である利家に前田の家督を譲るよう命じたのだ。

というと、いかにも信長が無理を通したように聞こえるが、養子相続に際して主君の判断をあおぐのは、当時の慣例である。おまけに利久には、利家をふくめ五人もの弟がいたから、他家から養子をむかえて家を継がせること自体に無理があるというほかない。拙著『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)では、滝川家の出である利久の妻が、慶次に家督を継がせようとして夫をそそのかした、という仮説を立てたが、当たらずとも遠からずというところだろう。

文武両道の風流人

前田の家督は継げなかった慶次だが、のち利家に仕え、能登で六千石を与えられている。が、天正18(1590)年に出奔、やがて会津の上杉景勝に仕官した。出奔の理由は不明だが、江戸時代中期に書かれた逸話集「常山紀談」では、慶次が「世を玩び、人を軽んじける故」(世の中を斜めに見て、他人に無礼な振舞いが多い)、利家にたびたび意見されたのがきっかけとしている。宮仕えには向かない性質の人物だったのだろうが、家督を継げなかった鬱屈が根底にあったのかもしれない。

とはいえ、ほんらい闊達な気性であったことも確からしく、「本藩歴譜」には「豪爽にして驍勇」とある。漢詩や連歌にも秀でていたというから、文武両道の快男児といって間違いはないだろう。

上杉家に仕えた慶次は、名家老・直江兼続の麾下となる。出羽最上家との戦いに際し、長谷堂城攻めなどで武名をあげたが、関ヶ原ののち主家が米沢へ移る折、浪人して会津に残ったという。そのまま同地で没したというのが加賀藩側の公式記録だが、上杉側の記録では、転封にしたがって米沢に移り、そこで没したとする。近年は米沢説が優勢になっているようだが、どこまでも謎の多い人物といえよう。

新史料でもあらわれない限り、前田慶次の実像はこれからも不明のままだろう。だからこそ、想像力を掻きたてられた小説家や漫画家がこの男に挑み、魅力にさらなる磨きがかかっていく。なかば伝説上の人物として、これからもながい命をたもちつづけるにちがいない。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】
  2. 戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜…
  3. キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【に…
  4. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  5. 加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2…
PAGE TOP