新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

転職を機に、茨城県から実家のある千葉県へと戻った秋葉孝匡(59歳)さん。様々なオートバイを所有し、ツーリングを楽しむ日々を送っていたのですが、30歳を前にして、心境と環境に大きな変化が訪れます。

【前編】はこちらに

クルマとオートバイのストック用パーツが綺麗に整理されているガレージ。「直せる故障はできる限り自力で直す」が、秋葉さんの信条だ。

クルマとオートバイのストック用パーツが綺麗に整理されているガレージ。「直せる故障はできる限り自力で直す」が、秋葉さんの信条だ。

重荷に感じたオートバイを処分。最後に残した1台はZ1だった

「レビンを売ったお金で、まず“OW01(オーダブリュー)”(ヤマハ『FZR750R』の通称)を買いました。次に会社近くのオートバイ専門店で“Z2(ゼッツー)”(カワサキ『750RS』の通称)を見かけ、色んな漫画に登場したZ2はどのようなオートバイなのかを知りたくて買いました」

他にもヤマハの『RD400』にスズキの『ハスラー』、カワサキの『750SSマッハⅢ』、『Z1(ゼットワン)』を購入。後にOW01を売却して『ドゥカティSP3』と入れ替えます。またZ1とドゥカティを酷使しないため、日常の走行用にカワサキの『ゼファー750』を購入しました。

秋葉さんが現在、所有するクルマとオートバイの中で一番、付き合いの長いZ1。

秋葉さんが現在、所有するクルマとオートバイの中で一番、付き合いの長いZ1。

多いときには一度に8台ものオートバイを所有し、乗り比べるようにオートバイ趣味を満喫する秋葉さん。ところが30歳を前にして、多くのオートバイを所有し続けることに重荷を感じ、Z1を残してすべて売却します。この後、20年もの間、オートバイを増車、あるいは買い換えることなく、Z1を乗り続けます。

オートバイの整理をした年、秋葉さんのクルマ趣味にも大きな変化が訪れます。

納車後30分でトラブル発生、旧車の洗礼を受ける

会社近くの環状道路沿いで、何台ものロータス『ヨーロッパ』が飾られている輸入自動車専門のショップをみつけた孝匡さん。好奇心から立ち寄り、マスターと顔なじみになります。

「ある日、冷やかしでショップに顔を出したら、店長に「おまえ、ヨーロッパが欲しいのか?」って聞かれたんです。店頭に並ぶヨーロッパには400万とか500万の値札がついていたので、「欲しいけど、とてもじゃないが買えない」って答えたら、「ちょっと来い」ってショップの裏に呼ばれました。そこにあったのは年式相応に痛んだヨーロッパで、「お前の出せる値段に合わせて修理して、売ってやる」って、持ちかけてくれました。それまで「絶対に乗れない」と思っていたスーパーカーが手の届くところに降りてきたんですから、買っちゃいますよね」

秋葉さんは、出せるだけの額を提示。店長も受け入れて商談は成立します。それから半年ほどで納車整備は終了。ショップにて手続きを済ませ、秋葉さんは晴れてヨーロッパオーナーとなります。しかしヨーロッパに乗っての帰り道、首都高でエンジンが不調になり急遽、ショップへUターンすることに。エンジンの停止におびえながら、旧車を所有することの難しさを思い知らされます。

その後もヨーロッパは度々、不調となり、その都度、修理を依頼。補修部品の欠品が出た際には、2年間もショップに預けることとなりました。

サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。

サライ世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。

ヨーロッパが手元にないことの寂しさから、秋葉さんは友人よりフィアットの『X1/9(エックスワンナイン)』を購入します。しかし、なにかにつけてヨーロッパと比べてしまうため、早々に売却。トヨタの4代目『セリカ』、プジョーの『250GTI』を経て、再び初代セリカをネットオークションで落札します。

無改造車のつもりで購入したセリカですが、実は排気量を大きくするといった改造が施されており、程なくしてエンジンが破損。修理に大きな出費を強いられます。それでもキッチリと直し、(当時)最新のパーツで補強を入れたセリカはとても調子が良く、本格的なラリーに出場している友人に請われて競技車として貸し出したところ、幾度も上位入賞を果たしました。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP