新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

文/堀けいこ

学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あちこちで手が挙がるだろ。クラシック、フォーク、ロックとジャンルはさまざまだが、年齢を重ねてもギター愛好熱は冷めやらず、ギタリストのコンサートやライブの観客席は、そんなサライ世代でいっぱいになる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

今回紹介するのは、ブルーノート東京のステージに立つジョン・スコフィールド。“ジョンスコ”と親しみを込めて呼ぶファンも多い、ジャンルを超えて愛されているギタリストだ。

1970年代から現在まで、ジャズ界を牽引し続けているギタリスト、ジョン・スコフィールドは1951年、アメリカはオハイオ州デイトン生まれ。ギターを始めたのは11歳という。1970年にボストンのバークリー音楽院に入学。卒業後、ビリー・コブハム=ジョージ・デューク・バンドへの加入や、チャールズ・ミンガスやゲイリー・バートンといった大御所ミュージシャンらと共演を重ね、“ジャズ・ギターの新たなスター”として注目を集める。1982~85年はマイルス・デイヴィスのバンドに在籍している。

日野皓正、日野元彦の兄弟も参加した初のリーダー・アルバム『ジョン・スコフィールド』は、1978年に日本のトリオ・レコードからリリース。日本のアイバニーズ製のギターでアグレシッブな演奏をする“ジョンスコ”の当時の姿を記憶しているジャズ・ファンも多いだろう。

60代後半を迎えても、その活動はペースダウンの気配すらない

その後も、30枚以上のリーダー・アルバムのほか、数多くのアーティストとのコラボレーション作品を発表しているジョン・スコフィールド。その勢いは留まるところを知らない。とくに近年は絶好調で、2015年発表の『パスト・プレゼンツ』、2016年発表の『カントリー・フォー・オールド・メン』と、2作続けてグラミー賞を受賞している。

ジョン・スコフィールド

5月28日からは、3夜連続でブルーノート東京のステージに登場。昨年9月に発売された最新作の『コンボ66』を引っさげての来日。編成は、ジョンを長年支えてきたビル・スチュワート(ドラムス)に、ヴィセンテ・アーチャー(ベース)、ジェラルド・クレイトン(ピアノ/オルガン)という気鋭のふたりを加えたニュー・カルテットだ。

ふたりのレジェンドが繰り広げる奇跡のセッションに遭遇する

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

加えて、うれしいサプライズ。ジョン・スコフィールド自身の3夜連続のステージの直後に催される、5月31日の日野皓正の最新ユニットによるステージに、ジョン・スコフィールドがゲストとして登場する。ステージでの共演は42年振りとなる、2人のレジェンドのセッションが繰り広げられる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

現在も年間200以上のライヴ演奏を続けているというジョン・スコフィールド。ブルーノート東京は4年ぶりだが、前回ステージでは客席も口笛と声援の嵐だったという。変わらず熱いそのステージが、あらゆる世代のジャズファンの心を揺り動かすだろう。このライブは見逃せない!

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

【スケジュール】

ジョン・スコフィールド“コンボ66”

5月28日(火)、29日(水)、30日(木)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/john-scofield/

日野皓正 with special guest ジョン・スコフィールド

5月31日(金)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/terumasa-hino/
会場
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. マイルス・デイヴィス『クッキン』 「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴…
  2. チャーリー・パーカー『プレイズ・コール・ポーター』 ミュージカルだけではない、コール・ポーターとパリの関係【ジャズを…
  3. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ
  4. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・コール・ポーター・ソング・ブック』 「炎上商法」で名を上げた? コール・ポーターのヤバい名曲【ジャズ…
  5. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。 【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演
PAGE TOP