新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味料理レシピ

  1.  

    思わず料理を作ってみたくなる一冊!『定年からの台所入門』【印南敦史の定年本イッキ読み6】

         

    文/印南敦史読み手の関心を無理なく惹きつける、なんとも魅力的な文章を書く人だなと感じた。しかし、それもそのはず。『定年からの台所入門』(実業之日本社)の著者・北 連一氏は、幅広い分野において活躍してきた元編集者だというのだ。…

  2.  

    独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理3】

         

    文・写真/馬場吉成滋賀県の名産品である「鮒寿司」(ふなずし)は、魚を塩とご飯とを使い…

  3.  

    臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理2】

         

    文・写真/馬場吉成“臭い食べ物”といって思いつくものを挙げてもらうと、かなり上位に名…

  4.  

    江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「煮貫」(にぬき)【酒がすすむ醸し料理1】

         

    文・写真/馬場吉成蕎麦やうどんを食べる際には、今では醤油や砂糖、味醂などを使って作る…

  5.  

    味噌選びは「塩」選び!塩分摂取を抑えて美味しく仕上げる発酵調味料の知恵【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第5回】

         

    塩分は控えなければならないというのに、味噌など塩をたっぷり使った発酵調味料は体にいいと推奨さ…

  6.  

    沖縄の旧正月にかかせない!具だくさんの汁物「イナムドゥチ」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行19】

         

    文/鳥居美砂お正月といえば雑煮。日本各地には、その土地土地の食文化を映す雑煮がありま…

  7.  

    ロコモやサルコペニア対策にも!ケアリングフード的「たんぱく質の上手な摂り方」とは?【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第4回】

         

    お肉は肥満の原因になる、血液をドロドロにするなど、体に悪いイメージがあり、特にサライ世代では…

  8.  

    いわば江戸版クレープ!利休好みの菓子「ふのやき」の作り方【再現!江戸飯レシピ8】

         

    茶人千利休が茶会でよく用いたといわれる茶菓子のひとつ「ふのやき」。「麩の焼き」と書き、「麩」…

  9.  

    沖縄で冬至に食べる伝統料理「トゥンジージューシー」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行18】

         

    冬至は二十四節気のひとつで、1年で最も昼が短い日。ここ沖縄では「トゥンジー」と呼び、夕方5時…

  10.  

    雷鳴のようなバリバリ音が食欲をそそる!豆腐の油炒め「雷豆腐」【再現!江戸飯レシピ7】

         

    本連載の第1回目で、豆腐料理ばかりを100種類紹介する料理本『豆腐百珍』をご紹介しましたが、…

  11.  

    知っておきたい!「食用油」の上手な摂り方・使い方の秘訣【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第3回】

         

    オリーブオイル、ココナッツオイル、アマニ油……、ここ数年、健康志向のオイルブームが続いていま…

  12.  

    味噌と醤油ふたつの味わい!旨いラフテーの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行17】

         

    鳴き声以外は全部食べる−−。沖縄で豚との付き合い方を表す言葉ですが、ミミガー(耳皮)、チラガ…

  13.  

    『分とく山』野﨑洋光さん直伝!井上誠耕園「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」の香りと風味を活かした家庭で楽しむ和の献立3選【PR】

         

    “日本の地中海”とも呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ小豆島(しょうどしま)は、温暖な気候に恵まれ、古…

  14.  

    これは豪快!元まぐろ船コック長が教える「まぐろの旨い食べ方」2つ

         

    刺身からステーキまで、まぐろの食べ方は多種多様。より旨く食べるには、まぐろを知り尽くした料理人に聞く…

  15.  

    お米は悪者じゃない!知っておきたい糖質コントロールの極意【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第2回】

         

    肥満や糖尿病の原因になるからと、最近、お米やパンなど炭水化物は“悪者”扱いになっています。し…

  16.  

    常識を覆す美味なる健康食!「ケアリングフード」とはいったい何か【エピキュール藤春シェフのケアリングフード講座 第1回】

         

    健康に気を遣って食事を変えたいと思いながらも、体にいい食事は「味気ない」「物足りない」という…

  17.  

