新着記事

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法 下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は? お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】 飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法 定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 脂肪を制限すると脳卒中になりやすくなる!?【予防医療最前線】 関ケ原 立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】 娘のきもち22・その2 【娘のきもち】不妊治療でやっと授かった子供の病気は心をえぐられたような痛みだった。その痛みを両親は共有してくれた~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスーパーカー・ロータス『ヨーロッパ』を手に入れることに(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)

ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。

転職を機に、茨城県から実家のある千葉県へと戻った秋葉孝匡(59歳)さん。様々なオートバイを所有し、ツーリングを楽しむ日々を送っていたのですが、30歳を前にして、心境と環境に大きな変化が訪れます。

【前編】はこちらに

クルマとオートバイのストック用パーツが綺麗に整理されているガレージ。「直せる故障はできる限り自力で直す」が、秋葉さんの信条だ。

クルマとオートバイのストック用パーツが綺麗に整理されているガレージ。「直せる故障はできる限り自力で直す」が、秋葉さんの信条だ。

重荷に感じたオートバイを処分。最後に残した1台はZ1だった

「レビンを売ったお金で、まず“OW01(オーダブリュー)”(ヤマハ『FZR750R』の通称)を買いました。次に会社近くのオートバイ専門店で“Z2(ゼッツー)”(カワサキ『750RS』の通称)を見かけ、色んな漫画に登場したZ2はどのようなオートバイなのかを知りたくて買いました」

他にもヤマハの『RD400』にスズキの『ハスラー』、カワサキの『750SSマッハⅢ』、『Z1(ゼットワン)』を購入。後にOW01を売却して『ドゥカティSP3』と入れ替えます。またZ1とドゥカティを酷使しないため、日常の走行用にカワサキの『ゼファー750』を購入しました。

秋葉さんが現在、所有するクルマとオートバイの中で一番、付き合いの長いZ1。

秋葉さんが現在、所有するクルマとオートバイの中で一番、付き合いの長いZ1。

多いときには一度に8台ものオートバイを所有し、乗り比べるようにオートバイ趣味を満喫する秋葉さん。ところが30歳を前にして、多くのオートバイを所有し続けることに重荷を感じ、Z1を残してすべて売却します。この後、20年もの間、オートバイを増車、あるいは買い換えることなく、Z1を乗り続けます。

オートバイの整理をした年、秋葉さんのクルマ趣味にも大きな変化が訪れます。

納車後30分でトラブル発生、旧車の洗礼を受ける

会社近くの環状道路沿いで、何台ものロータス『ヨーロッパ』が飾られている輸入自動車専門のショップをみつけた孝匡さん。好奇心から立ち寄り、マスターと顔なじみになります。

「ある日、冷やかしでショップに顔を出したら、店長に「おまえ、ヨーロッパが欲しいのか?」って聞かれたんです。店頭に並ぶヨーロッパには400万とか500万の値札がついていたので、「欲しいけど、とてもじゃないが買えない」って答えたら、「ちょっと来い」ってショップの裏に呼ばれました。そこにあったのは年式相応に痛んだヨーロッパで、「お前の出せる値段に合わせて修理して、売ってやる」って、持ちかけてくれました。それまで「絶対に乗れない」と思っていたスーパーカーが手の届くところに降りてきたんですから、買っちゃいますよね」

秋葉さんは、出せるだけの額を提示。店長も受け入れて商談は成立します。それから半年ほどで納車整備は終了。ショップにて手続きを済ませ、秋葉さんは晴れてヨーロッパオーナーとなります。しかしヨーロッパに乗っての帰り道、首都高でエンジンが不調になり急遽、ショップへUターンすることに。エンジンの停止におびえながら、旧車を所有することの難しさを思い知らされます。

その後もヨーロッパは度々、不調となり、その都度、修理を依頼。補修部品の欠品が出た際には、2年間もショップに預けることとなりました。

サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。

サライ世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。

ヨーロッパが手元にないことの寂しさから、秋葉さんは友人よりフィアットの『X1/9(エックスワンナイン)』を購入します。しかし、なにかにつけてヨーロッパと比べてしまうため、早々に売却。トヨタの4代目『セリカ』、プジョーの『250GTI』を経て、再び初代セリカをネットオークションで落札します。

無改造車のつもりで購入したセリカですが、実は排気量を大きくするといった改造が施されており、程なくしてエンジンが破損。修理に大きな出費を強いられます。それでもキッチリと直し、(当時)最新のパーツで補強を入れたセリカはとても調子が良く、本格的なラリーに出場している友人に請われて競技車として貸し出したところ、幾度も上位入賞を果たしました。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 街で見かけた、思わず心がときめいた車とオーナー【彩りカーライフ~…
  2. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー…
  3. スズキ/ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川…
  4. サライ世代の車の選び方、考え方。自分のためにとことんわがままになろう! シニア世代の車の選び方は、自分のためにとことんわがままになろう!…
  5. セーフティドライブへ導く秘訣 たんたんと、ていねいに。セーフティドライブへ導く「日常点検」の秘…
PAGE TOP