新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

モーツァルトの生まれ故郷であり、サウンド・オブ・ミュージックの映画で知られるザルツブルク。アルプスに囲まれ、塩の交易で栄えた富と歴史を誇る、世界遺産の町です。

一日観光で駆け抜けてしまうにはもったいない、さまざまな魅力のあるこの町。今回は、定番の観光ルートから外れ、山歩きを楽しみつつ、ザルツブルクの街並みを見下ろすことのできる絶景ポイントをご紹介します。

●カプツィーナベルクの歴史

ザルツブルクの町の歴史は、新石器時代にはじまります。紀元前からケルト人が定住し、その後ローマ人がAD5世紀まで治めていました。その後も、近隣で採掘される岩塩の交易で膨大な富を蓄え、枢機卿を君主とした領邦として、中世の時代はウィーンよりも栄えます。ザルツブルクがオーストリアの一部となったのは、モーツァルトの死後約10年後。モーツァルトはオーストリア人というより、ザルツブルク人だったと言えるでしょう。

ザルツブルクの町

主な観光地としては、ホーエンザルツブルク城が建つフェストゥングベルクや、街の中心にある大聖堂、ザルツブルク音楽祭の開かれる祝祭劇場などがありますが、この地域から川を隔てた対岸に、カプツィーナベルクという小山があります。

紀元前12世紀ごろから人が住み着き、その後中世の時代には要塞が築かれていたこの山。16世紀にカプツィン修道院が建てられ、山の名前の由来になりました。17世紀の中ごろには、三十年戦争に備え、この山にも強固な壁が築かれました。今でもその壁や見張りの塔の名残が見られます。

カプツィーナベルク

カプツィーナベルクに登るには、三つのルートがあります。山の裏側から登る道はアクセスがあまりよくありませんが、ショッピングストリートのリンツァー通りに面した門から坂道を登るルートと、ザルツアッハ川にほど近いシュタイン通りから階段を登るルートの二つは、どちらも手軽に登山気分を楽しむことができます。

●巡礼の道とモーツァルト

それでは、リンツァー通りにあるこの門から散策をスタートしてみましょう。

リンツァー通りにある門

日常的な風景が広がるショッピングストリートから、こんな古風な門をくぐると、中世へタイムトリップしたかのような急な坂道が伸びています。

巡礼の道

この道は、巡礼の道となっていて、11の祠が並び、キリスト受難の物語をつづっています。

巡礼の祠や、まるで城門のように堅牢な門

巡礼の祠や、まるで城門のように堅牢な門を抜け、急な坂道を上がっていく途中にも、ベンチがあり、景色を見下ろすことができます。

急な坂道

山を登りきると、カプツィン修道院の教会があります。この修道会は、ザルツブルク枢機卿の絶大な権力下にあった多くのザルツブルクの教会と異なり、教皇に直接指示を受ける立場にあったため、ほかの教会と一線を画していました。

カプツィン修道院の教会

この修道院のそばに、モーツァルトの胸像があります。この場所には元々、モーツァルトがウィーンで魔笛を作曲した、通称「魔笛小屋」が置かれていましたが、この小屋がモーツァルテウムの庭に移設された代わりに、ここに胸像が置かれました。

モーツァルトの胸像

この先も森の中へと道は続いています。長距離のハイキングを楽しみたい現地の人たちがのんびり散策している様子は、この小山が市民の憩いの場であると感じさせます。

●鐘の音のコーラス

山を下る急な階段の降り口に、ザルツブルクを一望のもとに見下ろすことのできる展望台があります。ここでいったんゆっくりと休憩を取り、眼下のザルツブルクの建築物をじっくりと見てみましょう。

まず、川のこちら側には、三位一体教会(黒いドーム)と、サウンド・オブ・ミュージックのロケ地としても有名なミラベル宮殿(薄緑色の屋根の四角い建物)が見えます。

川のこちら側

次に、対岸に目を向けてみましょう。白い壁に黒いドームの堂々たる建物は、コレーギエン教会(別名、大学教会)で、左に見える緑の尖塔の建物は、フランツィスカーナ教会。全く異なる建築様式が興味深いです。川のそばに建つ時計塔の斜め後ろには、モーツァルトの生家があります。

対岸

更に視線を左に向けると、ザルツブルクを代表する二つの建物が見えます。山の上には、ホーエンザルツブルク城。その下には、枢機卿が絶大な権力を握った大聖堂が聳えています。

ザルツブルクを代表する二つの建物

ザルツブルクには約15の教会があり、この展望台からはその多くを一望のもとに見下ろすことができますが、この場所の魅力はそれだけではありません。教会の鐘が鳴り響く、昼の12時にこの展望台に上がると、さまざまな鐘の音がコーラスのように鳴り響き、街はハーモニーに包まれます。幼少期のモーツァルトが毎日聞きながら育った、この鐘の響きに圧倒されていると、神童を生んだこの町の秘密を実感できます。

●急な階段を一気に下る

それでは、この展望台から急な階段を下って、川のそばに出てみましょう。

急な階段

この山の古い名前イムベルクの名を冠した「イムベルク階段」は、古い住居の間を縫うように下ります。

イムベルク階段

最後は、また日常的なショッピングストリートにつながり、歴史への旅は唐突に終わります。

イムベルク階段2

* * *

観光地が多い対岸と比較して、静けさの中一味違った角度から楽しむことのできるザルツブルク散策、いかがだったでしょうか。

通りから一気に山の頂上まで登り、多くの教会の塔を眼下に眺めながら、この町が栄えた時代に思いを馳せてみるのも、この町の魅力を肌で感じることのできる楽しみ方です。

二度目のザルツブルク訪問の際には、ぜひ少し違う角度から、街を眺めてみてください。観光地を訪ねるだけでは感じることのできない、新しい発見があるかもしれません。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)所属。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. チョコレートファウンテンから直接試食 チョコが食べ放題! ツォッター(Zotter)チョコレート工場の…
  2. アッター湖鉄道 クリムトも乗車した!? 隠れた避暑地、アッター湖の過疎ローカル線…
  3. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  4. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
  5. ドナウ河の渓谷と世界遺産を走り抜けるローカル線「ヴァッハウ鉄道」…
PAGE TOP