華やかなハイボールはスパイスと好相性
●バンゲラズキッチン銀座(インド料理)

『マッキントッシュ』×「チキンウルワル」

甘やかに香る『マッキントッシュ』のパクチー入りハイボール870円。複雑な香りの料理にも負けない。鶏肉をカシューナッツやカレーリーフで炒めたスパイシーな「チキンウルワル」との相性は抜群だ。1600円。

インドは実はウイスキーの一大消費国で、生産量も世界トップクラスというウイスキー大国である。

「自国の料理に合わせて造られているのでしょう。インド産のウイスキーは、バニラのような甘やかで華やかな香りのものが多く、スパイスと相性がいいです」

そう話すのは『バンゲラズキッチン銀座』(東京)のオーナー、バンゲラ・プラシャント・ノナッヤさん(39歳)。両親の故郷、南インドの海辺の町・マンガロールの郷土料理を日本に広めたいと平成30年に同店を開いた。インド産の酒も充実させ、ウイスキーは3種常備。珍しいこともあり、ハイボールを頼む客は多いという。

『マクダウェルズ』×「テッティロスト」

インドで人気の高い『マクダウェルズ』。ハイボールにするとミルクチョコのような香りが立ち上がる。グラス720円。優しい味の料理にも向き、ゆで卵をクミンなどのスパイスで炒めた現地の家庭料理「テッティロスト」が進む。1130円。

「マンガロールは飲酒文化の発達した地方で、酒に合うつまみが豊富」というバンゲラさんの言葉どおり、50種近くの料理がメニューに並ぶ。現地の高級店を経て来日した料理人が、厨房で腕をふるう。

ココナッツ、カシューナッツなどを多用した複雑でスパイシーな料理は、いずれも華やかなハイボールと親和性がある。

バンゲラさんが発案したというパクチー入りのハイボールもあり、新たな味覚を体験できるだろう。

『アムルット シングルモルト』×「プリムンチ」

サンスクリット語で「人生の霊酒」を意味する『アムルット』は、なめらかな飲み口のシングルモルト。ハイボール、グラス1320円。旬の魚をココナッツで煮た「プリムンチ」。魚の種類等による時価。写真はカサゴ。

オーナーのバンゲラ・プラシャント・ノナッヤさん。昭和57年、インド生まれ。平成22年にIT関連の仕事で来日し、飲食店経営に。

バンゲラズキッチン銀座

東京都中央区銀座西2-2銀座インズ2、2階
電話:03・3561・5516
営業時間:11時~22時15分(食べ物の最終注文)、22時30分(飲み物の最終注文)
定休日:ビルの営業に準ずる
交通:地下鉄銀座線ほか銀座駅より徒歩約1分、JR有楽町駅より徒歩約3分

『サライ』7月号の特集はハイボール。炭酸水で作るハイボールを料理と共に味わうコツを達人が紹介します。

Amazonで商品詳細を見る

楽天市場で商品詳細を見る

※この記事は『サライ』2022年7月号より転載しました。(取材・文/安井洋子 撮影/森本真哉)

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品