もはや「ご飯のおかず」という考え方だけで食してはいけない。新たな可能性を探り続け、歴史に名を残すかもしれない店とは。

美濃焼きの皿に盛られた料理を音や香りが“五感”に響く席で

車力門ちゃわんぶ(東京)

「特選ヒレかつ定食」4400円より。山形三元豚のヒレかつ(220g)は豊かな旨味が特徴。スパークリングワイン、グラス1200円。
「アジフライ」時価。大きな鰺が入った時のみ提供。時には武澤さんが釣り上げた鯛のフライが供されることも。

東京・新橋の『京味』といえば、惜しまれつつ閉店した京料理の名店。ここで修業した『車力門ちゃわんぶ』店主の武澤剛志さん(44歳)は、その経験をとんかつ専門店で生かしている。「テンポよく提供すること」を心掛けているという武澤さん。カウンター席に座ると、素材を切る音や香りなどが五感に響くが、それも『京味』時代に学んだ「もてなし」のひとつだ。

豚肉は米沢三元豚や山形三元豚を中心に提供し、「ナチュラルな香りや脂の甘みに惚れ込んだ」という。米油を使って揚げるのは、「豚の脂をきれいに生かしてくれるから」、揚げ方も「油が切れるよう中温に変えました」という。

最近はカレー作りにも凝り始め、とんかつ用の豚肉を挽肉にして加えて締めに提供している。

武澤さんの趣味は釣り。修業時代に魚をおろす経験も長かったので、その技術も生かし、自ら釣った魚や仕入れた魚をおろしたてで提供している。定番のアジフライは身がふっくらと揚がり、かつ前に酒とともに味わいたい逸品だ。

美濃焼の基台付きの皿に盛って料理を出すのは、「ハレの日に楽しんでほしい」という願いからだ。

「野菜すり流しカレー」(760円)は梅山豚(メイシャンとん)、米沢三元豚、山形三元豚の挽肉が入る贅沢な味。かつを絡め、締めとして食べるのに人気。

東京都新宿区荒木町3-22 島ビル1階
電話:03・3356・1680
営業時間:11時〜14時(11時〜、12時〜、13時〜の3部制)、18時〜21時30分(21時最終注文) 
定休日:水曜
交通:地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩約4分

※この記事は『サライ』2022年5月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
8月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品