新着記事

【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

「姓→名」へ変更は必要?「名→姓」ローマ字表記は、実はとても日本的【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編15】

7位:ANA機体工場見学【東京都】

行ってみたい「工場見学」ランキングTOP10|人気スポットは、「お菓子」「ビール」「飛行機」

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

【ビジネスの極意】「報酬」それとも「やりがい」? あなたの働くモチベーションは何ですか?

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

MCI(軽度認知障害)と認知症|MCIが疑われる要介護者の7割が、ケアマネジャーの勧めにより受診

軽度認知障害(MCI)疑いの要介護者、ケアマネジャーの勧めにより7割が受診

軽度認知障害(mild cognitive impairment 以下、 MCI)は認知症ではないが、 認知機能が年齢相応のレベルより低い、境目の状態。1年あたりMCIの人のおよそ5~15%は認知症に進行し、逆に16~41%は正常に回復すると考えられている。認知症への進行を予防するため生活習慣病の管理や適度な運動をしつつ、もし認知症になってしまったら早期発見、 早期治療することが重要だ。

全国のケアマネジャー9万人が登録するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(http://www.caremanagement.jp/ )、 全国にリハビリ型デイサービス「 レコードブック」(http://www.recordbook.jp/ )を展開するなど、様々なヘルスケアサービスを運営する株式会社インターネットインフィニティーが行った、 要介護高齢者の医薬品独自調査サービス『CMNRメディカル 』第5回調査「軽度認知障害(MCI)に関するアンケート」の結果を紹介しよう。

※日本神経学会(監).CQ4B-2.軽度認知症障害mild cognitive impairment(MCI)から認知症へのコンバート率およびリバート率はどのようなものか.認知症疾患診療ガイドライン2017.p147

* * *

MCIに疑われる利用者がいる場合、 本人や家族に受診するよう勧めたいケアマネジャー
MCIに疑われる利用者がいる場合、 本人や家族に受診するよう勧めたいケアマネジャーが約85.8%でした(n=625)。

MCIが疑われる利用者に病院受診を勧めたい

MCIが疑われる利用者に病院受診を勧めたいと答えたケアマネジャー534人のうち、受診勧奨をしたことがあるケアマネジャーは381人でした。そのケアマネジャーが受診勧奨をした利用者のうち、実際に受診をしたことを把握できた割合は約7割でした(n=381)。

MCIや認知症と診断された利用者は

MCIや認知症と診断された利用者は、 「積極的に治したい」16.3%、「できれば治したい」44.7%、 「現状を維持したい」25.0%であり、9割近くの利用者が現状維持又は改善を望んでいました(n=208)。

認知機能の低下により生じた排便トラブルが在宅での介護を続ける気持ちに悪影響を及ぼす

 

97%のケアマネジャーが、認知機能の低下により生じた排便トラブルが在宅での介護を続ける気持ちに悪影響を及ぼす(「よくある」、「少しある」)と回答しました(n=625)。

MCIの特徴を知りたい

9割のケアマネジャーがアルツハイマー型認知症に進行するリスクの高いMCIの特徴を知りたい(「強く思う」、「少し思う」)と回答しました(n=445)。

* * *

本調査において、ケアマネジャーの7割はMCIが疑われる要支援・要介護の高齢者(以下、 要介護者)に受診勧奨をしたことがあった。 受診を勧められた要介護者のうち、 実際に受診をしたことを把握できた割合は約7割だった。また、要介護者の9割はMCIや認知症と診断された時に現状維持又は改善を望んでいることや、ほとんどの家族にとって、認知機能の低下により生じる排便トラブルは在宅介護を続ける気持ちを損なうという結果も示された。

このような背景もあって、 多くのケアマネジャーはMCIが疑われる要介護者への受診勧奨を積極的に行っているようだ。その一方、本調査ではケアマネジャーのMCIに関する知識が十分ではない可能性も示された。ケアマネジャーは医療と介護の連携の要として、要介護者や家族に適切な情報提供を行うことが期待される。今後、ケアマネジャーへの疾患啓発、教育がより一層求められると考えられる。

【調査概要】
調査名:CMNRメディカル(第5回) 「軽度認知障害(MCI)のご利用者に関するアンケート」
期間:2019年2月22日~2019年3月3日
調査パネル:「ケアマネジメント・オンライン」に登録する会員ケアマネジャー (居宅介護支援事業所勤務者のみ)
調査サンプル数:625名
調査方法:WEBアンケート

「ケアマネジメント・オンライン」(http://www.caremanagement.jp/)調べ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP