新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

一本のネジが物語る真実!幕臣・小栗上野介と日本近代の本当の夜明け

群馬県高崎市東善寺の境内に大切に保管されている1本のネジがある。一見なんの変哲もないただのネジだが、その伝来を聞けば、印象は一変する。

東善寺

「このネジは、万延元年(1860)の遣米使節として渡米した小栗上野介がアメリカから持ち帰ったものです。小栗らが、見学したワシントン海軍造船所は蒸気機関そのものや大砲、ライフル、帆、ロープ、鍋、釜、スプーンまで、何でも造る総合工場でした。アメリカは近代化という面で、もう背中も見えないほど先を走っていました。小栗は、総合工場としての造船所を作り、日本もこういう物をどんどん作れる国にしたい、とこのネジをお土産としてもらい受けたのだと思います」

こう語るのは、小栗上野介の研究者としても著名な東善寺の村上泰賢住職。

小栗がどのような思いで、アメリカからネジを持ち帰ったのかを記す史料はない。だが、帰国後の小栗の行動を見れば、日本の近代化への並々ならぬ決意があったことが伝わってくる。

アメリカ訪問時の小栗上野介(右・東善寺蔵)

大隈重信、東郷平八郎も絶賛したが…

アメリカから帰国後の小栗は外国奉行、勘定奉行を歴任しながら、精力的に日本近代化の道を突き進む。フランスから工作機械を導入し、横須賀に製鉄所(造船所)の建設を開始する。さらに株式会社兵庫商社の設立に動き、本格的なホテルである築地ホテル館の建設も推進した。幕府洋式陸軍の整備を主導したのも小栗である。

後年、首相を務めた大隈重信が、「明治の近代化はほとんど小栗上野介の構想の模倣に過ぎない」と喝破し、日本海海戦でロシアバルチック艦隊を破った連合艦隊司令長官東郷平八郎もまた、日本海海戦の勝利は小栗が横須賀製鉄所を建設したおかげと謝意を評した。東善寺に伝わる「一本のネジ」は、日本の近代化が、徳川政権の幕臣らによって強力に推進されていたことを物語る「歴史遺産」なのである。

従来、明治政府が始めた学校教育では頑迷固陋、旧態依然とされた江戸幕府だが、実際には小栗らの構想を承認し、数々の近代化を推進する度量があった。「日本の近代は、明治の夜明けをもって始まった」――。官製の歴史教育はこれまでこう教えてきた。しかし、日本の近代化はすでに徳川政権の幕臣らによって始まっていたわけだ。

毎年5月に東善寺とその周辺で催行されている「小栗まつり」。小栗上野介の偉業を振り返り、慰霊祭などが執り行なわれるまつりは令和と年号が改まった今年は5月26日に開かれた。特別講演に招かれたのは『消された徳川近代 明治日本の欺瞞』(小学館)を刊行したばかりの原田伊織氏。小栗ら幕臣が推進した近代化を「徳川近代」と評価し、明治政府によって「徳川近代」という時代はなかったことにされた、と主張する。

日本の近代化を誰よりも早く構想しながら、維新後、さしたる罪もなく新政府軍に斬首された小栗の生涯を学び、彼が構想した「近代化」を象徴する「一本のネジ」に触れる。日本の近代化とは誰が敷いたレールの上を走ったのか――。近代史を見直すいい機会になりそうだ。

小栗まつりでの慰霊祭の様子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭 戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【…
  2. アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵) 明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検…
  3. ブルック家に伝来する写真。左から勝海舟、赤松大三郎、小野友五郎。いずれも咸臨丸に乗船していた(G・Mブルック4世蔵) 咸臨丸の太平洋横断を「わが偉業」にしてしまった勝海舟の虚構【検証…
  4. 浦賀・燈明堂付近から黒船が停泊した地点を望む。激動の時代はここから始まった。 明治新政府が無かったことにした「徳川近代」とは何か?【検証 「徳…
PAGE TOP