新着記事

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

突然ですが、「口臭」が気になったことはありますか? 例えばビジネスシーンで、相手の口臭が気に…

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

バーベキューといえば、炭を敷いた上に網を置いて、食材を載せて焼くのが常識。でもそれだと場所も…

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)クラシックのコンサートは退屈と…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

旅先でウェルネスを求めるグローバルトレンドの高まりに伴い、日本でもデトックス…

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

取材・文/藤田麻希昨今の日本美術ブームで、美術館に出かけるかたは多いのではないでしょうか。何…

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

天面に牛革(スエード)が張られた、モダンで小粋な草履です。滑らかなスエードの感触に加え、土踏…

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

取材・文/末原美裕子どもの頃の社会科見学は何もかもが新鮮な光景でしたが、道理の分かっ…

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1.  

    現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

         

    取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノをヨーロッパに派遣しました。天正少年使節です。少年たちはポルトガル・リスボンに上陸し、スペインを経由しながら陸路で…

  2.  

    醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

         

    取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

  3.  

    喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

         

    取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

  4.  

    バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】

         

    取材・文/池田充枝17世紀ヨーロッパを代表する画家、ぺーテル・パウル・ルーベンス(1…

  5.  

    世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】

         

    取材・文/池田充枝ヨハネス・フェルメールは、1632年、オランダのデルフト生まれ。2…

  6.  

    仏像が、走る・踊る!?仏像の新たな一面を楽しめる展覧会をレポート

         

    取材・文/藤田麻希お寺や展覧会で仏像を間近にしたとき、私たちは「素晴らしい仏像ですね」とか「…

  7.  

    日本画の父・狩野芳崖と、その高弟たちの展覧会【特別展 狩野芳崖と四天王 ―近代日本画、もうひとつの水脈―】

         

    取材・文/藤田麻希「日本画」という言葉が、明治時代以降に誕生したものであることをご存じでしょ…

  8.  

    【第81回人形町らくだ亭】11月26日開催/古今亭志ん輔が『お若伊之助』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。今年最後となる11…

  9.  

    旬の日本ワインを飲み比べて楽しむ『日本ワインウイーク』開催します

         

    文/編集部今や日本全国でワイナリーの数は283を数え(2017年3月現在)、10月30日から…

  10.  

    現代美術の父 マルセル・デュシャン【東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展 マルセル・デュシャンと日本美術】

         

    取材・文/池田充枝マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋美術の価…

  11.  

    愛の画家 ジョルジュ・ルオー【開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデル二テ】

         

    取材・文/池田充枝ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、パリの下町で生まれ、1…

  12.  

    多才がゆえに埋もれてしまった!?奇想絵師「横山華山」の筆技に喫驚

         

    曾我蕭白の強烈な描写や円山応挙の写実性を身につけ、独自の道を歩んだ絵師・横山華山(よこやま・かざん)…

  13.  

    万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』

         

    取材・文/田中昭三万葉集といえば大和(奈良県)を連想する人が多いに違いないが、北陸の富山県に…

  14.  

    日本美術を愛した謎多き画家、ボナール【オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展】

         

    取材・文/池田充枝1880年代末から90年代にかけて、ゴーギャンの崇拝者であるポール…

  15.  

    「太陽の塔」48年ぶりの内部公開!圧倒的な展示内容を紹介

         

    取材・文/池田充枝大阪吹田の千里丘陵に独り立つ「太陽の塔」。1970年(昭和45年)…

  16.  

    見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

         

    取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

  17.  

    ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

         

    取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

  18.  

    悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注目した展示が開催

         

    取材・文/池田充枝「老後の達人」として悠々自適の晩年を送った仙厓…

  19.  

    アートの楽しみ方を体感する! 三菱商事アート・ゲート・プログラム スペシャルイベント 「アートのちから」

         

    三菱商事が社会貢献活動の一環として取り組むアート・ゲート・プログラム。第40回目のチャリティー・オー…

  20.  

    特別イベント『発見!刀剣×講談が生む〈劇的ロマン〉』開催します~刀匠・河内國平×講釈師・神田松之丞

         

    いまゲームやアニメなどをきっかけに、若い女性が刀剣に熱い視線を送っています。また、“絶滅危惧職”とも…

  21.  

    特別イベント『国宝応援団2018』を日本橋三越本店で開催します~「週刊ニッポンの国宝100」全50巻完結記念

         

    「国宝は、国の宝であり、私たち国民の宝」であることを再確認し、国宝の素晴らしさを伝えていくプロジェク…

  22.  

    ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

         

    文/堀けいこ音楽に限らず、様々な芸術分野で活躍する優れたアーティストを語るときに使わ…

  23.  

    歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満足の展覧会

         

    取材・文/池田充枝喜多川歌麿が牽引した江戸後期の浮世絵の系譜を一望できる展覧会が開かれていま…

  24.  

    国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】

         

    取材・文/池田充枝東山魁夷は明治41年(1908)横浜生まれ。神戸で育ち、大正15年(192…

  25.  

    “おみやげ”は日本特有の文化!深い世界に迫る「ニッポンおみやげ博物誌」展

         

    取材・文/藤田麻希夏休みやお盆休みで旅行に行かれた方は、職場の同僚や親戚などにおみやげを買う…

  26.  

    セミの親子串揚げ、タガメカクテル…未来の食卓は、昆虫料理が救う!?

         

    世界が大注目!21世紀を救う食材「昆虫」虫を食べる、というとゲテモノとかキワモノに思う人が多いか…

  27.  

    【第80回人形町らくだ亭】10月5日開催/『お富与三郎』を馬生門下の師弟リレーで聴く

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年10月5…

  28.  

    博多人形づくりの名工・中村信喬さんが語る「日本伝統工芸の真髄」とは

         

    現代日本の伝統工芸の最高峰が一堂に集まる「日本伝統工芸展」が、今年も9月19日[水]~10月1日[月…

  29.  

    とっても「いたそう」な絵も。激動の時代を生きた鬼才浮世絵師、芳年

         

    取材・文/藤田麻希牛若丸と弁慶が満月の晩に五条橋で決闘しています。ピョンと飛び上がっ…

  30.  

    没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

         

    取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

PAGE TOP