サライ.jp

スリップからの事故。何よりもありがたかった奥様の理解

一方、実用車として長く使用していたMPVですが、走行距離が10万キロを越え、足回りや消耗部品にヤレ(経年による疲労)が出始めます。お子さんも成長し、お父さん(茂幸さん)よりお友だちと出かけることを選ぶようになったため、セダンへの乗り換えを検討。MPVを下取りに出し、マツダの二代目『アテンザ』を購入します。

「アテンザはセダンであることと格好で選びました。けれど実際に使ってみると、取り回しでサイズの大きさを感じることが多く、燃費も伸びないんですね。『趣味のクルマはロードスターだけ』という原点を思い出し、維持費を考えて軽自動車へと買い換えることに決めました」

アテンザを下取りに出したお金で、ダイハツの初代『ミラジーノ』を購入。ボディカラーや装備品など、可能な範囲内でこだわりを見せます。

英国車時代の『ミニ』を彷彿させる、レトロな雰囲気のミラジーノ。パワーはないものの、小気味よく走って茂幸さんに尽くしました。

英国車時代の『ミニ』を彷彿させる、レトロな雰囲気のミラジーノ。パワーはないものの、小気味よく走って茂幸さんに尽くしました。

使い勝手の良さにくわえ、スタイルの愛らしさで茂幸さんのお気に入りとなったミラジーノ。気候や天候、その日の気分でNCとミラジーノを使い分け、楽しく快適なクルマ趣味生活を送ります。

そして気が付けばミラジーノの走行距離は10万キロを越え、ボディの随所にサビが浮かぶといった、実用車としての寿命を迎えます。茂幸さんは次の実用車として、スズキの『ハスラー』を選択。気に入ったボディカラーとグレードの両方を備えた車両が遠方の中古車店にあると知るや、ツーリングがてらミラジーノで奥様と一緒に足を運ぶといった、クルマへのこだわりと楽しむ姿勢、そして奥様との仲の良さを見せてくれます。

現在の通勤車、ハスラー。冬季の降雪や路面の凍結に強い、頼もしい一台です。

現在の通勤車、ハスラー。冬季の降雪や路面の凍結に強い、頼もしい一台です。

購入から9年を迎えたNCに、変わらない愛情を注ぎ続ける茂幸さん。しかしNCでのドライブ旅行中、思わぬアクシデントが茂幸さんを襲います。雨上がりの自動車専用道路を走行中、突如、タイヤがスリップ。コントロールを失ったNCは、そのままガードレールへ飛び込みます。

幸い、茂幸さんと奥様に怪我はなかったのですが、NCのバンパーは大きく破損し、左フェンダーが酷く変形してしまいました。自走できる程度に応急処置を施し、そのまま帰宅。あらためてディーラーに持ち込んで診断したところ、フレームやフロアの被害は軽く、修復は可能。けれどバンパー、左フェンダー、左サイドステップ、左前輪の足回り一式、左ライト他、多くのパーツを交換する必要があり、修理には中古車一台ほどの費用がかかることが判明します。またNCは経年から近い将来、多くの消耗部品を交換する必要があり、さらなる出費がかさむことが分かっていました。

「私としては直したいものの、かかる費用から『手放すのもやむなし』という心境でした。しかし妻に『どうせ修理するんでしょ?』と、修理する方向で背中を押してもらえたことで、あらためて修理をする気持ちが固まりました」

修理には相応のお金がかかることを奥様に告げるや、「同じお金がかかるんだったら、普通に戻してもつまらないよね。あの鋭いライトの方が格好いいと思う」と、前向きで魅力的な修理プランが提案されます。そんな奥様の態度のおかげで、申し訳なさで一杯だった茂幸さんの気持ちも、晴れやかな状態に戻ります。

奥様の提案により、NCの印象は大きく変わりました。

奥様の提案により、NCの印象は大きく変わりました。

「前から見ると後期型、後ろから見ると前期型という今の仕様は、妻の要望で決まりました。これはこれで引き締まって見えるので、私も気に入っています。もちろん事故を起こしたことは反省すべきですが、妻と一緒に事故を乗り越えたことでNCがもっと好きになれた気がします。これまでのクルマも家族のように思っていますが、NCは特にその思いが強いですね。叶うなら最後まで、乗り続けたいと願っています」

お気に入りの奥多摩湖周辺の道を、時に遠方の観光地を。助手席の奥様と一緒に、茂幸さんは走り続けます。

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)
ゲーム雑誌の編集者からライターに転向し、自動車やゴルフ、自然科学等、多岐に渡るジャンルで活動する。またティーン向けノベルや児童書の執筆も手がける。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア