新着記事

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

文/堀けいこ

学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あちこちで手が挙がるだろ。クラシック、フォーク、ロックとジャンルはさまざまだが、年齢を重ねてもギター愛好熱は冷めやらず、ギタリストのコンサートやライブの観客席は、そんなサライ世代でいっぱいになる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

今回紹介するのは、ブルーノート東京のステージに立つジョン・スコフィールド。“ジョンスコ”と親しみを込めて呼ぶファンも多い、ジャンルを超えて愛されているギタリストだ。

1970年代から現在まで、ジャズ界を牽引し続けているギタリスト、ジョン・スコフィールドは1951年、アメリカはオハイオ州デイトン生まれ。ギターを始めたのは11歳という。1970年にボストンのバークリー音楽院に入学。卒業後、ビリー・コブハム=ジョージ・デューク・バンドへの加入や、チャールズ・ミンガスやゲイリー・バートンといった大御所ミュージシャンらと共演を重ね、“ジャズ・ギターの新たなスター”として注目を集める。1982~85年はマイルス・デイヴィスのバンドに在籍している。

日野皓正、日野元彦の兄弟も参加した初のリーダー・アルバム『ジョン・スコフィールド』は、1978年に日本のトリオ・レコードからリリース。日本のアイバニーズ製のギターでアグレシッブな演奏をする“ジョンスコ”の当時の姿を記憶しているジャズ・ファンも多いだろう。

60代後半を迎えても、その活動はペースダウンの気配すらない

その後も、30枚以上のリーダー・アルバムのほか、数多くのアーティストとのコラボレーション作品を発表しているジョン・スコフィールド。その勢いは留まるところを知らない。とくに近年は絶好調で、2015年発表の『パスト・プレゼンツ』、2016年発表の『カントリー・フォー・オールド・メン』と、2作続けてグラミー賞を受賞している。

ジョン・スコフィールド

5月28日からは、3夜連続でブルーノート東京のステージに登場。昨年9月に発売された最新作の『コンボ66』を引っさげての来日。編成は、ジョンを長年支えてきたビル・スチュワート(ドラムス)に、ヴィセンテ・アーチャー(ベース)、ジェラルド・クレイトン(ピアノ/オルガン)という気鋭のふたりを加えたニュー・カルテットだ。

ふたりのレジェンドが繰り広げる奇跡のセッションに遭遇する

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

加えて、うれしいサプライズ。ジョン・スコフィールド自身の3夜連続のステージの直後に催される、5月31日の日野皓正の最新ユニットによるステージに、ジョン・スコフィールドがゲストとして登場する。ステージでの共演は42年振りとなる、2人のレジェンドのセッションが繰り広げられる。

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

現在も年間200以上のライヴ演奏を続けているというジョン・スコフィールド。ブルーノート東京は4年ぶりだが、前回ステージでは客席も口笛と声援の嵐だったという。変わらず熱いそのステージが、あらゆる世代のジャズファンの心を揺り動かすだろう。このライブは見逃せない!

ジョン・スコフィールド

撮影 : 佐藤 拓央

【スケジュール】

ジョン・スコフィールド“コンボ66”

5月28日(火)、29日(水)、30日(木)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/john-scofield/

日野皓正 with special guest ジョン・スコフィールド

5月31日(金)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/terumasa-hino/
会場
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP