新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

文/堀けいこ

オーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器、それに打楽器の3つのグループからなる演奏家の集まり。では、いったい何人いたらオーケストラと呼ぶのか。とくに決まりはないが、一般にイメージされる人数は数十人以上。クラシックの場合は100人を超えることも多く、そうした大編成の場合はフルオーケストラとも呼ばれる。多くの演奏家が一体となって演奏するオーケストラのサウンドは、なんとも贅沢。クラシックの世界では19世紀初頭のベートベンの時代に一応の完成をみたと言われているオーケストラだが、こうした編成は他の音楽分野にも波及し、発展した。その1つが、ジャズだ。

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月 撮影 : 山路 ゆか

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月撮影
撮影 : 山路 ゆか

ジャズはニューオーリンズで生まれたが、その初期のディキシーランド・ジャズの時代(19世紀終わり)から、トランペットやトロンボーンの金管楽器、クラリネットなどの木管楽器、バンジョーやギターなどの弦楽器、ピアノやドラムスなどの打楽器からなる、5人から8人程度のバンドで演奏され始めた。その規模が拡大し、オーケストラ、またはビッグ・バンドと呼ばれる大所帯のバンドが1920年~30年代にかけてのスウィング時代に全盛を迎える。しかし、第二次大戦中に生まれた少人数のコンボによるアドリブ主体のビ・バップが隆盛になると、伝統的なビッグバンドはしだいに数が少なくなっていった。

しかしながら、大人数の音の職人たちが生み出すオーケストラ・ジャズの厚みのあるサウンドに惹かれるジャズ・ファンは今も多く存在する。そうした期待に応えるべく、世界各国のミュージシャンが登場するブルーノート東京にも、オーケストラ編成のジャズ・バンドがしばしば登場する。

例えば、昨年6月はジャズ/ソウル界のレジェンド、メイシオ・パーカーのビッグ・バンドが、今年4月にはNYラテン界の巨匠エディ・パルミエリが最強のオルケスタを率いて登場。白熱のライブを繰り広げた。2013年に連日超満員になったカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロ率いるビッグ・バンドは、この9月5日から4夜連続で、6年ぶりにステージに立つ。

メイシオ・パーカー&ビッグバンド/2018年6月 撮影 : 佐藤 拓央

メイシオ・パーカー&ビッグバンド/2018年6月
撮影 : 佐藤 拓央

 

エディ・パルミエリ サルサ・オーケストラ/2019年4月撮影 撮影 : グレート・ザ・歌舞伎町

エディ・パルミエリ サルサ・オーケストラ/2019年4月撮影
撮影 : グレート・ザ・歌舞伎町

 

ミシェル・カミロ with ビッグバンド/2013年11月撮影 撮影 : 佐藤 拓央

ミシェル・カミロ with ビッグバンド/2013年11月撮影
撮影 : 佐藤 拓央

そして9月にはもうひとつ、待ちに待ったジャズ・オーケストラが登場する。タイトルは、「レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ directed by スコッティ・バーンハート featuring カーメン・ブラッドフォード」

1936年誕生のカウント・ベイシー・オーケストラは、創始者カウント・ベイシーの没後も精力的に活動。“名門”“老舗”“伝説”といった謳い文句がいくつ並んでも足りないほどの大きな存在で、ブルーノート東京でも、その人気の高さは格別だ。
レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ

今回の公演は、昨年8月の来日直後にリリースされた最新作『オール・アバウト・ザット・ベイシー』からの曲を中心に展開。「ワン・オクロック・ジャンプ」などの大定番曲に加え、エラ・フィッツジェラルドやルイ・アームストロングゆかりの名曲も、カーメン・ブラッドフォードのヴォーカルをフィーチャーして披露される予定になっている。

ステージに立つレジェンダリー・カウントベイシー・オーケストラは、トランペッターでもある指揮者のスコット・バーンハート率いる18人編成(予定)。オーケストラ・ジャズの厚みのあるサウンドは、生で聴くといちだんと魅力が増す。ひとりではもちろん、友人や家族とも一緒に楽しみたい。

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月 撮影 : 山路 ゆか

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月撮影
撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ directed by スコッティ・バーンハート featuring カーメン・ブラッドフォード
9月16日(月・祝)~19日(木)
詳細はウェブサイトまで。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/count-basie/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ
電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP