新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

文/堀けいこ

一流の演奏家たちか立つステージとの距離感が近いのも魅力。(c)teamMiura

一流の演奏家たちが演奏するステージとの距離感が近いのも魅力。(c)teamMiura

いつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな、旅から生まれた数々の音楽(ものがたり)を、華やかな“音楽の祭典”で楽しみたい。

旅の目的は人それぞれ。絶景との出会い、史跡めぐり、美術館めぐり、食べ歩き、と楽しみは様々に広がる。そんな中、海外旅行の目的のひとつとして人気が高まっているのが、クラシックのコンサートや音楽祭を楽しむツアーだ。

ヨーロッパの場合、都市のコンサート・ホールを中心にした音楽シーズンは、たいてい9月に始まり、夏前の6月に終わる。つまり、夏の間はシーズン・オフ。劇場は閉まっていて、通常の公演が行われていないことが多い。そんなオフの時期をつかって、今度は避暑地などで多くの音楽際が開かれることになる。「音楽祭/ツアー」をキーワードに検索をすると、ヨーロッパ各地での音楽祭に行くツアーが6月から8月にかけて、ずらりと並ぶ。そのスケジュール一覧を見ているだけでも、クラシック音楽好きはわくわくするに違いない。

そんなわくわく感を、日本にいながらにして満たすことのできるイヴェントがある。それが、ゴールデンウィーク期間中に東京で開かれる「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」。足繁くコンサートに通う人はもちろんだが、むしろ、しばらくクラシックをライヴで聴いていないという人や、クラシックは敷居が高くてと尻込みする人こそ、ぜひとも足を運びたい音楽祭だ。

「ラ・フォル・ジュルネ」は、音楽プロデューサーのルネ・マルタンが、1995年にフランス西部の港町ナントでたちあげた。その後、2000年からはポルトガルのリスボン、02年からはスペインのビルバオ、そして05年からは東京と、国境を越えて世界各地で開催されてきている。08年には金沢とブラジルのリオデジャネイロでも開かれた。

「ラ・フォル・ジュルネ」の生みの親である、フランスの音楽プロデューサーのルネ・マルタン氏。(c)Marc Roger.jpg

「ラ・フォル・ジュルネ」の生みの親である、フランスの音楽プロデューサーのルネ・マルタン氏。(c)Marc Roger

ゴールデンウィークの時期に東京で開催されてきた「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」の来場者数は、2018年までで延べ823万人。その約6割をクラシック・コンサート初体験者が占めている。もともとのコンセプトが、「敷居が高いクラシック音楽をカジュアルに楽しもう」というもので、その狙いが的中しているわけだ。

クラシック音楽に家族そろって触れ合うことができる。子供や孫たちも楽しめる。(c)teamMiura

クラシック音楽に家族そろって触れ合うことができ、子どもや孫たちも楽しめる。(c)teamMiura

最大の特徴は、1公演45分のコンサートが、有楽町の東京国際フォーラムにある全6会場で同時進行的に繰り広げられること。しかも有料公演の入場料は1500円から3500円と低価格。演奏者には、ビッグネームから旬の若手までが並ぶ。そのから、好きな演者・演目を選びながら、朝から夜までクラシック音楽三昧。これは楽しい。

クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura

クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura

毎年、ルネ・マルタンによって魅力的なテーマが掲げられるのだが、今年のテーマは『ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)』。これに沿って選ばれた作曲家は、例えば、ヨーロッパ中を旅し、数多くの名作を遺したコスモポリタンな作曲家、モーツァルト。無類の旅好きで、とくに東洋に魅せられたというサン=サーンス。海軍に在籍し、自身も船乗りであったリムスキー=コルサコフ。この3人に代表されるように、いつの時代にも作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて異国の地を目指し、異文化から吸収したさまざまな刺激を自分たちの創作に取り入れた。多彩なプログラムの中には、そんな作曲家たちの旅の軌跡を紹介する公演もラインナップされているから、これは楽しみだ。

ところで、なぜ毎年ゴールデンウィーク中の開催なのか。そのわけをマルタン氏は、茂木健一郎氏との対談でこう語っている。

「ゴールデンウィークに開催時期を決めたのは、第一に、この音楽祭が大衆的なものだということ。そして、家族揃って行けることを大事にしたかったということです。東京で年中オペラやコンサートに行くようなお金持ちの方は、ゴールデンウィークにはウィーンとかへいらっしゃるでしょう?そうでない人たちにとって、ラ・フォル・ジュルネはすばらしいイベントなのではないでしょうか」(茂木健一郎・著『すべては音楽から生まれる』PHP研究所より)

