新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

写真・文/矢崎海里

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

和食の基本、「だし」。

今はだしパックや顆粒調味料で手軽に使えるようになりましたが、基本のだしの取り方をご存じですか?

時間と手間は少々かかりますが、手をかけて取っただしは風味豊かで料理のレベルをぐっと上げてくれます。

そんなだしの取り方と、それぞれのだしを活用したレシピをこれから複数回にわたってご紹介していきます。
初回のテーマは「鰹節と昆布で取る一番だし」です。

鰹節×昆布の相乗効果!

和食のだしの中でも一番スタンダードのかつおだしと昆布だし。

昆布には「グルタミン酸」という旨味成分、鰹節には「イノシン酸」と「グアニル酸」という旨味成分が含まれています。

この2つが合わさることで、相乗効果が生まれ、さらに旨味や風味が強くなることが特徴です。

一番だしの取り方

一番だしの取り方

【材料】(約2人分)

昆布 5cm程度1枚
鰹節 10g
水 500ml

【作り方】

1.昆布はふきん等で表面の汚れを拭き取り、分量の水に一晩漬けておく

一番だしの取り方

2.1を火にかけ、中火で加熱する。沸騰する前に昆布を取り出す

一番だしの取り方

3.鰹節をいれ、あくを取り火を止める

一番だしの取り方

4.鰹節が沈んだら、ざるにキッチンペーパーなどをしいて濾す

一番だしの取り方

5.完成です

昆布は煮すぎるとネバネバ成分が溶け出してしまうので、沸騰前に必ず取り出しましょう。

濾すときは、絞ってしまうと鰹節の雑味が出て、せっかくの綺麗なだしも濁ってしまうので、そっと注いで濾してください。

一番だしは旨味の強い上品なだしです。

お吸い物やだし巻き、茶碗蒸しなどのだしを楽しむ料理に活用されます。

今回はだし茶漬けのレシピをご紹介します。

漬け真鯛のだし茶漬け

漬け真鯛のだし茶漬け

【材料】(1人分)

真鯛刺身 5枚
醤油 小さじ1と1/2
みりん 小さじ1と1/2
万能ねぎ 少々
大葉 1枚
いりごま 少々
一番だし 1カップ
ほうじ茶(ティーバッグ) 1つ
ごはん 一膳

【作り方】

1.みりんは鍋で沸かし、アルコールを飛ばす
2.あら熱が取れたら醤油と合わせ、真鯛を半日ほど漬ける
3.大葉を千切りに、万能ねぎは小口切りにしておく
4.鰹節と昆布で取った一番だしで、ほうじ茶を煮出す
5.丼にご飯を盛り、鯛を盛って薬味をトッピングし、だしをかけて完成

一番だしをそのままだし茶漬けにする場合は、シンプルにあられや海苔などで、今回のように漬けの刺身などをのせる場合は、ほうじ茶で煮出すとけんかせず、ちょうど良い旨味と香りを楽しむことができます。

食塩相当量:1.4g

* * *

都度だしを取るのは面倒ですが、一度にたくさん取って冷蔵庫で保存すれば、数日は長持ちします。

作り置きしておいて、遅く帰った日の夜ご飯や〆にもいいですね!

文/矢崎海里(やざき・かいり)
管理栄養士やフードスペシャリストなどの資格を生かし、企業で働く傍ら、Webメディアでも活動。おいしく食べて健康になれるごはんを研究中。

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」

  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝いしませんか?|「ぶりのあつめし」「ぶりの南蛮和え」

  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

  4. さつま汁

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差の激しい季節に食べたい、具だくさん汁

  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう!

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌」を作ろう!

  6. 鶏だしチャプチェ

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】鶏だしチャプチェ|鶏肉でだしを取ろう

  7. さきいかと菜の花の炊き込みご飯

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

  8. 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう

  9. 野菜だしの和風ポトフ

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜だしの和風ポトフ|捨てるのはもったいない! 野菜くずでだしを取ろう

  10. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|煮干しでだしを取ろう!

  11. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で二番だしを取ろう!

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理|鰹節と昆布で二番だしを取ろう!

  12. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|だしを楽しむ料理 鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】だしを楽しむ料理 |鰹節と昆布で一番だしを取ろう!

  13. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みかん胡椒を作ろう!

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】みかんの皮を捨てずに作る|「みかん胡椒」の作り方

  14. バターとトマトの濃コクチキンカレー

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|家にある調味料で手作り減塩カレー

  15. ゆずを使った減塩レシピ

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!生ゆずを使ったおかず2品|「鶏肉と大根のゆず風味煮込み」「鮭の幽庵焼き」

  16. 定番野菜で簡単減塩おかず2選

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者で…
  2. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝…
  3. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう 【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き…
  4. さつま汁 【管理栄養士が教える減塩レシピ】たっぷり根菜と鮭のあら汁|寒暖差…
  5. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうでふきみそを作ろう! 【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の山菜、ふきのとうで「ふき味噌…
PAGE TOP