新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

文/堀けいこ

学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あちこちで手が挙がるだろ。クラシック、フォーク、ロックとジャンルはさまざまだが、年齢を重ねてもギター愛好熱は冷めやらず、ギタリストのコンサートやライブの観客席は、そんなサライ世代でいっぱいになる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

今回紹介するのは、ブルーノート東京のステージに立つジョン・スコフィールド。“ジョンスコ”と親しみを込めて呼ぶファンも多い、ジャンルを超えて愛されているギタリストだ。

1970年代から現在まで、ジャズ界を牽引し続けているギタリスト、ジョン・スコフィールドは1951年、アメリカはオハイオ州デイトン生まれ。ギターを始めたのは11歳という。1970年にボストンのバークリー音楽院に入学。卒業後、ビリー・コブハム=ジョージ・デューク・バンドへの加入や、チャールズ・ミンガスやゲイリー・バートンといった大御所ミュージシャンらと共演を重ね、“ジャズ・ギターの新たなスター”として注目を集める。1982~85年はマイルス・デイヴィスのバンドに在籍している。

日野皓正、日野元彦の兄弟も参加した初のリーダー・アルバム『ジョン・スコフィールド』は、1978年に日本のトリオ・レコードからリリース。日本のアイバニーズ製のギターでアグレシッブな演奏をする“ジョンスコ”の当時の姿を記憶しているジャズ・ファンも多いだろう。

60代後半を迎えても、その活動はペースダウンの気配すらない

その後も、30枚以上のリーダー・アルバムのほか、数多くのアーティストとのコラボレーション作品を発表しているジョン・スコフィールド。その勢いは留まるところを知らない。とくに近年は絶好調で、2015年発表の『パスト・プレゼンツ』、2016年発表の『カントリー・フォー・オールド・メン』と、2作続けてグラミー賞を受賞している。

ジョン・スコフィールド

5月28日からは、3夜連続でブルーノート東京のステージに登場。昨年9月に発売された最新作の『コンボ66』を引っさげての来日。編成は、ジョンを長年支えてきたビル・スチュワート(ドラムス)に、ヴィセンテ・アーチャー(ベース)、ジェラルド・クレイトン(ピアノ/オルガン)という気鋭のふたりを加えたニュー・カルテットだ。

ふたりのレジェンドが繰り広げる奇跡のセッションに遭遇する

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

加えて、うれしいサプライズ。ジョン・スコフィールド自身の3夜連続のステージの直後に催される、5月31日の日野皓正の最新ユニットによるステージに、ジョン・スコフィールドがゲストとして登場する。ステージでの共演は42年振りとなる、2人のレジェンドのセッションが繰り広げられる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

現在も年間200以上のライヴ演奏を続けているというジョン・スコフィールド。ブルーノート東京は4年ぶりだが、前回ステージでは客席も口笛と声援の嵐だったという。変わらず熱いそのステージが、あらゆる世代のジャズファンの心を揺り動かすだろう。このライブは見逃せない!

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

【スケジュール】

ジョン・スコフィールド“コンボ66”

5月28日(火)、29日(水)、30日(木)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/john-scofield/

日野皓正 with special guest ジョン・スコフィールド

5月31日(金)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/terumasa-hino/
会場
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. (2)エラ・フィッツジェラルド『エラ・シングス・ガーシュウィン』 帝王シナトラと女王エラが、ともに「最初の曲」に選んだ絶品バラード…
  2. 【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が…
  3. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】 ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジ…
  4. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実 「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リ…
  5. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナ…
PAGE TOP