今年のゴールデンウィークは、「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」でコンサートのはしごをして、いくつもの土地や国を旅した気分になろう。

【ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019】
■会期:2019年 5月3日[金]– 5月5日[日]
■会場:東京国際フォーラム
■公式サイト:https://www.lfj.jp/lfj_2019/

気持ちいい新緑の季節。野外でのライブ・コンサートは盛り上がる。(c)teamMiura

気持ちいい新緑の季節。野外でのライブ・コンサートは盛り上がる。(c)teamMiura

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」おすすめ公演情報

ラ・フォル・ジュルネ

●実力派歌手たちの迫力の演奏をたっぷり味わうディーヴァ・オペラ

ディーヴァ・オペラはイギリス屈指の室内オペラ・カンパニーで、2006年のLFJで来日した際の公演は即完売したほどの人気公演。ピアノ伴奏でモーツァルト《後宮からの誘拐》を丸々お届けする! そしてLFJならではのお得な価格。オペラは長くて難しい…と思っている人たちにこそ、扉を開きたいと思っているディーヴァ・オペラ。オペラ好きのあなたも、オペラは初めて、という人にもおすすめの公演だ。
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/127_modal.html
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/227_modal.html
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/326_modal.html

●公演番号:213 アブデル・ラーマン・エル=バシャ×タタルスタン国立交響楽団×アレクサンドル・スラドコフスキー(指揮)

生涯に27か国を旅した旅のエキスパート、サン=サーンス。彼が愛した北アフリカの情景を音楽を通して旅することができる。ピアノ協奏曲のソリストを務めるのは、人気のベテランピアニスト、アブデル・ラーマン・エル=バシャ。円熟の演奏を心ゆくまで堪能したい。
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/213_modal.html

●ルネ・マルタン一押しの若手音楽家が活躍!

・公演番号:214 アレクサンダー・ガジェヴ(ピアノ)×ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団×エンへ(指揮)

アレクサンダー・ガジェヴは、小説「蜜蜂と遠雷」に登場する芳ヶ江国際ピアノコンクールのモデルとなった浜松国際ピアノコンクールで優勝したピアニスト。この公演で演奏するプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番は、まさにガジェヴが優勝を決めたコンクール本選で弾いた曲。小説の中に出てくる演奏さながらの熱演をお楽しみに!
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/214_modal.html

・公演番号:141 ディアナ・ティシチェンコ(ヴァイオリン)×神奈川フィルハーモニー管弦楽団×三ツ橋敬子(指揮)

この公演では、【スペイン】をテーマに、明るく華やかなワルツ「スペイン」とエキゾチックな魅力の「スペイン交響曲」を聴くことができる。美貌と才能を兼ね備えたヴァイオリニストと、Newsweek Japan「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた女性指揮者の三ツ橋敬子の、パワフルな女性の魅力溢れる公演という点でも注目だ。
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/141_modal.html

●公演番号:314 ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団

ウラル・フィルハーモニー・ユース管弦楽団は、今回初来日の平均年齢22歳のフレッシュなオーケストラ。演奏するのは、自身も海軍士官だったリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」です。千夜一夜物語をテーマにしたドラマチックな音楽にたっぷり浸りたい。
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/314_modal.html

●音楽祭を豪華に締めくくるファイナルコンサート

本音楽祭を締めくくる、その年のテーマがぎゅっと凝縮した公演がファイナルコンサート。今年は、クレズマーやロマ音楽のシルバ・オクテットの演奏から始まり、今年の音楽祭を代表するソリスト達とオーケストラの豪華共演で異国情緒溢れる曲が次々と! 90分公演でS席3,000円というお得な公演でもある。このコンサートで心踊る”祭典”を締めくくりたい!
https://www.lfj.jp/lfj_2019/performance/timetable/detail/316_modal.html

公演のスケジュールや内容の詳細、チケット情報などは、
「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2019」公式サイトまで https://www.lfj.jp

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 81歳を迎える”左手のピアニスト”舘野泉のバースデー・コンサート…
PAGE TOP