新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

人気のオペラ『カルメン』|メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する美貌の歌手、コスタ=ジャクソン新国立デビュー

文/堀けいこ

世界中から熱い視線を浴びる美貌の歌手、コスタ=ジャクソンが歌うカルメンに期待が高まる。

時代を超えて愛される名作。そんな言葉に惹かれて出かけた展覧会や音楽会を楽しんだ帰り道は、満ち足りた気分になるもの。オペラにもそんな名作が数多くあるが、中でも筆頭に挙げられるのが『カルメン』。今シーズンの新国立劇場で間もなく上演される『カルメン』も、観劇後の満足度が高いこと間違いなしだ。

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

印象的なフレーズが耳に残る前奏曲に始まり、「ハバネラ」「闘牛士の歌」など数々の名曲にのせて、魔性の女カルメンと一途な男ドン・ホセとの愛と死のドラマが繰り広げられるオペラ『カルメン』。その初演は1875年3月3日のパリ オペラ コミック座。若くしてこの世を去ったビゼーの代表作で、フランス・オペラの中で最も有名な作品でもあることは疑いの余地がない。

『カルメン』は、新国立劇場で上演される幅広い演目の中でもとくに人気の高い作品。日本を代表する鵜山仁による演出は、カルメンのもつ激烈なエネルギーを描き出し、これまでも客席を埋め尽くす人々の感動を呼んだ。今回も大迫力の合唱や、エキゾチックなダンスの見せ場など、オペラの醍醐味を存分に味わうことができるだろう。

加えて、今回は、“新世代のカルメン歌い”と言われるジンジャー・コスタ=ジャクソンの主演という、とびきりの話題がある。メトロポリタン歌劇場やパリ・オペラ座で活躍する卓越した歌唱力をもつメゾソプラノ。情熱的な美貌の持ち主で、カルメンを当たり役とする、今もっとも注目されるオペラ歌手のひとり。自由に恋し、熱く生きるカルメンを歌う彼女の新国立デビューに期待が高まる。

ジンジャー・コスタ=ジャクソン

ジンジャー・コスタ=ジャクソン

ドン・ホセには、ロシアの名門ボリショイ劇場のスター、オレグ・ドルゴフ。ミカエラは、透明感のある歌声が心を惹きつける日本を代表するプリマドンナ、砂川涼子が演じる。

誰もが知っているフレーズが次々と聴こえてくる『カルメン』は、オペラが初めての人でも、何度も観てきた人でも楽しむことができる。全3幕の決して短くはない上演時間だが、最初から最後まで舞台に目が釘づけで、時間の長さを感じることがない。

秋も深まるこの時期にこそ楽しみたい、心を熱くしてくれるオペラだ。

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場「カルメン」2017年公演より 撮影:寺司正彦

新国立劇場 2018/2019シーズン

オペラ『カルメン』

作曲・ジョルジュ・ビゼー[全3幕/フランス語上演 日本語字幕付]

公演日 2018年11月23日(金・祝)〜12月4日(火)

会場  新国立劇場 オペラパレス/東京都渋谷区本町1-1-1

■新国立劇場オペラサイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/
https://www.facebook.com/nnttopera/

■問い合わせ 電話:03・5352・9999(ボックスオフィス)

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新国立劇場「魔笛」より 『魔笛』『トゥーランドット』『エウゲニ・オネーギン』|無料ストリ…
  2. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い…
  3. 【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/古典の名作『おせつ徳三…
  4. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
  5. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。 【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』…
PAGE TOP