新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

文/堀けいこ

その曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャンが奏でる音楽があるはず。いろいろあった2018年を楽しい思い出として残すために、年の瀬を特別なミュージシャンのライブで締めくくるのはいかがだろう。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

日本におけるジャズのライブハウスの先駆けといえば、ニューヨークに本店をもつブルーノート東京。この11月にオープン30周年を迎え、今や老舗の風格さえ備えた存在となっている。そんな記念すべき年を締めくくるカウントダウン・ライブのステージに立つのが、スーパー・ベーシスト、マーカス・ミラー。帯同する新鋭メンバーとともに繰り広げるステージに期待が高まる。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

ジャズ・ファンなら、マーカス・ミラーといえば、マイルス・デイヴィスとの共演で名をはせることになったベーシストであることを知る人は多いだろう。そんなマーカスが生まれたのは1959年、ニューヨーク、ブルックリン。13歳でベースを始めた彼は、ジャコ・パストリアスやスタンリー・クラークらの影響を受け、ジャズに興味を持つ。早くもハイスクール時代にR&Bバンドでプロとして活動を開始。1980年代初頭には敏腕ベーシストとしての知られるようになり、81年から82年にかけてマイルス・デイヴィス・バンドに参加。復活後のマイルスの再評価に貢献した。

自己の音楽追求のためにマイルスのバンドを脱退してからは、ソロ・アルバムを発表するかたわら、ルーサー・ヴァンドロスやデイヴィッド・サンボーンらの作品をプロデュース。さらに、1986年に発表されたマイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』をプロデュースしたことで、プロデューサーとしての才能が広く認知されるようになった。2012年には、ユネスコの平和芸術家(芸術文化を通じて世界の平和の大切さを特に若い世代に伝えていくという趣旨をもつ)に任命されるという栄誉も得ている。

その経歴からもわかるように、ジャズというジャンルにこだわらず、幅広く活躍しているマーカス・ミラー。しかし、ステージに立つマーカスを観れば、得意のスラッピング・ベースに代表される熱いプレイを展開する天性のライブ・ミュージシャンでもあることがわかるだろう。その、太く逞しいベース演奏は、まさに唯一無二の存在と言っていい。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

マーカスの魅力はベースだけではない。今年の5月にブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラと共演したステージでは、スタンダート・ナンバーの「When I Fall in Love」でバス・クラリネットを披露。彼は、知る人ぞ知るマルチ・プレイヤーでもあるのだ。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

そんな多彩なステージへの期待を、ブルーノート東京の広報、原澤 美穂さんがアピール。

「10代から売れっ子スタジオ・ミュージシャンとして活躍。20代半ばにはマイルス・デイヴィスのアルバム『TUTU』では、トミー・リピューマとともにプロデュースを手がけ、世界にその名を轟かせた。そんな早熟な天才アーティスト、マーカス・ミラーも今や59歳ですが、ステージに立つ姿は還暦目前とは思えない若々しさ! 天賦の才能はもちろんのこと、40年以上のキャリアを経てもなお、音楽的な冒険やチャレンジを続ける姿勢が、彼をトップ・アーティストとして輝かせ続けているのだと思います」

折しも今年7月に発売されたニュー・アルバム『レイド・ブラック』が好調なセールスを記録中。今回のカウントダウン・ライブでは、そこからのナンバーを披露してくれるのか? あるいは、さらに進化したパフォーマンスをみせてくれるのか? 期待が膨らむ。常に、さらなる音楽的冒険に踏み出すマーカス・ミラーの黄金のグルーヴを至近距離で感じたい。

マーカス・ミラー

撮影 : 山路 ゆか

【スケジュール】
2018年12月29日(土)、30(日)、※31日(月)、2019年1月2日(水)、3日(木)、4日(金)
※カウントダウン&ニューイヤー公演となります。

時間、料金、などの詳細は
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/marcus-miller/

【会場】
ブルーノート東京 東京都港区南青山6-3-16
ご予約/お問合せ 電話:03-5485-0088

文/堀けいこ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP