新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    黒部「きときと寿し」のほたるいか

         

    【ひと皿の歳時記~第25回】黒部「きときと寿し」のほたるいか3月から出始めたほたるいか、今が旬の真っ盛り。地元では朝揚がったほたるいかをさっと湯がいて、酢味噌をつけて食べる。すし種としても人気の定番。甘みと苦みが合わ…

  2.  

    神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」

         

    【ひと皿の歳時記~第24回】神楽坂「山さき」の「ねぎまなべ」歳時記では「ねぎ…

  3.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その2

         

    前夜のお酒がまったくといっていいほど残っていない(!)ことに驚きながら、目覚めのよい朝。「霧島」焼酎…

  4.  

    焼酎の里へ美味なる旅・その1

         

    "日本一"の焼酎となった霧島酒造さん。いまや、都内でも「黒霧島」などを手にする機会が多くなりました。…

  5.  

    ロゼワインを科学する|料理とのマリアージュを見える化してみた

         

    見上げれば天空を覆うのは桜、手に持つワインもまた桜色。ロゼワインは花見の季節に最適である。フ…

  6.  

    揚げ油の選び方|安心・安全、健康によい油の条件とは

         

    質の高い油を選べばより健康的で旨い揚げ物が作れる数多ある油の中から、どんな油を揚げ物に使うか…

  7.  

    スペシャルティコーヒーの現実「琥珀の絆」第1回

         

    「コーヒー通」というとキリマンジャロだとかブルーマウンテンといった産地や銘柄の名前や味を知ってい…

  8.  

    土鍋で省エネおでん|【男のレシピ】短時間の加熱でできる

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は土鍋の優れた保温…

  9.  

    鴨とクレソンの鍋|【男のレシピ】肉の旨みと辛みがよく合う

         

    鍋料理はもちろん、煮込み料理や蒸し煮も、土鍋を使えばおいしく仕上がる。今回は「鴨とクレソンの…

  10.  

    アボカド炊き込みご飯|【男のレシピ】実はこんな料理にも

         

    熱帯アメリカ原産のアボカドは近年、日本の食卓に上る機会が増えた輸入野菜のひとつである。栄養価…

  11.  

    中米コスタリカのコーヒーが注目される理由とは

         

    中米に位置しながら生活水準が高く、平和な国コスタリカ。安定的な経済成長により首都サン・ホセ近郊の…

  12.  

    竹野「竹濤」の焼き蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第23回】竹野「竹濤」の焼き蟹兵庫県城崎温泉の先に竹野があ…

  13.  

    三田「コートドール」の苺のスープ

         

    【ひと皿の歳時記~第22回】三田「コートドール」の苺のスープ苺は、ヨーロッパ…

  14.  

    福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら

         

    【ひと皿の歳時記~第21回】福住「みかわ是山居」のしらうおのてんぷら」福住「…

  15.  

    鳥取「かに吉」の「魂炊」

         

    【ひと皿の歳時記~第20回】鳥取「かに吉」の「魂炊(たますい)」いまシーズン…

  16.  

    辛味大根は薬味の王様である

         

    蕎麦の薬味には、大根おろしがおすすめと、前回書いたが、大根の中でも蕎麦好きが好むのは、辛味大根だ…

  17.  

    六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水のジュレ」

         

    【ひと皿の歳時記~第19回】六本木「エディション・コウジ・シモムラ」の「牡蠣のポシェ・海水の…

  18.  

    北千住「バードコート」のトリュフの親子丼

         

    【ひと皿の歳時記~第18回】北千住「バードコート」のトリュフの親子丼トリュフ…

  19.  

    薬味で生きる蕎麦の味【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第7回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小さな薬味皿。この少量の薬味の使い方次第で、蕎麦の世界は、大きく広がることをご…

  20.  

    南青山「鮨ます田」のさばのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第17回】南青山「鮨ます田」のさばのにぎり2014年1月3…

  21.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前ま…

  22.  

    寒い季節の蕎麦の旅【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第6回】

         

    見知らぬ町で、おいしい蕎麦に出会ったりすると、とたんにその土地が大好きになる。旅をする楽しみの中…

  23.  

    丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト

         

    【ひと皿の歳時記~第15回】丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト2月26…

  24.  

    フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」

         

    【ひと皿の歳時記~第14回】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」1月、フランス…

  25.  

    元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ

         

    【ひと皿の歳時記~第13回】元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ白トリュフの季…

  26.  

    日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」

         

    【ひと皿の歳時記~第12回】日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」…

  27.  

    六本木「厲家菜」の豚肉と白菜

         

    【ひと皿の歳時記~第11回】六本木「厲家菜」の豚肉と白菜北京に本店のある「厲…

  28.  

    元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」

         

    【ひと皿の歳時記~第10回】元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」鯛の美味しい…

  29.  

    「自宅蕎麦屋」の楽しみ方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第5回】

         

    蕎麦打ちの趣味も、だんだん上達して、腕前がプロの領域に肉薄してくると、その力を発揮する場が欲しく…

  30.  

    東銀座「流石」本店のざるそば

         

    【ひと皿の歳時記~第9回】東銀座「流石」本店のざるそばそばがいよいよ美味しく…

PAGE TOP