新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

         

    取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・みつまさ)の作品展が開かれています。安野光雅は、大正15年(1926)、島根県津和野町生まれ。幼少から絵が大好きな少年でした。…

  2.  

    長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベントがあります

         

    声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

  3.  

    「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展

         

    取材・文/池田充枝東京が誕生してから今日に至るまでの変遷を辿る展覧会が開かれています…

  4.  

    「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側を聞く

         

    取材・文/藤田麻希絵本画家・いわさきちひろ。絵本やカレンダーなどで、一度はその作品を…

  5.  

    静岡の別邸でお茶とピアノを楽しみ尽くす特別な一夜「茶音の会」with 和樂

         

    お茶どころ静岡ならではの多様な味覚と〝ヤマハ〟が極めた音楽。このふたつが出合うまったく新しい茶会「茶…

  6.  

    幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る

         

    取材・文/池田充枝悲劇の女性、細川ガラシャが生きた時代とその生涯…

  7.  

    吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説

         

    取材・文/池田充枝現代木版画の巨匠として国内外で評価の高い、吉田博の代表作を展観する…

  8.  

    陶芸家・河井寬次郎の「暮らし」の作品を愛でる没後50年の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希「ひとりの仕事でありながら、ひとりの仕事でない仕事」これは…

  9.  

    岸田劉生が追い求めた「写実」以上のもの

         

    取材・文/池田充枝日本の近代美術史に大きな足跡を残した岸田劉生(1891-1929)…

  10.  

    国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

         

    取材・文/藤田麻希今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安…

  11.  

    国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

         

    取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

  12.  

    奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

         

    取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

  13.  

    ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを

         

    取材・文/池田充枝「人は死んだらどうなるのか?」、こうした疑問は誰もが心の片隅に持っているこ…

  14.  

    東京・虎ノ門『錠前屋珈琲』でコーヒー豆の焙煎を体験してみた

         

    取材・文/編集部豆にもこだわりがあるコーヒー愛好家なら、「一度はやってみたい!」と思うのがコ…

  15.  

    ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の能面と能装束》

         

    取材・文/池田充枝能の舞台に用いられる仮面が能面(のうめん)ですが、能の世界では特に…

  16.  

    まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の至宝》展

         

    取材・文/池田充枝ご存知のとおり、筆や硯(すずり)の起源は中国にあります。今回は、時…

  17.  

    くねらせた腰、真っ赤な唇…妖しすぎる大正時代の美人画を愛でる《岡本神草の時代展》

         

    取材・文/藤田麻希大正時代、京都や大阪など関西の若手画家を中心に、耽美的で妖艶な美人画が流行…

  18.  

    MOA美術館が誇る琳派コレクションの秀作を堪能《琳派−光悦と光琳》展

         

    取材・文/藤田麻希狩野派、土佐派、円山派など、日本美術には多くの流派がありますが、そのどれと…

  19.  

    見よこの肉体美!天才ミケランジェロの傑作彫刻で《理想の身体》を味わう

         

    取材・文/池田充枝イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-15…

  20.  

    住友財閥総帥が集めた至高の漆芸品を拝見《うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界》

         

    取材・文/藤田麻希日本の私立美術館には、根津美術館(東京)や藤田美術館(大阪)、香雪美術館(…

  21.  

    専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

         

    家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

  22.  

    白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

         

    終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

  23.  

    歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

         

    取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

  24.  

    【第79回人形町らくだ亭】8月21日開催!柳家さん喬が『福禄寿』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年8月の第…

  25.  

    御年86歳、映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの生演奏を聴く@ブルーノート東京

         

    文/堀けいこ落ち込んだり、悲しいことに出会ったりしたとき、映画や音楽に接することで、気持ちが…

  26.  

    これが西郷隆盛の真の顔!? 維新の英雄・西郷どんの全てがわかる特別展《NHK大河ドラマ特別展 西郷どん》

         

    取材・文/池田充枝今年2018年のNHK大河ドラマの主人公となっている西郷隆盛(さいごう・た…

  27.  

    M.C.エッシャーの目眩く不思議世界を堪能!《ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵》

         

    取材・文/池田充枝「だまし絵(トロンプ・ルイユ)」で知られる20世紀を代表する版画家のひとり…

  28.  

    漆蒔絵の多彩な技を実物から学べる展覧会《はじめての古美術鑑賞 漆の装飾と技法》

         

    取材・文/藤田麻希朱や黒の地に金銀で装飾を施した艶やかな漆器。会席料理では必ず目にし…

  29.  

    竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》

         

    取材・文/藤田麻希明治から大正にかけて活躍した画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ、18…

  30.  

    サライ・ムック『江戸城と大奥』刊行記念!魅惑の「江戸城探訪ツアー」やります

         

    文/編集部来たる6月5日に、サライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』を刊行します。そして…

PAGE TOP