新着記事

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

第1位の『優鶴』の宣伝部長を務める看板犬「リンク」

「ペットと泊まれる宿」人気ランキングTOP5

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

文/堀けいこ

オーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器、それに打楽器の3つのグループからなる演奏家の集まり。では、いったい何人いたらオーケストラと呼ぶのか。とくに決まりはないが、一般にイメージされる人数は数十人以上。クラシックの場合は100人を超えることも多く、そうした大編成の場合はフルオーケストラとも呼ばれる。多くの演奏家が一体となって演奏するオーケストラのサウンドは、なんとも贅沢。クラシックの世界では19世紀初頭のベートベンの時代に一応の完成をみたと言われているオーケストラだが、こうした編成は他の音楽分野にも波及し、発展した。その1つが、ジャズだ。

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月 撮影 : 山路 ゆか

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月撮影
撮影 : 山路 ゆか

ジャズはニューオーリンズで生まれたが、その初期のディキシーランド・ジャズの時代(19世紀終わり)から、トランペットやトロンボーンの金管楽器、クラリネットなどの木管楽器、バンジョーやギターなどの弦楽器、ピアノやドラムスなどの打楽器からなる、5人から8人程度のバンドで演奏され始めた。その規模が拡大し、オーケストラ、またはビッグ・バンドと呼ばれる大所帯のバンドが1920年~30年代にかけてのスウィング時代に全盛を迎える。しかし、第二次大戦中に生まれた少人数のコンボによるアドリブ主体のビ・バップが隆盛になると、伝統的なビッグバンドはしだいに数が少なくなっていった。

しかしながら、大人数の音の職人たちが生み出すオーケストラ・ジャズの厚みのあるサウンドに惹かれるジャズ・ファンは今も多く存在する。そうした期待に応えるべく、世界各国のミュージシャンが登場するブルーノート東京にも、オーケストラ編成のジャズ・バンドがしばしば登場する。

例えば、昨年6月はジャズ/ソウル界のレジェンド、メイシオ・パーカーのビッグ・バンドが、今年4月にはNYラテン界の巨匠エディ・パルミエリが最強のオルケスタを率いて登場。白熱のライブを繰り広げた。2013年に連日超満員になったカリスマ・ピアニスト、ミシェル・カミロ率いるビッグ・バンドは、この9月5日から4夜連続で、6年ぶりにステージに立つ。

メイシオ・パーカー&ビッグバンド/2018年6月 撮影 : 佐藤 拓央

メイシオ・パーカー&ビッグバンド/2018年6月
撮影 : 佐藤 拓央

 

エディ・パルミエリ サルサ・オーケストラ/2019年4月撮影 撮影 : グレート・ザ・歌舞伎町

エディ・パルミエリ サルサ・オーケストラ/2019年4月撮影
撮影 : グレート・ザ・歌舞伎町

 

ミシェル・カミロ with ビッグバンド/2013年11月撮影 撮影 : 佐藤 拓央

ミシェル・カミロ with ビッグバンド/2013年11月撮影
撮影 : 佐藤 拓央

そして9月にはもうひとつ、待ちに待ったジャズ・オーケストラが登場する。タイトルは、「レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ directed by スコッティ・バーンハート featuring カーメン・ブラッドフォード」

1936年誕生のカウント・ベイシー・オーケストラは、創始者カウント・ベイシーの没後も精力的に活動。“名門”“老舗”“伝説”といった謳い文句がいくつ並んでも足りないほどの大きな存在で、ブルーノート東京でも、その人気の高さは格別だ。
レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ

今回の公演は、昨年8月の来日直後にリリースされた最新作『オール・アバウト・ザット・ベイシー』からの曲を中心に展開。「ワン・オクロック・ジャンプ」などの大定番曲に加え、エラ・フィッツジェラルドやルイ・アームストロングゆかりの名曲も、カーメン・ブラッドフォードのヴォーカルをフィーチャーして披露される予定になっている。

ステージに立つレジェンダリー・カウントベイシー・オーケストラは、トランペッターでもある指揮者のスコット・バーンハート率いる18人編成(予定)。オーケストラ・ジャズの厚みのあるサウンドは、生で聴くといちだんと魅力が増す。ひとりではもちろん、友人や家族とも一緒に楽しみたい。

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月 撮影 : 山路 ゆか

レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ/2018年8月撮影
撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ directed by スコッティ・バーンハート featuring カーメン・ブラッドフォード
9月16日(月・祝)~19日(木)
詳細はウェブサイトまで。
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/count-basie/

【会場】
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ
電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP