新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

  1. 最後の浮世絵師・月岡芳年の展覧会《芳年―躍動の瞬間と永遠の美》

    取材・文/池田充枝浮世絵師・月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと変遷する時代に活躍した絵師です。浮世絵の需要が失われつつあった当時において、最も大成した絵師であることから「最後の浮世絵師」と称され、人々を魅了し続けてい…

  2. モネ、ピカソ、ムンク、ロートレック…世界の巨匠たちの青春時代の作品展

    取材・文/池田充枝どんな巨匠にも子ども時代があり、多感な青春時代がありました。モネ、ピカソ、…

  3. 名画で辿るパリジェンヌたちの美しき姿《ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち》

    取材・文/池田充枝近現代の世界のなかで常に流行をリードする、文化の花開く都パリ。そんな魅力あ…

  4. 希代の猫アート収集家のコレクションを展示《招き猫亭コレクション 猫まみれ展》

    取材・文/鈴木拓也謎多き猫アートのコレクター、招き猫亭をご存知だろうか。著書の『猫まみれ』(…

  5. 江戸時代に花開いたカラフルなやきもの「色絵」の魅力に迫る展覧会《色絵 Japan CUTE!》

    取材・文/池田充枝色絵(いろえ)は、古九谷・柿右衛門・鍋島といった磁器や、野々村仁清・尾形乾…

  6. アラブの栄華を物語る文化財が集結!《アラビアの道ーサウジアラビア王国の至宝》展|

  7. 鳥好き必見!鳥だらけの日本画展《国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング》

  8. 夜の河|若く美しい染物職人と学者の恋を描く名画【サライ名画館】

  9. 智の巨人・南方熊楠の真の姿に迫る展覧会《南方熊楠-100年早かった智の人-》

  10. 東京駅で「鉄道絵画」の魅力にふれる展覧会《鉄道絵画発→ピカソ行》

  11. “超俗の画家“熊谷守一の意外にも緻密な一面を紐解く展覧会「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」

  12. 春日大社の国宝の太刀に猫好きがほっこりする理由【にゃんこサライ特別編9】[PR]

  13. 奈良・長谷寺に伝わる荘厳な宗教音楽「声明(しょうみょう)」を聴く会

  14. 日本画壇に革新をもたらした三人の画家「日本画三山」の展覧会

  15. 日本を愛した画家・川合玉堂の癒しの風景画を愛でる展覧会

  16. 「庭園画」に描かれた庭園と現状の庭園とを比べてみる楽しみ

  17. 古今亭志ん輔がトリで『お見立て』を口演!「第76回人形町らくだ亭」は2月5日開催

  18. 日本画壇の実力派たちによる「知られざる傑作」33点が足立美術館で展観中

  19. 江戸の大名庭園『六義園』の昔と今を「庭園画」で比較してみた

  20. 失われた江戸の名園たちが眼前に!美しき「庭園画」の世界展

  21. ジャズ歌の女王エラが愛した名曲をパティ・オースティンが歌うライブ

  22. 仁清と乾山、京のやきものを牽引した2人の展覧会

  23. 六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

  24. 技巧を駆使した精緻な「刀装具」の名品を堪能できる展覧会

  25. アンセル・アダムスの美しく崇高な風景写真を堪能する展覧会

  26. 日本画家・堀文子さん99 歳、描き続ける「いのち」の軌跡

  27. 四十八歳の抵抗|人生の盛りを終えようとする男の焦りが切ない【サライ名画館】

  28. 若冲や応挙も学んだ中国・明清絵画の名品を味わう展覧会

  29. 狩野芳崖と四天王|近代日本画の父と弟子たちの知られざる画業

  30. “綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

PAGE TOP