新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)牡羊座~蟹座編

三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

【ビジネスの極意】三日坊主で終わらない! 語学学習を続けるコツ

フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満

家庭の預金額はいくら? 既婚者の半数が500万円以上、一方、独身者の3割が10万円未満!

主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。

【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|サ高住から“脱走”した母【前編】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】一家の大黒柱・父親の言うことは絶対。期待に応えるため、2人の妹を持つ姉として頑張るしかなかった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「父親は本当に芯が強い、真っ直ぐな人。そのことに気づくまで、時間がかかってしまいました」と語るのは、景子さん(仮名・43歳)。彼女は現在、東京でさまざまな資格を生かしてコンサルティングの仕事をしています。しっかりと目を見て話すところや丁寧な言葉遣いなど、第一印象から人当たりの良さを感じさせる女性です。

じっと座っている父親に、その周りで働く母親。小さい頃の父は絶対的な存在だった

景子さんは神奈川県出身で、両親と3歳下、6歳下に2人の妹がいる5人家族。父親は技術職のサラリーマン、母親は専業主婦で、両親の結婚はとても早かったと言います。

「両親は2歳差で母親の方が年下です。2人は英会話教室で出会い、父親が23歳の時に結婚して、当時母親は学生だったみたいです。父親も就職1年目の新入社員の時で、2人の結婚は周りから反対されたのを押し切ったかたちだと聞いています。母親は一度就職したみたいですが、私の物心がついた頃からずっと専業主婦で、私たちの面倒は母親が見てくれていました」

景子さんの家は一言で言うと、亭主関白。動かない父親の周りで働く母親という構図を、小さい頃からよく目の当たりにしていたそうです。

「父親は典型的な亭主関白で、食卓に座ったらまったく動かない。さらには、何も言わなくても父親が欲しいものを母親や私たちが汲み取って、食卓に準備しなければいけなかった。すべての準備が終わるまで食卓に座ることは許されなかったし、父親が食事に手をつけるまでは食事も始まらない。ご飯を食べる時にはテレビも音楽もかけてはいけなかったし、会話もダメだったんです。黙々と食事する時間は憂鬱でしたよ。でも、父親は仕事が忙しく、出張で家にいないことも多かったからなんとか乗り切れた感じです。父親のいない食卓はとても楽しかった記憶が残っていますね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯…
  2. 【娘のきもち】ずっと心にあった「親じゃないくせに」。隣で暮らす伯…
  3. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消…
  4. 【娘のきもち】他人行儀な親子関係を引きずったまま大人に。不和解消…
  5. 【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」とい…
PAGE TOP