新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

文/堀けいこ

その曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャンが奏でる音楽があるはず。いろいろあった2018年を楽しい思い出として残すために、年の瀬を特別なミュージシャンのライブで締めくくるのはいかがだろう。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

日本におけるジャズのライブハウスの先駆けといえば、ニューヨークに本店をもつブルーノート東京。この11月にオープン30周年を迎え、今や老舗の風格さえ備えた存在となっている。そんな記念すべき年を締めくくるカウントダウン・ライブのステージに立つのが、スーパー・ベーシスト、マーカス・ミラー。帯同する新鋭メンバーとともに繰り広げるステージに期待が高まる。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

ジャズ・ファンなら、マーカス・ミラーといえば、マイルス・デイヴィスとの共演で名をはせることになったベーシストであることを知る人は多いだろう。そんなマーカスが生まれたのは1959年、ニューヨーク、ブルックリン。13歳でベースを始めた彼は、ジャコ・パストリアスやスタンリー・クラークらの影響を受け、ジャズに興味を持つ。早くもハイスクール時代にR&Bバンドでプロとして活動を開始。1980年代初頭には敏腕ベーシストとしての知られるようになり、81年から82年にかけてマイルス・デイヴィス・バンドに参加。復活後のマイルスの再評価に貢献した。

自己の音楽追求のためにマイルスのバンドを脱退してからは、ソロ・アルバムを発表するかたわら、ルーサー・ヴァンドロスやデイヴィッド・サンボーンらの作品をプロデュース。さらに、1986年に発表されたマイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』をプロデュースしたことで、プロデューサーとしての才能が広く認知されるようになった。2012年には、ユネスコの平和芸術家(芸術文化を通じて世界の平和の大切さを特に若い世代に伝えていくという趣旨をもつ)に任命されるという栄誉も得ている。

その経歴からもわかるように、ジャズというジャンルにこだわらず、幅広く活躍しているマーカス・ミラー。しかし、ステージに立つマーカスを観れば、得意のスラッピング・ベースに代表される熱いプレイを展開する天性のライブ・ミュージシャンでもあることがわかるだろう。その、太く逞しいベース演奏は、まさに唯一無二の存在と言っていい。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

マーカスの魅力はベースだけではない。今年の5月にブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラと共演したステージでは、スタンダート・ナンバーの「When I Fall in Love」でバス・クラリネットを披露。彼は、知る人ぞ知るマルチ・プレイヤーでもあるのだ。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

そんな多彩なステージへの期待を、ブルーノート東京の広報、原澤 美穂さんがアピール。

「10代から売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍。20代半ばにはマイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』では、トミー・リピューマとともにプロデュースを手がけ、世界にその名を轟かせた。そんな早熟な天才アーティスト、マーカス・ミラーも今や59歳ですが、ステージに立つ姿は還暦目前とは思えない若々しさ! 天賦の才能はもちろんのこと、40年以上のキャリアを経てもなお、音楽的な冒険やチャレンジを続ける姿勢が、彼をトップ・アーティストとして輝かせ続けているのだと思います」

折しも今年7月に発売されたニュー・アルバム『レイド・ブラック』が好調なセールスを記録中。今回のカウントダウン・ライブでは、そこからのナンバーを披露してくれるのか? あるいは、さらに進化したパフォーマンスをみせてくれるのか? 期待が膨らむ。常に、さらなる音楽的冒険に踏み出すマーカス・ミラーの黄金のグルーヴを至近距離で感じたい。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
2018年12月29日(土)、30(日)、※31日(月)、2019年1月2日(水)、3日(木)、4日(金)
※カウントダウン&ニューイヤー公演となります。

時間、料金、などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/marcus-miller/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. 古今亭志ん輔 【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り…
PAGE TOP