新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

文/堀けいこ

世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる。

時代を超えて愛される名作。そんな言葉に惹かれて出かけた展覧会や音楽会を楽しんだ帰り道は、満ち足りた気分になるもの。オペラにもそんな名作が数多くあるが、中でも筆頭に挙げられるのが『カルメン』。今シーズンの新国立劇場で間もなく上演される『カルメン』も、観劇後の満足度が高いこと間違いなしだ。

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

印象的なフレーズが耳に残る前奏曲に始まり、「ハバネラ」「闘牛士の歌」など数々の名曲にのせて、魔性の女カルメンと一途な男ドン・ホセとの愛と死のドラマが繰り広げられるオペラ『カルメン』。その初演は1875年3月3日のパリ オペラ コミック座。若くしてこの世を去ったビゼーの代表作で、フランス・オペラの中で最も有名な作品でもあることは疑いの余地がない。

『カルメン』は、新国立劇場で上演される幅広い演目の中でもとくに人気の高い作品。日本を代表する鵜山仁による演出は、カルメンのもつ激烈なエネルギーを描き出し、これまでも客席を埋め尽くす人々の感動を呼んだ。今回も大迫力の合唱や、エキゾチックなダンスの見せ場など、オペラの醍醐味を存分に味わうことができるだろう。

加えて、今回は、“新世代のカルメン歌い”と言われるジンジャー・コスタ=ジャクソンの主演という、とびきりの話題がある。メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する卓越した歌唱力をもつメゾソプラノ。情熱的な美貌の持ち主で、カルメンを当たり役とする、今もっとも注目されるオペラ歌手のひとり。自由に恋し、熱く生きるカルメンを歌う彼女の新国立デビューに期待が高まる。

ジンジャー・コスタ=ジャクソン

ジンジャー・コスタ=ジャクソン

ドン・ホセには、ロシアの名門ボリショイ劇場のスター、オレグ・ドルゴフ。ミカエラは、透明感のある歌声が心を惹きつける日本を代表するプリマドンナ、砂川涼子が演じる。

誰もが知っているフレーズが次々と聴こえてくる『カルメン』は、オペラが初めての人でも、何度も観てきた人でも楽しむことができる。全3幕の決して短くはない上演時間だが、最初から最後まで舞台に目が釘づけで、時間の長さを感じることがない。

秋も深まるこの時期にこそ楽しみたい、心を熱くしてくれるオペラだ。

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場 2018/2019シーズン

オペラ『カルメン』

作曲・ジョルジュ・ビゼー[全3幕/フランス語上演 日本語字幕付]

公演日 2018年11月23日(金・祝)〜12月4日(火)

会場  新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1

■新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

■問い合わせ 電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  2. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
  3. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦 心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品…
  4. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP