新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

  1. 風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

    取材・文/池田充枝風景画の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1851)の、日本初出品を含む約180点が一堂に会する展覧会が北九州市立美術館本館で開かれています(〜2018年2月4日まで)ターナー…

  2. 葛飾北斎と西洋の芸術家たちの夢の共演『北斎とジャポニスム』展

    取材・文/藤田麻希江戸時代、鎖国政策のため日本と西洋世界の交流は限られていましたが、19世紀半ば…

  3. 第69回正倉院展|西域伝来、聖武天皇ゆかりの御物が一般公開中

    取材・文/池田充枝奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には、重要物品を納める「正倉」が設け…

  4. 怖い絵展|思わず背筋がゾッとする怖い絵ばかりの展覧会

    取材・文/池田充枝2007年、作家でドイツ文学者の中野京子氏が出版した『怖い絵』(朝…

  5. 生きているかのようなリアルさに驚愕!動物画の名手・木島櫻谷展

    取材・文/池田充枝明治から昭和にかけて活躍した、京都の日本画家・木島櫻谷(このしま・おうこく…

  6. 19世紀末パリの優雅で瀟洒なグラフィック・アートを集めた展覧会

  7. 長沢芦雪展|独創的で型破りな作品を生み出した奇想の画家の展覧会

  8. 祝80歳!ベースの巨匠ロン・カーターの円熟の極みを聴くライブ

  9. 81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート

  10. 日本の文士たちの愛用品を総覧!写真展『文士の逸品 物から物語へ。』

  11. 遅咲きには理由があった!? 画聖・雪舟は「不器用な画僧」だった

  12. 話題の京博『国宝』展で「これだけは見逃せない」必見の作品とは

  13. 洲崎パラダイス 赤信号|場末の特飲街に暮らす浮草のような男女【サライ名画館】

  14. 文人画の先駆者・柳沢淇園の主要作が約50年ぶりに集う展覧会

  15. 発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

  16. 千両役者は盆栽狂?江戸で花開いた園芸文化と三代目尾上菊五郎

  17. 大盛況!あべのハルカス『北斎』展で北斎の肉筆画に心ふるえる

  18. 明治以来の精神を継ぐ「驚異の超絶技巧」工芸品の展覧会

  19. 史上最大の「運慶」展で天才仏師の造形の粋を堪能する

  20. 大藩62万石を築いた戦国の英雄・伊達政宗のすべてに迫る展覧会

  21. 狩野派の画風をつくった絵師・狩野元信の代表作が一堂に集結!

  22. 飢餓海峡|洞爺丸沈没を背景に描く社会派ミステリー【サライ名画館】

  23. 稀代の浮世絵師・葛飾北斎の大規模な展覧会『北斎-富士を超えて-』【ご招待あり】

  24. 白寿の画家・堀文子さんの展覧会『堀文子展 ~生命を描く~』

  25. 慈愛の人「良寛」の純真で高貴な書に癒される展覧会

  26. 五代目桂三木助の襲名披露興行に『サライ』が後ろ幕を贈りました

  27. 五街道雲助がトリで『品川心中』を口演!「第75回人形町らくだ亭」は11月29日開催

  28. 史上空前!東京国立博物館「運慶展」見に行く際のただ一つの心得とは

  29. 絵師・鈴木春信の傑作浮世絵の数々が米ボストンから里帰り中

  30. 新国立劇場オペラ10月『神々の黄昏』公演で「指環」四部作が完結

PAGE TOP