新着記事

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

我が闘病|角盈男「前立腺がんを克服して、今思うこと」

取材・文/田中周治58歳の時に前立腺がんが発覚した角盈男さんに、闘病生活を振り返って…

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

  1. 知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

    取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1940)。愛称はリコウ。京都に生まれ、多感な青春時代を文学に傾倒した利行は、自ら歌集も出版しますが、30歳頃に上京。本格的に絵画を志して作画…

  2. 琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

    取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

  3. 徳利の語源って?日本古来の「酒器」の名品を観賞《酒器の美に酔う》展

    取材・文/藤田麻希日常生活から慶事にいたるまで、我々の生活とは切り離すことのできないお酒。そ…

  4. 岩佐又兵衛の傑作「浄瑠璃物語絵巻」全12巻が一挙に公開《岩佐又兵衛 浄瑠璃物語絵巻》

    取材・文/池田充枝大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡した江戸時代初期の絵師、…

  5. キュビスムの巨匠ブラック晩年の絢爛たる作品群を見る《ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス》

    取材・文/池田充枝フランスの画家ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、20世紀初頭、…

  6. 日本美術史の教科書のような贅沢な展覧会《特別展「名作誕生-つながる日本美術」》

  7. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京に登場!

  8. 徳川家康ゆかりの本願寺寺宝が関東初公開!《本願寺・寺宝展「東本願寺と江戸幕府」》

  9. 画業100年!105歳の美術家・篠田桃紅の挑戦の全貌を見る《篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち》展

  10. 神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

  11. 南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

  12. なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

  13. 誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

  14. 京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

  15. 林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

  16. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

  17. 面白すぎる江戸の滑稽絵を集めた展覧会《江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで》展

  18. 旅情をそそる巨匠たちの傑作風景画が来日《プーシキン美術館展―旅するフランス風景画》展

  19. 戦禍を免れた「奇跡のネガ」277枚に写っていた80年前の沖縄の姿《よみがえる沖縄1935》展

  20. 無類の猫好き画家が描いた、愛すべき猫たちの姿《猪熊弦一郎展 猫たち》

  21. 上村松園の最高傑作《序の舞》が修理後初公開!「東西美人画の名作《序の舞》への系譜」展

  22. 美しき「裸体画」ばかりの展覧会《ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより》

  23. 佐竹本三十六歌仙「藤原興風」が初公開!メナード美術館《ひと 人・顔・姿》展

  24. 「現代の囲炉裏」でワイワイ楽しむ!日本酒 家呑み パーティ講座【サライ読者イベント特別レポート】

  25. プーシキン美術館展を閉館後にゆったり楽しめるプレミアム鑑賞会

  26. 江戸の絵師たちが追求した不思議な現実《リアル 最大の奇抜》展

  27. 御年80歳、日本が世界に誇る人形作家「与 勇輝」創作人形の集大成

  28. 大阪・中之島に日本美術の美術館「中之島香雪美術館」が誕生!《珠玉の村山コレクション》展

  29. 【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎買い』を口演

  30. 日本浮世絵史上の二大巨頭が夢の饗宴《北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次》

PAGE TOP