    ぜんぜん難しくない!精進料理の達人が説く「精進料理3つの心得」とは

         

    仏教寺院で僧侶たちが日常口にする食事が「精進料理」。とくに曹洞宗では、開祖・道元の教えにした…

  18.  

    1杯0.5gも減塩できる!具だくさんなのに簡単な「安心みそ汁」の基本

         

    みそ汁はもっとも一般的な和食メニューのひとつです。子どものころから毎日飲んでいて、食卓にない…

  19.  

    新米の季節に味わいたい!とっても簡単な「茸の炊き込みご飯」の作り方

         

    新米の季節がやってきた。長年、「コシヒカリ」を愛食してきた筆者だが、近年は故郷・山形が開発し…

  20.  

    本格レシピを大公開!沖縄きってのソウルフード「沖縄そば」の実態に迫る【沖縄ぬちぐすい紀行14】

         

    沖縄に来たら、まず外せない食べ物が「沖縄そば」でしょう。ウチナーンチュ(沖縄の人)のソウルフ…

  21.  

    万能調味料・煎り酒で食す江戸版ポーチドエッグ磯菜卵(いそなたまご)の作り方【再現!江戸飯レシピ6】

         

    かつて日本では、仏教の戒律により肉や卵などを食べることは禁忌とされていました。しかし、江戸時…

  22.  

    これぞ江戸ッ子のスタミナ料理!ニラたっぷり「ニラ雑炊」の作り方【再現!江戸飯レシピ5】

         

    疲労回復に効果的なスタミナ野菜といえばニラです。東アジアが原産ですが、『古事記』や『万葉集』…

  23.  

    しょうがの香りがやみつきに!江戸の料理書『甘藷百珍』の「衣かけ芋」【再現!江戸飯レシピ4】

         

    さつま芋が日本に渡ってきたのは江戸時代初期で、普及したのは中期といわれています。享保の大飢饉…

  24.  

    お酒の〆に乙な味!4種の薬味で変化を楽しむ江戸時代の「玉子粥(がゆ)」【再現!江戸飯レシピ3】

         

    飲み過ぎた後に、二日酔いの朝に、体に嬉しい「玉子粥(がゆ)」。ごはんを煮て、かき玉子を加えて…

  25.  

    江戸っ子の遊び心!精進料理の逆をいく「イカうどんもどき」の作り方【再現!江戸飯レシピ第2回】

         

    精進料理では生臭物を使った料理はタブー。そのため、野菜を使って、肉や魚に見立てた“もどき料理…

  26.  

    お酒のアテにぴったり!一晩でできる『豆腐百珍』の「味噌漬豆腐」【再現!江戸飯レシピ 第1回】

         

    今回から始まるシリーズ「再現!江戸飯レシピ」。江戸時代の料理本を元に、筆者が当時の料理を再現…

  27.  

    『分とく山』野﨑洋光さん直伝! この夏おすすめの「檸檬(レモン)オリーブオイル」を使った絶品和食レシピ 【PR】

         

    香川県の小豆島(しょうどしま)は、瀬戸内海に浮かぶ風光明媚な島。この地で、昭和21年にオリー…

  28.  

    那覇の穴場食堂『あじまあ』昼バイキングで沖縄食材を堪能【沖縄ぬちぐすい紀行10】

         

    沖縄観光でほとんどの人が訪れる場所のひとつが、那覇の台所・牧志公設市場です。そのカオス然としている光…

  29.  

    沖縄の夏を乗り切る食の知恵!ゴーヤーは「味噌煮」で食すべし【沖縄ぬちぐすい紀行9】

         

    全国的にも梅雨が明けて、いよいよ夏本番ですね。今年の沖縄は例年より梅雨明けが早く、連日猛暑が…

  30.  

    プロ直伝!沖縄伝統の和スイーツ簡単レシピ2種【沖縄ぬちぐすい紀行5】

         

    中国で航海安全の守護神とされるのが、媽祖(まそ)です。中国の影響を色濃く受けた沖縄にも、かつ…

PAGE TOP